中国多国籍企業のローカルビジネス進出の実情

IESEはバルセロナキャンパスにおいてインターナショナルフレンドシップアワードを開催し、5人の中国人ビジネスリーダーを表彰しました。この表彰は中国また海外において、投資・雇用創生を通じてグローバルビジネスに多大な貢献をした業績を表彰するものです。

IESEフレンドシップアワードは、中国の経済・社会発展に大きく寄与した外国のエキスパートを毎年表彰する中国フレンドシップアワードを反映したもので、自身も中国フレンドシップアワードを受賞しているPedro Nueno IESE名誉教授を司会にして開催されました。

IESE学部長のウェルカムスピーチから式は始まりました。スピーチのなかでも将来の経済・社会繁栄は協力・相互架け橋の構築・友好関係の網の目の構築が要であると述べられ、友好関係を築いていくことの重要性が話されました。

式の中では、中国が向こう10年で高い成長を見せる可能性については自明であるが、安定した国際的な拡大がうまくいくかはローカル経済との相乗作用を見出し、強固な関係性を築くことにかかっているという議論がなされました。

IESEインターナショナルフレンドシップアワード受賞者の一人がまた、中国にはまだまだ克服しなければならない問題は山積みであるが、この30年でより良い変革がなされてきたことは見て取れる、今後中国の新たな経済は大志とよく教育された若い人たち世代によって導かれて行くだろうと延べたように中国の将来に対して非常に前向きな意見が見られました。

詳しくはこちらをご覧下さい。

 

 

 

Post a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + 3 =