今後十年で100万人のアフリカ人マネージャーが必要!?

IESEはバルセロナでグローバルビジネススクールネットワークとマネージメントデイベロッピングネットワークの会合を開催しました。その中でアフリカはダイナミックな成長を行っていく為に今後十年で100万人の訓練をを受けたビジネスマネージャーが必要となり、アフリカの成長を後押しするためには人材とビジネススキルの間の溝を埋める教育的な解決法が求められるであろうということが主要な結論として導き出されました。

この会合ではアフリカにおけるビジネスの挑戦と解決法について議論する為に世界中から学部長や学部教授陣が招待されました。参加者はまだ核となるビジネススキルが不足している新たな卒業したての新入社員に広範囲の企業トレーニングを行うという強い必要性に焦点を当てつつ、アフリカの学生、ビジネスマンが直面している現実について議論しました。

IESEの教授であるAfrico Arinoはアフリカは現在ビジネス教育に関して大きな問題に直面しており、今後十年の成長に対応するために100万人の人々がビジネスマネージャーになるための訓練を受ける必要性があると述べています。また同時にアフリカの多くの企業は階層的に組織されているため西欧より教育が困難であるとも述べています。そして議論はどのようにして質のあるすばらしいビジネス教育をまた民間部門との連権による恩恵を伝播させていくかに焦点が当てられていきました。

また最後にグローバルレベルに成長するための越境的な技術だけでなく、ローカルの雇用をつくり繁栄させていけるように手助けをしていくことも重要であると述べられています。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

Post a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + 5 =