冨山和彦氏(経営共創基盤代表取締役CEO)をお迎えした IESE Alumni & Friends Event in Tokyo

Tokyo Alumni event with Mr. Toyama去る3月14日、IESE Alumni & Friends Eventが東京で開催されました。

今回は、株式会社経営共創基盤代表取締役CEOの冨山和彦氏をお迎えし、日本企業の低迷の背景と復活の機会について、講演を行っていただきました。

グローバル化とデジタル革命によって大きく変わった日本の労働環境ですが、過去の栄光や終身雇用制度に足を引っ張られ、日本企業の多くは未だに低迷を続けています。その中で、デジタル化の波は日本企業にとって復活するチャンスでもあると、冨山氏は語りました。それは高齢化によって働き手が不足する日本であるからこそ、AIやロボットを使用することに対して社会的抵抗が少なく、ロボットの実用化に適しているからだと説明されました。

講演の後は、IESEのジョルディ・カルナス学長とともにディスカッションを行い、日本がいま必要なのは、マネジメントの更改という長期的投資だと議論されました。

ご興味のある方はこちらをご覧ください。

Post a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + 4 =