バルセロナ生活

*本サイトの性質に鑑み、施設の固有名詞を記載していない箇所があります。必要に応じて日本人在校生が運営する非公式ホームページもご覧ください。また、合格者には合格後一層細かい情報が提供されます。

 


キャンパス

 

バルセロナは一言で言うなら、「地上の楽園」!

一度住んでしまうと他の外国に住んでもなかなか同じレベルの満足を味わえないくらいの生活の質を伴う環境がそこにはあります。

キャンパス自体、そしてそこから眺望可能な街全体と地中海の美しさは言葉にならないものがあります。

最新型の教室、マルチメティアテクノロジー付の図書館、597人を収容可能な大講堂、美しい庭の横に位置する食堂等を抱えるキャンパスは建築美にも定評があります。

 

 

南キャンパスと北キャンパスの2つがあり、MBAの授業は主に、南キャンパスで行われます。北キャンパスは、Executive Education(企業研修・エグゼクティブ教育)用に使われることが多いです。最寄りのFGC(カタルーニャ鉄道)もしくは地下鉄の駅は、Reina Elisendaです。

  • 南キャンパス Av. Pearson, 21, 08034 Barcelona (Spain)
  • 北キャンパス C/Arnús i Garí, 3-7, 08034 Barcelona (Spain)

 

 

バルセロナの街の中心まで、バス等で約20分です。

空港に直接行こうとすると、タクシーで約20-25分です。

 


気候

 

地中海性気候に属するバルセロナは、スペインの中でも内陸部と異なり、一年を通して比較的温暖で、また雨も少なく過ごしやすい気候です。

年間日照日数300日です。

年間平均気温は約15度、平均最高気温は約20度、平均最低気温は約11度と、一年を通して比較的温暖な気候です。

6月-9月は平均気温が20度を超え、12月-2月は平均気温が10度前後となります。

年間降水量は約640mm(東京は約1,520mm)と一年を通して雨が少ないです。

 


治安

 

総じて安全です。

特に、学校のあるPedralbes(ペドラルベス)、日本人が多く居住するSarrià(サリア)、Sant Gervasi(サン・ジェルバシ)等の治安は良好です。

バルセロナを含むカタルーニャ州の独立に関わる運動は、公共交通機関の運行状況を除いては日常生活に大きな支障をもたらすものではありませんでしたし、最近は沈静化しています。

但し、スリと置き引きには十分な注意が必要です。

それも含め、多額の現金・貴重品を持ち歩かない、人通りの少ない時間帯や場所における外出を避けるなど基本的な防犯対策を徹底する意識付けは重要ですが、日常生活において過度な警戒は不要です。

 


公共交通機関

 

バス、タクシー、電車等の公共交通機関が充実しています。

概ね定時運行ですし、電光掲示板やアプリで最新の運行状況を確認することができます。

Uberは事実上存在しませんが、タクシー利用は簡単で安価(€2.1-)で信頼が置けるもので、ぼったくりの心配もないです。

Free Now(旧名:My Taxi)と呼ばれる配車アプリがUberと類似の機能を果たします。

 


運転

 

自動車の路上駐車は、バルセロナでは駐車できる場所の不足という意味でやや困難なことがありますが、IESEでは、学生も北キャンパスで約€6/日で駐車場を使用可能です。

キャンパスが丘の上に位置すること、駐車が楽なこと、迅速な移動と渋滞回避が可能であることから、バイク(moto)がIESE学生には人気です。

IESEの卒業生が起業し、スクーターの短期・長期レンタルに加え、新しい電動スクーター等も提供するCooltra(IESE生向け10%割引)やUUALK(IESE生向け25%割引)等の会社があります。

 


空港

 

エル・プラット空港のターミナル1かターミナル2を利用します。

街中までのアクセスは以下の通りです。

  • 空港バス(A1)
    • 5-10分間隔で運行し、スペイン広場やカタルーニャ広場まで、所要20-40分、€4.6
  • 電車(LINE 9)
    • Zona Universitariaまで€4.60
  • タクシー
    • 街の中心まで所要30-45分、€25-35

 


住居

 

通常、IESEから合格後に提供される情報や、日本語・英語対応可な推奨不動産会社の例等の新2年生から提供される情報に頼りながら、住居を自ら探すことになります。

Sarriàには、日本人の多くが居住する閑静な住宅街です。フラットの価格帯は平均から高めです。IESEまで、徒歩約20分です。スーパー、惣菜屋、薬屋、パン屋など、生活に必要なお店が充実しているほか、日本・韓国・中国の食材店で様々な食材を入手可能です。

Sant Gervasiのフラットの価格帯は平均から高めです。IESEまでは、バスを利用するか、Plaça MolinaやMuntanerからFGCを利用します。IESEまでバスで約25分です。気持ちの良い徒歩40分も別の選択肢です。

Pedralbesは、IESEが位置する地区です。高級住宅地にあたり、IESEの学生はあまり住んでいません。街の中心までバス等で約20分です。

 

 

Gracia(グラシア)には、無数のレストランやバルが点在します。フラットの価格帯は平均ですが、騒音と光の不足が非難の的になることもありますが、バルセロナで最もカラフルな地区の1つです。IESEまでは、バスやFGCで約25-35分です。

Eixample(アシャンプレ)は、街の中心で碁盤の目状になっています。多くのバスとメトロがディアゴナル通りとグラシア通り界隈を通っています。フラットの価格帯は平均的ですが、部屋が広めです。IESEまでは、約30-50分です。

Les Corts(レス・コルツ)のフラットの価格帯は安価です。IESEまでは、 バスで約20分です。徒歩であれば30-40分です。

 

 

学生寮の場合は、IESEから徒歩30秒のColegio Mayor Universitario Pedralbesが、特に多忙な1年目には候補となりやすいですが、男性のみ利用できます。女性にも利用可能な寮として、IESEまで約徒歩10分程度の寮を初め、複数の候補が存在します。

8月には、不動産会社が休業していたり、8月末にはBusiness Spanish Programが開始となることから、フラットを探し始めるためのバルセロナ入りあるいは少なくとも不動産会社とのメールのやり取り開始時期は7月中などが推奨されます。

 


買い物

 

特にSarriàを初めとして、各居住地区に、Caprabo(カプラボ)やCarrefour(カルフール)やなどのスーパーマーケットが複数ある他、惣菜店、薬局、家電店などが充実しています。日曜日には多くの店が空いていない点に注意が必要です。

IKEA(イケア)がSarriàから、バスで約25-30分のところにあります。バルセロナの多くの住居は家具付きですが、不足を感じた場合など、生活の初期段階で必要な家具を揃えるのに役立ちます。

El Corte Ingles(エル・コルテ・イングレス)では、日常使いするスーパーとは位置づけが異なりますが、必要なものを何でも揃えたデパートです。Sarriàの他、カタルーニャ広場付近にも店舗が複数あります。

それに対し、L’illa(リージャ)は、ショッピングモールで、衣服店、スポーツ用品店、スーパーマーケットを含むほか、カフェ、レストランが一層充実しています。

 


医療

 

学費にAXAの保険が含まれていますので、追加のコスト無しに病院を利用することができます。

通常、入学前のIntensive Business Spanish Program開始から卒業まで有効です。

診療、入院、出産、小児科、婦人科まで幅広くカバーされます。

日本人在校生ならびにそのパートナーの、バルセロナにおける出産の例も多数あります。

24時間対応の救急外来がありますし、研修を経て多くの医師が英語を話せるので、安心です。

特に、Sarriàには日本人に慣れた医師もいます。

また、パートナー・ご家族も任意(有償)でこの保険に加入することができます。性別と年齢によって、月額€85.21-€162.64(2019年実績)となります。

一方で、AXAの保険ではなく日本の海外旅行保険に入っているパートナー・ご家族もおり、この場合、医療通訳も保険が適応される場合もあります。

 


パートナー

 

パートナーの生活スタイルは、嗜好や子どもの有無によりまちまちです。

パートナーは、IESEにおいて、MBAの授業以外の全ての活動、具体的には、ファミリー&パートナーズクラブを初めとしたクラブ活動、Business Spanish Program(1時間€9)、パートナー向けアカデミックプログラム等への参加が可能です。

バルセロナ市内にも、スペイン語学校、フラメンコ教室、モザイクタイル教室などがあり、それらに通われる方もいますし、USCPA(米国公認会計士)や起業を志したり、MBA同時留学を夫婦で実現する例もあります。

 


子育て

 

街全体が、子連れ家族を寛大に受け入れており、街中で色んな人が気軽に声をかけてくれます。

幅広で段差の少ない道路構造であることに加え、エレベーターや公共交通機関でごく当たり前にベビーカーが使えます。

公園が約3ブロックごとに分布していて、それぞれの芝生・遊具・砂地・ゴム床が充実しており、子育て向きでしょう。

3歳からの義務教育で平日9時~17時で学校に行くのが一般的です。

乳幼児教室や託児所を含め、インターナショナルスクール(日本人学校、アメリカンスクール、ブリティッシュスクール)、現地公立校、現地私立校などの選択肢があります。

インターナショナルスクールは日本人学校以外はIESEの近くにあります。

外務省が公開している学校一覧表をご覧ください。

また、ベビーシッターの利用も盛んです。

 

 

ティビダボは欧州でも最古の遊園地の1つで、そこで過ごす週末は子どもにとっては素晴らしいものになるでしょうし、バルセロナでも最も高い場所に位置していることから、素晴らしい眺望に出会うことができます。

 


食事

 

美味しいバルがひしめき合うバルセロナでは、どのバルに入っていいのかわからなくなるのが問題と言えるくらいです。

典型的な料理はタパスで、小皿を多く頼みシェアするのが通例です。

パエリアは大勢で囲んで食べるのに一層適しています。

フィンガーフードのピンチョスも捨てがたいところです。

ワインとビールが破格の安さで手に入るので、金欠を恐れる必要はありません。

スペインの文化では夕食開始時刻は21:00頃で、レストランも19:30開店が多いです。

バルセロナで味わえる食事の種類は、スペイン料理に限らず、日本料理、タイ料理、エチオピア料理まで多岐に渡ります。

IESEでは各国のクラブが毎週のようにディナーを開催しており、社交と各国料理を堪能する機会に恵まれます。

また、フェラン・アドリアはスペインで最も名高いシェフの一人ですが、彼のレストランであるTicketsやDon Palillosがバルセロナにはあります。予約は必須です。

参考記事:イノベーションを生み出すには?PART2 -フェラン=アドリア氏 独占インタビュー!

 


世界遺産

 

「アントニ・ガウディの作品群」が、1984年にユネスコの世界遺産に登録されています(2005年に範囲拡大)。

これには、着工から140年近くたった今も建設が進むサグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園、グエル邸が含まれます。

 

 

これと併せて、アントニ・ガウディと同時期に活躍したルイス・ドメネク・イ・モンタネルが遺した「カタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院」も、1997年に世界遺産に登録されています。

 


フットボール(サッカー)

 

リオネル・メッシ選手等が所属するFCバルセロナの本拠地カンプ・ノウはIESEから徒歩で20分超で、約100,000人を収容します。

入場券購入には、公式サイトが一番です。

欧州その他主要リーグより、チケット購入の敷居ははるかに低いです。

試合の1-3日前の購入で十分ですし、むしろ価格が下がってくる頃合なので、その頃の購入がお勧めです。

最安のチケットは€50-70程度ですが、価格は、試合の重要性によって変動します。

レアル・マドリードとの伝統の一戦である「エル・クラシコ」のチケット購入には、ウェブサイト上での長蛇の列での待ち時間を覚悟する必要がありますが、これはチャンピオンズ・リーグ等を含めてみても極めて例外的です。

 


美術館・博物館

 

世界遺産登録物件以外にも、カタルーニャ美術館、ピカソ美術館、ミロ美術館、海洋博物館、自然史博物館など、多岐にわたる選択肢があります。

各月の第一日曜日は無料で入場できる施設が多いです。

 


バルセロナ郊外

 

バルセロナ郊外に約50キロにわたって連なる山脈に位置するモンセラートは日帰りの旅の目的として理想的です。

ハイキングも楽しめますし、11世紀に建造された修道院であるサンタ・マリア・モンセラート大聖堂を探索することもできます。

そこからの長めは圧巻で、他で見ることのできない岩山をいくつか見ることができます。

 

 

タラゴナも有力な候補でしょう。

ローマ時代には、イベリア半島の中心地として繁栄した歴史を持ち、その頃の歴史を感じることができる円形競技場や大聖堂などが残っており「タラゴナの考古遺跡群」としてユネスコの世界遺産に登録されています。

 

 

4月には既に温暖な気候ですので、週末のビーチは人で溢れかえります。

もし人がいささか少ない環境を望むのであれば、地元民は海岸沿いの小さな街を推奨するでしょう。

レンタカーでコスタ・ブラバに出かけるのは特に王道です。

2時間以内のドライブで、砂と岩にあふれた小さなビーチに繰り出すことができますし、地元民にとっては夏の週末の過ごし方の典型でもあります。

 


生活費

 

月あたりの生活費目安は、物件シェアの場合、€1,500、物件をシェアしない場合、€1,820、家族同伴の場合、€2,520です。

欧州の他の大都市がある国と比較して、生活費を抑えられ、バルセロナのコストパフォーマンスは、他の欧州域内の大都市と比較して目を見張るものがあります。

 


ビザとNIE

 

合格後、Type Dのビザを居住国で申請し、入国後30日以内にNIE(外国人身分証明番号)取得の手続きを開始します。

NIEは、スペインに3ヶ月以上滞在する外国人に対して発行され、取得は必須です。

警察署にてNIE取得を行うためのアポイントをインターネット上で取得し、Empadronamiento(住民登録)、必要書類の取得を進めます。

その後、警察署で必要書類を提出し、指紋登録を行います。

約30日待つと、NIEが記載されたTIE(外国人身分証明カード)が発行されます。

 


SKIESE

 

例年2-3月頃に、スペイン国内のラ・モリーナもしくはスペインとフランスに挟まれた小国アンドラに、スキーとパーティーを楽しむ2泊3日の小旅行がSKIESEです。

暑いというイメージが蔓延りがちであろうスペインですが、ウィンタースポーツも充実しています。

 


マルチカルチ

 

例年3月頃に行われるIESEの国際性を象徴する国際文化祭がマルチカルチです。

学生が国別/地域別にブースを出して自国の料理を振る舞ったり、ステージ上で国別のパフォーマンスを披露したりします。

日本食と日本のダンスパフォーマンスは、常に人気の的です。

 


Spring Games

 

例年4月頃に開催する、IESEが主催し欧州各国のビジネススクールの学生が参加する、欧州MBAで最大級の大運動会がSpring Gamesです。

サッカー、ビーチバレー、ラグビー、セーリングの他、競技項目は多岐にわたります。

 


ジャパントレック

 

日本人を中心とした学生有志が、110-120名以上の外国人の大群を引き連れて卒業間際の4月末に、日本を縦横無尽に約1週間旅行する、IESEにおけるMBA生活の集大成とも言えるイベントが、ジャパントレックです。

あらゆるトレックの中で最たる人気を誇ります。

 


BOW

 

毎週木曜日の深夜にバルセロナ市内のバルやクラブで開催されるのが、BOW (Bar of the Week)です。

日頃付き合いの薄い学生と知り合ったり、リフレッシュする貴重な機会です。

深夜開始なので、短時間のみ留まり帰路に着く学生から、別の場所に踊りに行く人まで様々で、時折教授を見かけることもあります。