第3回 MBA Diversity and Inclusion Conference

原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

従業員は、多様性を尊重する職場を求めるようになってきており、包括的なチームはより革新的で効果的であるという研究結果も増えてきています。人生の多くの時間を過ごす職場は、誰もが大切にされていると感じられる場所であるべきだという考え方に異論はないでしょう。

しかし、真に包括的な職場を作ることは多くの企業にとって困難であることが証明されています。どのようなポリシーが違いを生み出すのでしょうか。どのように文化を変えればいいのでしょうか。どのようなリーダーシップが必要なのでしょうか。

IESE MBAの学生が主催した第3回Diversity and Inclusion Conferenceでは、職場で多様性の力を活用する方法について考察しました。このイベントはバルセロナキャンパスとオンラインで開催されました。

この分野の先駆者であり、European Institute for Managing Diversityの創設者であるMyrtha Casanova氏にとって、包摂は私たちの複雑さを認識することから始まります。性別、年齢、民族性などアイデンティティの一部は目に見えますが、能力、家族構成、文化、言語など他の部分は目に見えません。「見た目だけでは、その人に何ができるかはわからないのです」とCasanova氏は言います。包摂の過程は、その人の現実を知り、その人が何ができるかを知ることなのです。

 


多様性と包摂の違い

IESEのMBAプログラムのディレクターであるMarc Badiaは、「ここでの真の課題は、多様性と包括性の目標を適用すること」だと指摘しました。また、IESEに最近設立されたDignity, Diversity and BelongingオフィスのディレクターであるMaria Puigは、「意識的かつ戦略的に」多様性を管理することだと述べています。

多様性のあるチームが包括的なチームになるのはそのような用途においてなのです。なぜなら、多様なグループ(様々な経歴やプロフィールがあるグループ)は対立を生む傾向があるからです。包括的なグループとは、人々が互いを知り、違いを認め、共通の目的を持つグループです。

「そのようなグループこそ、企業で革新的な存在となるのです。そのようなグループこそが、企業を未来へと導くのです」と、Casanova氏は言います。

Diageo社の南欧地区マーケティングディレクターであるUrsula Mejia-Melgar氏は、多様性のある職場づくりは個人から始まると考えています。Mejia-Melgar氏は、「まず何よりも、自分自身であること、そして自分自身をフルに発揮して仕事に取り組むことが大切です。私たち一人ひとりが果たすことのできる個人的な役割があるのです」と述べています。

それから、企業がとるべき対策はたくさんあります。「声明文だけではだめです。声明だけではだめで、価値観の中に組み込む必要があるのです」とMejia-Melgar氏は言います。つまり、役員に占める女性の割合や、出産・育児休暇などの具体的な目標を設定することです。また、マーケティング資料で多様な表現を探すなど、多彩な行動が考えられます。

PfizerのDiversity, Equity & Inclusion Regional Operations Lead (Europe) であるAntonio Bebba氏は、企業の価値を定義し、全従業員がその価値を理解できるようにすることは、複雑なプロセスであると同意しています。ファイザーは、事業目標だけでなく、その目標に取り組む中で、社員がどれだけ価値観を実践しているかも測定するようになりました。

その成果は、特定のグループだけでなく、全体的なものであり、「多様性と包摂は、すべての人に影響を与えるのです」と彼は指摘します。

 


心理的な安全性と愛

Instituto Inside Outの創設者兼ディレクターであるLena Lodzinskaは、包摂が実践されている職場の基本は、人々が発言し、アイデアや意見を表明し、それを聞いてもらえるような環境を作ることであると述べています。「イノベーションのベースとなるのは、実は心理的安全性なのです」と語っています。職場の心理的安全性を高めるにはどうしたらいいのか。彼女は5つの方法を挙げました。

  • 信頼を育み、透明で包括的なコミュニケーションをとること
  • リーダーが率直さを受け入れ、建設的で正しいフィードバックに寛容であること
  • 自己認識の育成
  • 非難しない文化の推進
  • 同僚や従業員を大切にする

最後に、ベストセラー作家でHarvard Business School教授のArthur Brooks氏が、「他人への対応、友人や家族へのアプローチ、仕事に対する姿勢など、人生の中心に愛を置くように」と会議の参加者に促しました。

愛と真の関係を受け入れることによってのみ、私たちは自分の時間を有意義に使うことができるのです。愛は人生に意味を与え、孤独や鬱を癒す解毒剤となるのです。

「もし、あなたが愛のビジネスをしていないのなら、それは間違っている。愛がなければ、何の意味もない」とBrooks氏は言います。