IESE’s Head of MBA Admissions Pascal Michelsへのインタビュー(CLEAR ADMIT)

 

Clear Admitが、IESEのアドミッション・コミッティーのヘッドにあたるPascal Michelsに、インタビューを実施しました。原文(英語)はこちらをご覧ください。

 

CA (Clear Admit):アプリカントに一層知ってもらいたいプログラムの側面を1つ教えてください。

PM (Pascal Michels):現在の政治情勢を考えると、欧州の域内労働市場が存在し今のところ英国がまだその一部であることを忘れることは許され得るでしょう。 欧州域外からのアプリカントの一部は、IESEで勉強することは、労働市場としてスペインのみに着目することを意味すると考えていますが、これは不条理です。IESEは世界中の採用会社の興味を惹きます、一方で南北アメリカまたはアジアでの機会を確保することはより困難な場合もあります(地理的距離、ビザ要件などのため)が、一部の例外を除き、欧州連合を 単一労働市場としてみなしています。 もちろん、特定の企業では言語に関する要件が関係する場合がありますが、アプリカントは、IESEを欧州でのキャリアの足がかりと見なすべきです。 大陸においては、採用企業のポートフォリオを私たちと同等レベルで有する学校はほんの一握りです。

 

CA:運用上の観点から、アプリケーションのサイクルを説明してください。アプリカントが「提出」をクリックしてからアドミッション・コミッティーが最終決定を出すまでの間に何が起こるか(例:いくつのアプリケーションを「読む」ことになるのか、それにはどれくらいかかるのか、誰が読むのか、コミッティーはそれを議論するために会議召集するのか)教えてください。

PM:我々のプロセスは、比較的標準的なものだと思います。出願後、「Pre-Committee」に入る前に書類が読まれ、面接の有無が決定されます。書類選考を通過すると、面接へ、そして多くの場合、Assessment Dayに招待されます。また、必要に応じて2回目(場合によっては3回目も!)のインタビューを実施されることもあります。インタビューとAssessment Dayの評価プロセスはかなり徹底的ですが、侵襲的なものではありません。アプリカントを知るために、私たちは真剣に取り組んでいます。インタビューとAssessment Dayの評価が収集されると、Admissions Committeeに進み、各アプリカントについて詳細に議論されます。これらの委員会は通常、地域(アメリカ、EMEA、アジア)ごとに招集され、特にキャリアリスクを検討するためにキャリアサービスの担当者も参加します。

プロセスは長いです。しかし、現実には、アプリカントが応募する前であっても、その方をよく知っていることが非常に多くあります。入学プロセスのどの部分も、入学審査チームの外部には委託されません。つまり、このチームのアソシエイトディレクター(11人)は一般に、コーヒーチャット、フェア、ケースプレゼンテーション、Open Dayなど、出願以前のやり取りからアプリカントを知っています。もちろん、正式なインタビューは、アプリカントとまだやり取りしていないアソシエイトディレクターによって必ず行われますが、アドミッション・コミッティーでは、ソフトファクター、態度、および最終的には学校とのフィットなどが多くの場合深く議論されます。