IESE同窓会の強化

 

MBA Class of 2019のAnkit Sawhneyがインドにおける同窓会の強化について寄稿しました。原文(英語)はこちらをご覧ください。なお、日本における同窓会の活動の一部については、こちらからご覧頂けます。

 

IESE MBAから大きなテイクアウェイの1つは、未来はアジアにあるということでした。世界経済の成長の殆どは、アジア諸国によって牽引されます。インドはその成長の物語における最大の貢献者の1つになるでしょう。

ファイナンシャルタイムズの最近の記事によると、国際的なMBAの後にインドに戻ることは、ますます人気のある選択肢になりつつあります。昨今のIESEインドの卒業生が帰国することに決めた場合は、卒業生コミュニティに参加することをお勧めします。まず、地元の卒業生に連絡を取り、知名度を上げ、将来のキャリアのために最も関心のあるビジネスや業界の未来を形作っているイニシアチブに追いつくことが重要です。

私はインドのIESE同窓会の最新理事会メンバーの1人です。 IESEでは、人生の中で最も賢くて親切な人々に出会えたので、その一員であることに興奮しています。私のビジョンは、そのような志のある人々のコミュニティを形成する手助けをすることです。私たちは数年にわたってIESEを卒業し、インドの様々な業界でインパクトのある仕事をしています。このコミュニティが集まるためのプラットフォームを提供するために、時間とエネルギーを提供したいと思います。

特に、このコミュニティが以下の方法で価値を加えていると私は思っています。

1.プロフェッショナルとしての成長

ビジネスの機会、次のキャリアへの動き、または職業生活におけるその他のあらゆる種類のサポートを発見するのに役立つ友人/アドバイザー/メンターのグループにアクセスできるようにすること。これあらの人々は、IESEにいる間に同じ経験をし、IESEの価値観に沿った同様の考え方を持っています。

2.個人の成長

コミュニティがプロフェッショナルレベルだけでなく個人レベルでも相互作用することを望んでいます。これは、定期的なソーシャルインタラクションや、交流会、現在の問題についての議論、バルセロナでの楽しい時間を思い出す機会があるミートアップを意味するでしょう。また、同窓生がパートナーや家族をコミュニティに参加させるよう促していく予定です。

残念ながら、新型コロナウィルスの大流行は、同窓生のイニシアチブを始めたばかりの時に私たちを襲いました。卒業生のメンバーと直接会うことを含む、たくさんのイベントがすでに計画されていました。個人的な対面の人間のやり取りに取って代わるものはありませんが、現在、オンラインでどのように展開できるかを評価しているところです。

最近、「インドの各セクターにおけるCovid-19の展望」に関する最初のオンラインセッションを主催し、金融、ホスピタリティ、化学などのそれぞれの業界でリーダーとして定評のある卒業生の多くを招聘しました。 3人の卒業生スピーカー、AMP Class of 2019のAmit Choudhary(Executive Director, Himadri Speciality Chemical Ltd))、MBA Class of 2014のSanjali Nirwani(CEO, Unlocked)、MBA Class of 2010のNeil Parikh(CEO, PPFAS Mutual Fund)がいました。各スピーカーは、現在の危機についての経験と、各業界が業界全体の影響にどのように対処したかを共有しました。

現在の経済情勢で良い投資機会を見つけることに熱心な個人投資家からの関心を維持するために、ミューチュアルファンド業界がどのように一晩にしてオンラインに転換する必要があったかについて聞くのは興味深いことでした。また、隔離と社会的距離を要請される最中にレストランのオーナーが新型コロナウィルス後の世界でビジネスモデルをどのように適応させ、進化させているかについても学びました。化学メーカーはバリューチェーンの機会と脆弱性、特に現在の国際貿易状況を踏まえた輸出について考えています。これまで以上に、私たちは相互に関連しており、発展するためにどのように協力しなければならないかを理解しています。

非常に多くの参加者がおり、様々なパネリストから学ぶことができた参加者から素晴らしいフィードバックを得ました。そして、非常に励みになりました。我々は今コミュニティを活性化させ続けるためにより多くのアイデアに取り組んでいます。

オンライン形式の利点として、これらのセッションに参加するために長い距離の移動をする必要がなく、誰もが自宅から快適に接続できており、これらの障壁から脱却しています。インドの75人以上の卒業生と他国居住のインド人も含めたセッションをまとめることができました。私たちのセッションが物理的なイベントである場合、これは不可能であり、参加率ははるかに低くなります。

我々は、以前考えていたよりも多くの人々を巻き込む絶好の機会があることに気づきました。将来的に対面式のイベントがなくなるという意味ではなく、これら2つの形式のバランスをとるつもりです。両方に大きな可能性を見出しており、それぞれを最大限に活用したいと考えています。

最後に、これらの困難な時期を乗り越えて互いに助け合うことができれば、これから何年にもわたって緊密なコミュニティを形成し、強化していくことができると信じています。 また、インドでIESEについての情報を広めるのに役立ち、インドから一層多くの人々が学校が提供する変革的な体験を探求し、体験できるようになります。

インドのIESE同窓会の理事会の一環として、同窓生会員にアイデアを提案し、イニシアチブを提案し、さらには指導するよう促していきたいと思います。