在校生の活躍:Emma Lotz (MiM Class of 2020)

 

MiM Class of 2020の在校生Emma LotzがこれまでのIESEでの経験について語りました。原文(英語)はこちらをご覧ください。

 


IESE以外の他のMiMプログラムを検討しましたか。

IESEのMiMとは別に、London Business SchoolのMasters in Analytics and Management(MAM)(1年間のプログラム)、Bocconi UniversityのMaster in International Management (2年間のプログラム)、Erasmus University of RotterdamのMSc in Strategic Managementに出願しました。

 


なぜMiMを志したのですか。

どの分野を専門にしたいのかわからなかったので、IESEでMiMプログラムを追求することにしました。

国際ビジネスを4年間勉強して、ビジネスについてたくさん学びましたが、それでももっと必要だと感じました。

IESEのマネジメントとケース手法の専門知識を使用することで、財務、ビジネス分析、オペレーション、コミュニケーション、マーケティングなどの幅広い分野について、更に深い知識と理解を得ることができると思いました。

私はビジネスの知識が不足していることに気づき、仕事を始める折に一層完全なバックグラウンドを持ちたいと思っていたので、1つの分野だけを専門としていたくありませんでした。

大学では、ビジネス分析、オペレーション、テクノロジーに関する非常に基本的な授業しかありませんでした。

プログラムの最後の期間に学生が専門分野を選択できるという事実は、各分野について学び、最後に専門にしたい分野を選択する時間が与えられることを意味するので、私にとって非常に魅力的でした。

 


プログラムを始めた今、プログラムを始める前のあなたの期待と、実際の経験とを比べてどうですか。

IESE MiMへの入学を決めたた時、他のトップビジネススクールと同じように、多くのことを期待していました。

私はこのプログラムが何をもたらすかについて非常に高い期待を持っていました。

プログラムの半分を終えた今、プログラムは明らかに私の期待を上回っていると言えます。

まず、勉学についてです。

プログラムは私が予想していたよりもさらに激しく、経営管理の全ての主要な論点をカバーする多くの異なる授業があります。

今まで勉強したことのない科目からたくさん学ぶことを期待していました。

4年間の学位を取得した後、私は既に金融、経済、マーケティングについて多くのことを知っていたので、これらの論点は多かれ少なかれ復習になると思っていました。

しかし、私は常に新しい概念や問題への取り組み方を学んでおり、とても驚きつつも楽しんでいます。

ケースメソッドを使って教えることは、生徒の学習の可能性に大きく貢献すると思います。

ここIESEでは、思考や決定を行うための1つの方法を教えられているだけではありません。

同級生と意見を共有し、彼らの意見を聞くことで、批判的に考え、多彩な視点から状況を分析する方法を学びます。

この方法がIESEで教えられている全ての科目に適用されることを本当に楽しんでいます。

更に、教授陣の質は抜群です。

教授は授業内のケースディスカッションの管理に非常に優れており、全員がお互いから学ぶことができるように、全ての学生の意見を取り入れています。

読むべき教材及び議論のために選択されたケースも一流です。

次にチームワークです。

クラスは、学問的および職業面のバックグラウンドと国籍が異なる6人の学生のチームに分かれています。

最初は、このような環境でチームワークについてどれだけ学ぶことができるのかわかりませんでした。

MiM開始前は、以前の研究とインターンシップのおかげで、チームでの作業経験は既にたくさんあると思っていいました。

しかし、IESEでの私の経験の大きな違いは、私が1年を通して1つのチームを持っているということです。

私は毎日ケースについて話し合い、この同じチームで全ての割り振りを行います。

このようなやり方に慣れていたわけではありません。

以前は1つのチームに1つの割り当てがあり、次の割り当てでは通常チームが変更されていました。

ここでは、私のチームが1年間固定されており、非常口がないため、一層協力する必要があります。

チームが生産的に働き、職業面での関係を築くことを確認する必要があります。この経験により、チームで働く能力が向上しました。

これは、キャリアの非常に早い段階でメリットが得られると思います。

そして何よりも私の期待を超えるのは、私自身の個人的な成長です。

出願の過程で多くのことを聞きましたが、IESEが学生の個人的な成長を支援するために注力していることがはっきりとわかります。

プログラムの最初の週は、キャリアと、各学生に最適なキャリアパスを見つけることに焦点を当てていました。

価値観、情熱、信念、属性を探求することが奨励されました。

プログラムの最初から、私は自分にとって本当に重要なことと、職業面での成功と個人としての成功を組み合わせて、自分の人生をどのようにしたいかについて考えるように促されました。

更に、各タームには、ビジネススクールに期待されるものとはわずかに異なるソフトスキルと知識について教えられる1つまたは2つの科目があります。

人類学、組織行動論、エネルギーなどのこれらのクラスは、私にビジネス全体のより深い理解を与えてくれました。

キャリアについては、キャリア関連の活動で学生を支援するキャリアチームが活用できることに嬉しい驚きを感じています。

カウンセリングミーティングを予約するためのシステムは非常に簡単で、質問がある業界や機能に関係なく、IESEチームの誰かが常に助けてくれます。

また、MiMの初めてのクラスなので卒業生(MBA等)との関係が少し心配でしたが、実は卒業生ともとても仲が良く、連絡を取り合った人たちも喜んで手伝ってくれました。