MBA Employment Report 2020

 

IESE MBA Class of 2020のEmployment Reportが公開されました。こちらからダウンロード頂けます。概要は以下の通りです。原文(英語)はこちらをご覧ください。

 

新型コロナウィルスとそれに伴う経済危機は、野心的なキャリアチェンジを行おうとしている場合は言うまでもなく、誰のキャリアの見通しにとっても、最適な時期ではないように思われるかもしれません。それでも、IESE MBAは世界中の採用担当者から強く求められ続けています。

新型コロナウィルスによる採用の大規模な混乱にもかかわらず、IESE MBA Class of 2020の87%は、卒業後3か月以内に就職しました(MBACSE規則に従って計算)。加え、そのうち大多数がMBAの経験を活かして大胆なキャリアチェンジを実現しました。

IESE MBA Class of 2020のEmployment Reportによると、欧州は2020年のクラスで最も人気のあるキャリア上の目的地であり、卒業生の46%が欧州の大陸で仕事を受け入れています(スペイン外で26%、スペインで20%)。ラテンアメリカ(22%)とアジア太平洋地域(20%)は、卒業生にとって次に人気のある地域でした。

業界に関しては、コンサルティングがクラスの約33%で引き続き最高であり、次にインダストリー(29%)、金融サービス(23%)、テクノロジー(15%)が続きます。コンサルタントを選択した人の約80%がこの分野での経験がなかった転職者です。

そして、キャリアチェンジはMBA Class of 2020の重要なテーマです。学年の約3分の1が、今年、その難度で知られる「トリプルジャンプ」を伴うキャリアチェンジを行いました。業界、職掌、地理を一度に変更します。 MBA Class of 2019における21%からの増加です。

これらの数字は、キャリアパスの変更を考えている人にとってのIESE MBAの力を強調しています。プログラムでは、学生は様々な分野や地域の専門知識を持つ専用のキャリアセンターにアクセスできます。また、1年目と2年目の間にインターンシップを活用することができ、多様なキャリア上の選択肢を試す機会が与えられます。

そのようなトリプルジャンパーの1つがRohit Gokulです。エンジニアリングのバックグラウンドを持つ彼は、IESEで学ぶ前は、UAEで働いていた起業家でした。彼は、業界固有及び地域の専門知識を含む、IESE MBAで提供されたキャリアサポートが、英国のシティグループのCorporate and Investment Bankでの現在のポジションを確立するための鍵であったと述べています。

「MBA前に非伝統的な経歴だった私は、キャリアサービスとFinance Clubのおかげで投資銀行へキャリアチェンジすることが可能だったという事実を自信を持って証明できます」と彼は述べています。 「キャリアディベロップメントセンターと緊密に動いていた結果、チーム全体がどのようにさらに一歩進んで、すべての違いを生むかを直接目撃しました。」

不確実性が目立つ年に、最新のレポートは、世界の主要企業がその採用ニーズに関連して、IESEに信頼を置いていることを示しています。300社にわたるIESEにおける採用企業には、AT Kearney、AB InBev、Amazon、Bain、BCG、Citigroup、EY、Google、Johnson&Johnson、Mastercard、McKinsey、Michelin、Microsoft、Nike、Novartis、PepsiCo、Unicef、Werfen、 ZS Associatesなどが含まれます。

毎年、IESEのキャリアディベロップメントセンターはこれらの企業との数多くの活動を組織し、構造化された採用の機会を提供するだけでなく、MBAプログラムの前と最中の両方で学生にキャリアガイダンスを提供し、専用のイベント、ワークショップ、サポートなどを提供します。

IESE MBA Class of 2020は、55の異なる国籍の356人の学生を迎え、卒業時の平均年齢は31歳でした。