新入生の内省

MBA Class of 2022の一員となるRishi Bagadiaが寄稿しました。原文(英語)はこちらからご覧ください。

何かが十分に重要である場合、その確率が望む通りではない時でも、それを実行に移すものです。昨今の環境は人生を変える決断を下すのに望ましいものでは必ずしもなかったという事実にもかかわらず、私は思い切ってMBAにおける夢を目指すという目標を追求し達成することを決心しました。ブラックスワンイベントに対応しながら学校に戻るという決断は、学生を中心に据えたIESEというビジネススクールが行き先であるという事実によって補強されました。これまでのところ、学校は授業に関連する重要で最新の情報をタイムリーに伝え、私の決断が正しいものであったことを再認識させてくれています。ここに私のMBA以前の旅についてのいくつかの考えを示します。

「混沌の最中には機会もあります」

孫子から引用されたこの現代の戦術は、前例のない時代に直面している現在のVUCAビジネスの世界に非常に関連しています。 IESEは、オンラインフォーマット(私が用心深く構えていたもの)に素早く適応して移行することで俊敏性を実証しました。学校は、学生の期待に応えながら、急速に変化する状況に対応し、入学面接からMBA導入前のキャリアガイダンスセッションまで、出願プロセスのあらゆる側面に対応していました。 MBAの面接プロセスは、予想通りスムーズであっただけでなく、入学審査官が私の質問に答えてくれた際の安心感も豊かな体験でした。この経験がMBAがどのように見えるかの例であるとするなら、そのおかげで私のビジネススクールの選択についての確信が植え付けられ、IESEでMBAを追求するという私の目標により近づいたと言えるでしょう。

私にとってMBAの本質は、様々な人々と物理的に交流し、無数の経験から学び、視野を広げることです。現在の状況はこれらの相互作用を妨げます。オンラインフォーマットは、効果的な相互学習と知識共有過程の妨げになるのではないかと恐れていました。しかし、これは、MBA Class of 2022のために新入生自身が積極的に行った多数のネットワーキングセッションと、学校の取り組みの中で適切に対処されていることを知って嬉しい驚きとなりました。これらのネットワーキングセッションのおかげで、新入生同士で意見交換をすることができ、非公式な設定で、通常のキャンパスよりも早い段階で将来のクラスメートを知ることができました。オンライン会議によってネットワーキングプロセスは制限されませんでした。オンライン会議に参加するのが簡単かつスムーズで、これにより繋がりの構築が容易になったからです。もう1つの素晴らしい取り組みは、新入生それぞれにメンター(新2年生)を割り当てることでした。このメンターシッププログラムによって、移行とオンボーディングプロセスが促進され、新入生が学校とプログラムについて理解を深めるのに役立ちました。

キャリア面では、コンサルティングクラブなどの学生クラブのリーダーシップチームが、将来の就職活動に関する新入生の懸念を理解し、有益なオンラインセッションを開催して新入生が将来の障害を乗り越える準備を予めすることで、この問題に対処しました。それと並行して、我々の就職活動を支援するために必要なあらゆる準備により学生を支援してくれました。キャリアデベロップメントセンターでは手近で、この数か月の学生向けのQ&Aセッションを開催してくれ、採用プロセス内における重要なステップ(会社や同社内オフィスの選択方法等、広範な困難なタスク)の数々を理解するのに役立ちました。これらの全ての活動のおかげで仲間意識が醸成されたので、MBA以前のオンライン体験の旅における画期的な出来事でした。

多くのイベントに参加し、詳細な会話を重ねた後、長年にわたってインパクトのあるリーダーを生み出してきた学校であるIESEに参加するのに今ほど良い時期はないと確信しています。企業も業界も国も変化しています。これら全て変化の中で勉強し地球規模の問題を解決するために準備をして裏側から出てくることができるのは人生を変える経験であり、挫折に対して回復力のある世界に影響力のあるリーダーになるために必要な能力を私に与えてくれるでしょう。MBAの旅に正式に出発しようとしている今、私はこの決定がもたらしてくれる変容の結果に強く期待しています。