The Economist MBA ranking for 2019

原文(英語)はこちらをご覧ください。

IESEのMBAプログラムは、Economistの2019年のフルタイムMBAランキング(Which MBA?)によると、ヨーロッパで2位、世界で10位となっています 。 IESEは、トップ10の内、米国外の2つの学校のうちの1つです。

同誌によるランキングは、IESE MBA卒業後に卒業生に開かれている新しいキャリアの機会を強調しています。これは、学校のキャリアディベロップメントセンターの活動を反映しており、年間を通して、学生のための数多くの活動、資源、支援、キャリアフォーラム、フェアを提供しています。実際、MBA CSEAの報告基準によると、IESE MBA Class of 2019の94%は卒業後3か月以内に求人を受け入れました。

就職の機会に加えて、IESEの国際的な卒業生ネットワーク(IESEは、海外の同窓会支部数で第1位の学校です)の世界的な広がりも、IESEを優れた地位たらしめる鍵として際立っていました。

同誌のランキングは、MBAの学生と卒業生を対象にした調査、及び各学校から提供されたデータの組み合わせに基づいています。この調査では、新しいキャリアの機会の創出、個人の成長の機会と教育上の経験、給与の引き上げ幅とネットワーキングの4つの要因に特別な重みを与えています。

トップ10のスポットは、Chicago Booth、Harvard、HEC、Kellogg、Wharton、UCLA Anderson、Berkeley Hass、Stanford、Michigan Rossが占め、その後にIESEが続きます。

この堅実な結果は、2年制インターナショナルビジネススクールのForbesランキングで3位になったことを含め、他の国際的なランキングにおけるIESE MBAの強力なパフォーマンスの流れを引き継ぐものです。