新アドミッションズディレクターによるMBA Class of 2023向け出願アドバイス

アドミッションズディレクターであるPaula AmorimによるMBA Class of 2023向け出願アドバイスが寄稿されました。

原文(英語)はこちらをご覧ください。

 

2023年のMBAクラスの申請者各位

MBA入学審査チームの新しいディレクターとしてお話でき、この役割でIESEコミュニティに貢献し続けることを嬉しく思います。簡単に自己紹介させて頂きます。それに引き続いて、今年のIESE MBA出願プロセスへの取り組みに関するいくつかのヒントとガイドラインを紹介します。

私は2013年にあなたと同じようにやる気のあるビジネススクールの応募者でした。ブラジルから来て、TOTVS Consultingのシニアコンサルタント及びGrupo Maristaプロジェクトマネージャーとしての実務経験を持ち、自分のマネジメントスキルとリーダーシップスキルセットを開発し、国際的なネットワークを構築し、キャリアチェンジを模索したいと考えていました。様々なビジネススクールについて広範な調査を行った後、最終的にIESEのフルタイムMBAプログラムに応募して入学しました。

IESEは、私にとって、プロフェッショナルとしても個人的にも、変革をもたらす体験に満ちていました。 2016年に卒業すると、ラテンアメリカ地域を担当するMBA入学審査チームに参加する機会が生まれ、私はこの役割を喜んで引き受けました。そして、 4年後、私は今ここにいます!

私はあなたの立場にいましたので、数年間働いた後に学校に戻ることを考えるのはどんな感覚か覚えています。ビジネススクールの入学手続きへのコミットメントは大きな一歩でした。本チームで協力して、この旅をあなたが円滑に進められるよう、我々は協力的で透明性を保つよう努めています。 IESE MBAの旅に出る情熱的で意欲的な志願者との交流を楽しみにしています!

 


一般的なヒント

ここから、出願フォームを確認して作業を開始できます。申請プロセスに関わる重要な日付は次のとおりです。

  • Early Decision Round出願締切:2020年9月1日
  • 1st Round出願締切:2020年10月6日
  • 2nd Round出願締切:2021年1月5日
  • 3rd Round出願締切:2021年3月10日
  • 4th Round出願締切:2021年5月4日

我々は通常、ビザを取得し、新しい国への移動に備えるためにより多くの時間を与えるために、初期のラウンド(EDR、R1、R2)をターゲットにすることを欧州域外からの志願者に奨励しています(編注:日本からの場合、R4でも通常問題なし)。

こちらにある合否決定日と支払期限にも注意してください。

どのラウンドで出願かを決定するときに、それを考慮に入れてみてはいかがでしょうか。

 


エッセイ

エッセイの質問を見る前に、特定のビジネススクールに応募する際の自分自身の動機を振り返ることが重要です。

優れた出願書類は、通常、明快さ、正直さ、自己認識、そしておそらくユーモアのセンスさえ示すでしょう。

あなたが共有できる物語はたくさんあると思います。

主要な物語を選択し、自分が誰であるか、何を達成したか、何を達成したいか、IESEがどこに適合するかについて一貫したイメージを提示していることを確認してください。

IESEは、入学プロセス自体と候補者に求めている文化的適応性につながる、強力な価値体系を持つミッション志向の学校です。

今年は、2つの必須のエッセイ質問と1つのオプションのエッセイがあります。

 


必須回答の質問(300字)

エッセイ1:「あなたの人生のモットーを考え出さなければならなかった場合、それは何ですか、そしてなぜですか。どのようにそれを示したか、例を挙げてください。」

このエッセイは、申請書類に記載されているプロフェッショナルとしての及び勉学方面での成果を超えて、より個人的な方法で入学チームに自己紹介する貴重な機会として利用してください。志願者は、特定の具体的な例、現時点で最も重要なこと、及び、道のりを模索する際にIESE MBAがその計画にどのように価値を追加できるかを提示して、自身のアイデンティティと性格を形成ないしそれに影響したマイルストーンについて考えてみることをお勧めします。

ブレーンストーミングの際、志願者はモットーを個人的な哲学と見なすことができます。それは、特に困難な時期にあなたを地に足がついたようにした価値観、あなたが設定した目標への動機、重要な人生の教訓から蓄積された学習、あなたの態度と考え方への影響を与えたこと、またはIESEコミュニティを成長させるあなたの個性を思い出させるものであるでしょう。事例や個人的な経験からの最近の逸話でモットーを明確に例証してください。成功または後退を通じてこれらの資質を示せば、入学審査チームに独特な魅力を伝えることができるでしょう。この物語は共有すべきあなた自身のものであり、モットーは簡潔に要約されるべきであることに注意してください。複雑である必要はありませんが、より重要なことは、あなたと共鳴し、あなたを最もよく表すものである必要があるということです。

 

エッセイ2:「あなたの短期および中期のキャリア目標は何ですか? IESE MBAはそれらを達成するのにどのように役立ちますか?」

このエッセイは、志願者にプロフェッショナルとしての願望に集中するように促すもので、毎年の応募にあたっての重要な側面です。キャリアの変化を模索している人には、これまでのキャリアとプロフェッショナルとしてのパフォーマンス、獲得済の移転可能なスキル、及び、過去の経験がMBA後に目指したい分野をターゲットとすることへの関心を高めるきっかけとしてどのように寄与したか、これらについての文脈を示すことをお勧めします。 MBAを様々なキャリア上の選択肢を検討する機会と見なしている場合は、広い視野を維持しながらも、優先順位と関心領域を定義することが望まれます。

志願者は、自身が作り出したいと望む一層広範な影響と、これらの短期目標がどのように長期計画への足がかりとして機能できるかについて、慎重に検討する必要があります。いざという時の第二案を説明し、計画通りにいかない場合に備えて、代替策を含む堅牢なキャリア計画に関わる枠組みを構築することは常に役立ちます。最後に、ギャップを埋めて目標に近づけるのに役立つのはIESE MBAのどのような要素であるかを強調することを忘れないでください。

例えば、新しいスキルや知識を得るのに役立つ関連性のあるプログラムを特定するなど、いくつかの行動計画を策定することをお勧めします。 IESEへの出願を選択する理由を再確認させてくれるようなクラブ、授業、キャリアトレックはありますか、似たような経歴を持っている卒業生や、関心のある分野で働いている卒業生に会ったり話したりしましたか。 IESE MBAが将来のキャリアにおいてあなたをより良いポジションに導くのにどのように役立つかを強調してください。

 


任意回答の質問(300字)

エッセイ3:自分自身またはあなたの旅について、出願書類の中で指摘されていない可能性のある側面について、何を強調しますか。

これは、出願者が出願書類を強化する可能性のある追加情報を共有するための自由回答形式の質問です。 特別な趣味や情熱、新型コロナウィルス期間中の学習や経験など、MBAやIESEコミュニティへの貢献の可能性をさらに高めるために、あなたの性格の別の側面を示すことができます。 これは、その文脈からメリットを得られると感じる出願書類上の弱点やギャップに対処する機会でもあります。 志願者はこの質問が本当に任意であることに留意すべきです。これは何らトリックが入った質問ではありません。 出願書類に既に組み込まれているもの以外に追加する価値のあるものがない場合は、この質問をスキップすることをお勧めします。

 

以上、幸運をお祈りします!