Admissions Directorによる出願へのアドバイス

 

Admissions DirectorのPascal Michelsがどのようにアプリケーションに取り組むべきかのアドバイスに関わる記事を寄稿しました。詳細について、以下をご覧ください。原文(英語)はこちらの通りです。彼の寄稿した、「Admissions Committeeが真に求めるもの」前編後編も是非ご一読ください。出願フォームも併せてご確認ください。

 

MBA Class of 2022向けアプリカント各位、

MBA Class of 2021は、370人以上の学生が所属することになる、IESEで過去最大のMBAクラスになります。活気に満ちた学生コミュニティが更に成長するのを見るのは非常にエキサイティングです。あなたも来年そこに参画することになるかもしれません。IESEのMBAアプリケーションに着手するにあたっての、指針をいくつか共有したいと思います。うまくいけば、これによって負荷が軽減され、明確さが増し、さらにエッセイの質問に取り組む方法についてのヒントが得られることもあるでしょう。

各出願ラウンドの出願期限は次のとおりです。

  • Early Decision Round: 2019/9/3
  • 1st Round: 2019/10/10
  • 2nd Round: 2020/1/8
  • 3rd Round: 2020/3/3
  • 4th Round: 2020/5/5

我々はあなた自身を知りたいと思っており、アプリケーションはそのためのツールです。これは、入学審査チームに、モチベーションを説明し、コミットメントと熱意を示すための機会です。また自己内省のための絶好の機会です。あなたが誰であるか、あなたがしたこと、そしてあなたが達成したいことの一貫した描写を提示できているかを確認してください。なぜビジネススクールに行きたいのか、そしてIESE MBAがあなたの目標を達成する上でどのように助けるのかを簡潔に述べてください。エッセイの単語数の制限を考えると自分自身を十分に表現できないと感じる人もいるかもしれませんが、本当に重要であなた自身に関連するものに集中する機会として活かしてください。

今年は、必須回答のエッセイ質問2つと任意回答のエッセイ1つがあります。

必須回答の質問

第1問(300 words):What do you want to be remembered for?

あなたを最もよく表している価値観、興味、そして経験について深く考えることを奨励します。このスペースを使って、あなたがあなたをユニークにしている理由を強調し、自身にとって最も重要なことに注意を向けてください。個人的な及びプロフェッショナルとしての経験を振り返って、あなた自身が今何者であるかということに影響を与えたあるいは形作った人生の決定的な瞬間を思い返してみてください。自分自身にある確信をもたらした際立った経験は何でしたか。これまでに行った厳しい選択は何ですか。いつリーダーシップの資質や起業家精神を示しましたか。これまでの最大の個人的な功績は何ですか。自身が誇りに思っている遺産と言える側面は何ですか。どうやって自身のコミュニティに変化をもたらしましたか。学習や成長に刺激を与えたり視点を形作ったりした興味深い仕事や課外活動について考えてみましょう。

入学審査チームは、アプリケーションの他のセクションからいくつかの情報を既に有していることを覚えておいてください。エッセイは、一層全体的で、丸みを帯びた絵を入学審査チームに提供するべきです。ですから、入学審査チームが聞きたいと思うことを伝えたり、CVに既に記載がある事項を繰り返したりしないでください。真なる自分を示し、文章に情熱を注いでください。それこそが深くそして永続的な印象を残すものになるからです。

 

第2問(300 words):Describe your short and medium term post-MBA goals

このエッセイでは、アプリカントは自身の個人的な目的を表現し、IESE MBAがそれをどのようにサポートし、自分のキャリアの軌跡における良い次のステップになるかを説明する必要があります。

自身の計画を明確かつ簡潔にするようにしてください。具体的なキャリア目標は何ですか。狙っている職掌や会社は何(どれ)ですか。それらの目標はあなたの価値観にどのように適合していますか。また、短期または中期的に、それらの組織やセクターにどのような影響を与えたいと考えていますか。

キャリアチェンジを目指す人にとっては、どのようなスキルセットを持っていて、また、IESE MBAは、目標を達成するためのギャップをどのように埋めるでしょうか。たとえば、新しいスキルや知識を習得するのに役立つ関連性のあるプログラムを特定するなど、いくつかの行動計画を立てることをお勧めします。なぜIESEに応募することを選んだのかを再確認するクラブ、クラス、キャリアトレックはありますか。似たような経歴を持っている、または興味のある分野で働いている卒業生に会ったことがありますか。

アプリカントの中には現在と異なるキャリアを探求する機会としてMBAを活用したい方がいることを我々は理解しています。そのような場合、エッセイにおいては広い視野を保つことができますが、それでも優先順位と関心のある分野を定義してください。将来のキャリアにおいて、IESE MBAがどのようにあなたをより良いポジションに導くのに役立つかを強調してください。どのような種類の学習や成長が期待されるでしょうか。

任意回答の質問

第3問(300 words):I wish the Admissions Committee had asked me…

この自由回答形式の質問は、アプリケーションの他の部分では言及されていない側面を共有するためのものです。 このエッセイは、特別な趣味や情熱、IESEコミュニティへの貢献におけるさらなる可能性、IESEの価値を具体化する方法の例、弱さやギャップへの対処など、パーソナリティの他の側面を示すことによって、アプリカント群の中で際立つのに役立ちます。 ただし、この質問は本当に任意選択です。 既に言及された内容以上に追加する価値のある要素がないのであれば、この質問に特に回答する必要はありません。

 

第4問: How do you plan to finance your MBA and why do you think you deserve a scholarship?

MBAを追求することは大きな投資であり、不測の事態に対してしっかりした資金計画を持つことが不可欠です。実際、資金面を計画し始める最もよい時期がどんなビジネススクールにおいても出願前であることをアプリカントに我々はしばしばアドバイスしています。アプリカントは通常、個人または家族の貯蓄、公的または私的ローン、及び奨学金を含むさまざまな資金調達の選択肢を組み合わせています。資金計画の実現可能性を考慮し、奨学金申請を支援するための正当な推論を我々に提供することが重要です。

IESEの奨学金はメリットベースの傾向があります。優れた学業成績、強いGMATスコア、職業上の成績、および学校との適合性が、選考プロセスの重要な要素です。奨学金は非常に競争が激しくなる可能性がありますが、入学への意欲とコミットメントを強調し、学生や卒業生としてIESEコミュニティにさらに貢献できる方法を強調してください。

アプリケーションプロセスの中での幸運を願うとともに、あなたのことを知ることを楽しみにしています!