なぜ2022年に欧州MBAで学ぶのか

 

BusinessBecauseでIESEに関する特集記事が掲載されました。原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

欧州には世界最高のMBAプログラムが数多くあり、国際的な教室、素晴らしい卒業生ネットワーク、McKinseyやMicrosoftなどのトップ企業へのアクセスなどを提供しています。

欧州のMBAは、その多くが1年制の短期プログラムであるため、米国のMBAよりも割安に受講できる傾向にあります。

BusinessBecauseのMBAコスト・レポートによると、欧州でトップレベルのMBAを取得するための授業料は平均約9万7千ドルで、米国ではほぼ15万ドルです。

ビジネススクールの受験生に最も人気のある10カ国のうち5カ国が欧州にあるのは当然のことでしょう。

スペインのトップクラスであるIESEビジネススクールのMBA卒業生は、2022年に欧州でMBAを学ぶべき理由をさらに4つ挙げています。

 


1. 欧州でMBAを取得すると、最先端のテクノロジーハブにアクセスできる

欧州でMBAを取得するということは、革新的な新興企業やGoogleやAmazonのような大手ハイテク企業で溢れる地域にアクセスすることを意味します。

Financial Times Global MBA Ranking 2022で世界第10位にランクされたIESEでは、学生はビジネススクールと欧州中の一流ハイテク企業とのつながりを活用することができます。IESE MBAの学生の約20%は、eコマースやFacebookのような大手テック企業などでキャリアを積んでいます。

実際、バルセロナは欧州で最初にスマートシティ技術を導入した都市の1つで、モビリティ、ヘルスケア、住宅、セキュリティを強化するためのデジタル技術ソリューションを提供しています。

IESE MBAを取得したCharlie Porterは、テック系のMBAキャリアにアクセスしたいと考え、MBAを取得しました。新しいテクノロジーを受け入れているバルセロナで学ぶことは理にかなっていたと言います。

MBAでは、データ分析やイノベーション戦略などのコースを受講し、London Tech Trekでは大手テック企業に触れました。

「技術的なバックグラウンドがなくても、テック企業で活躍できることを学びました」と彼女は言います。

IESEのキャリアディベロップメントセンターが主催するAmazonの説明会に参加し、MBAの知識を活かして面接でアピールした結果、CharlieはAmazonでのMBAインターンシップを獲得しました。

その後、Amazonのインターンシップを利用して、英国玩具チームのシニア・ベンダー・マネージャーとしてキャリアをスタートさせ、英国最大の玩具会社5社の欧州全域での事業拡大を支援しています。

 


2. 欧州でMBAを取得することで、サステナビリティに取り組む地域に身を置くことができる

 

サステナビリティの分野でキャリアを築きたいMBA生にとって、欧州ほど適した場所はありません。

欧州委員会は持続可能な開発への投資を約束しており、企業が気候問題の解決にどのように貢献できるかを理解している人材が求められているのです。

IESE MBAの卒業生であるGabriel Gageは、欧州の持続可能性への取り組みに魅力を感じ、欧州に長期滞在したいと考え、シカゴからロンドンに移りました。

「MBAを取得した大きな理由は、社会、経済、環境に対してポジティブな影響を与えることを基本としたキャリアに移行するためでした。バルセロナのような欧州の都市は、持続可能なベンチャー企業をリードしており、この都市は持続可能なビジネスについて学ぶのに最適な場所です」と彼は言います。

IESE MBAでGabrielは、環境、社会、ガバナンス(ESG)投資、循環型経済、食品と農業技術に焦点を当て、コンサルティングのスキルを身につけました。また、欧州で最大の学生が運営する会議を開催するIESE Responsible Business Clubの会長に就任しました。

「気候変動の危機を警告する技術的な専門家は世界中にたくさんいますが、こうしたアイデアを推進し、市場に出すためのビジネスマインドセットがなければ、事実がわからなくなってしまうことを学びました」と、彼は言います。

GabrielはMBAのスキルを活かし、アムステルダムでESGとサステナビリティのコンサルタントとして、プライベートエクイティやベンチャーキャピタルの顧客がESGの指標に基づいてポートフォリオを評価する手助けをしています。

 


3. 欧州でMBAを取得すると、大きなネットワーキングの機会が得られる

欧州のMBAプログラムは、一般的に非常に多様性に富んでいます。IESE MBAは85%が留学生で、50カ国以上の国籍の学生が在籍しているため、学生は全く異なる背景や文化を持つMBAの仲間と知り合うことができます。

IESE MBAの学生は平均して、金融やコンサルティングなどのセクターで5年の経験を積んでいます。これは、これらの業界についての内部情報を得たい人にとって有益なことです。

Charlieは、Amazonで働く IESE の卒業生とネットワークを作り、Amazon MBA インターンシップのための模擬面接の経験を積みました。

「Amazonは非常に国際的な労働力を有しているので、私は今、異文化の中で働くために俄然良い準備ができています」と彼女は言います。

 


4. 欧州でMBAを取得すると、質の高い教育を受けることができる

 

欧州のトップビジネススクールの多くにおいては、その名声とブランド力のおかげで、世界レベルの研究成果を持つ一流の教授を集まっています。

IESE MBAプログラムでは、Harvard Business Schoolのケースメソッドを導入しており、学生は現実のビジネス上の課題の主人公となり、自分の知識や経験を意思決定の指針として適用していきます。

「各授業には知識が満ち溢れており、ケースメソッドはそれを本当に引き出してくれます」とCharlieは言います。

IESE MBAでは、MBAの卒業証書とともに、国際ビジネス、金融、起業家精神、データ分析などの専門分野を修了することが可能です。

また、ニューヨークや上海に留学する機会もあり、IESE MBA取得者はグローバルなビジネス課題を理解してプログラムを卒業することができます。

「IESE MBAのおかげで、今まで扱ったことのない分野、国、産業で働くことができると感じています」とGabrielは言います。