欧州の主要ビジネススクールが気候危機へのビジネス対応を加速するために団結

原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

8つの主要ビジネススクールが、気候変動の危機を認識し、気候変動の緊急事態に対処するために行動するビジネスリーダーを支援するために協力しています。

BS4CL(Business Schools for Climate Leadership)は、Oxford Saïd、Cambridge Judge、HEC Paris、IE、IESE、INSEAD、IMD、London Business Schoolを設立メンバーとする、ビジネス界のオピニオンリーダーによるユニークな連合体です。これらの学校は、合わせて年間55,000人以上の学生やエグゼクティブを育成し、40万人以上の卒業生を擁しています。

BS4CLの創立メンバーは、今日と明日のビジネスリーダーに変化をもたらし、思想的リーダーシップを発揮させる触媒として、パリ協定と国連気候変動枠組条約の目標に向けてビジネス活動を推進し、加速させる役割を担っていると認識しています。

BS4CLの目標は、ビジネス界の気候変動への対応を加速させるために、セクターや世代を超えて、ベストプラクティスを特定・形成するための調査を共同で行い、気候変動対策のリーダーや組織を支援することです。BS4CLは、8つの同窓生コミュニティへの共同支援を通じて、気候変動の緩和と適応の緊急性に対する認識を高め、インパクトを与えることを目指しています。

 


BS4CL気候リーダーシップツールキット

その第一歩として、設立校8校の研究者が協力して「BS4CL気候リーダーシップツールキット」を作成し、11月10日にグラスゴーで開催されるCOP26で発表します。このツールキットは、11月10日にグラスゴーで開催されるCOP26で公開されます。この公開に向けて、BS4CLは、複数の学校から参加者を募り、ウェビナーを開催しました。このウェビナー、そして最終的なツールキットは、BS4CL.orgから無料でアクセスできます。この最初のコラボレーションでは、以下の8つのトピックに焦点を当てています。

気候変動と不平等 (INSEAD)
ビジネスの脱炭素化(HEC Paris)
変革する世界におけるグローバル戦略:ビジネス戦略と地政学(IESE)
気候変動の解決策としてのテクノロジーとイノベーション (IE)
ビジネストランスフォーメーションと気候変動(IMD)
リスクマネジメントとグリーンエネルギーへの移行(Oxford Saïd)
気候変動と自然、ビジネスが知っておくべきこと(Cambridge Judge)
気候基準と企業価値(London Business School)

このツールキットは、11月10日にグラスゴーで開催される国連気候変動会議COP26のScottish Event Campus(SEC)でClimate Actionが主催するSustainable Innovation Forumにおいて、InTent社とのパートナーシップにより発表されます。

 


学長の共同声明

8つのビジネススクールの学部長は、共同声明の中で次のように述べています。

「世界的な新型コロナウィルスによってもたらされた危機は、緊急時にリーダーシップを発揮する上で学術機関が果たすべき重要な役割を浮き彫りにしました。地球温暖化という現代の最大の課題に直面している今、教育機関の連携がこれほど重要な時はありません。」

「私たちは、意味のある行動を喚起し、促進するために、答えを探し始める必要があることを認識しています。BS4CLは、私たちの個々のカリキュラムや教授陣の研究に表現されている統合された気候リーダーシップの上に構築されており、長期的に協力するための手段を提供しています。」

「BS4CLは、企業がグローバルな行動をリードし、気候変動を抑制するためにセクターを超えて協力し、意味のある目に見える進歩を促進するための基盤を構築することを意味しています。私たちのCOP26後のアジェンダに対処すべく、私たちの教授陣を結集して、急速に進化する緊急課題に関する新たな知見を共有し、発展させていきます。」

ビジネスリーダーのPaul Polmanは、「気候危機への対応にスピードとスケールをもたらすには、新たなパートナーシップが不可欠です。孤立した考え方や組織間の競争は、このような緊急事態においては敵となります。私は、学術界のリーダーたちが協力的な模範を示し、企業との連携を模索していることを祝福します。彼らには、可能な限り野心的であり、革新性と創意工夫の新たな限界に向けてお互いを後押しすることを強く求めます」と述べています。