MBA就職実績レポート2021

 

原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

新型コロナウィルスによって世界中の雇用市場に大きな混乱が生じたにもかかわらず、IESE MBAのキャリア見通しは引き続き明るいようです。

実際、最新のMBA就職実績レポートによると、IESE MBAの94%が卒業後3カ月以内に就職先を確定させました。更に、クラスの約3分の1はIESEでの経験を活かして、業界、職能、地域を一度に変えるという、「トリプルジャンプ」の転職を果たしました。

このレポートでは、IESEがトップクラスの採用企業に選ばれ続けていることが強調されており、学校は昨年、多くの活動や体系的な採用活動を通じて400以上の大手企業とIESEの人材を結び付けています。

ABInBev、Amazon、Bain & Company、BCG、Citi、McKinsey & Company、Novartis、PepsicoがMBA Class of 2021のトップリクルーターに名を連ね、56カ国、女性率31%、364人の学生で構成されています。

 


MBAのキャリアトレンド

2021年のMBA就職実績レポートによると、コンサルティングは依然としてIESE MBAの最も人気のある就職先で、就職を希望する2021年クラスの34%を引きつけています(新型コロナウィルス前の数字を上回っています)。次に人気があるのは、金融(25%)とインダストリー(24%)で、テクノロジー(17%)がそれに続きました。インダストリー分野の中では、ヘルスケアが最も人気があり、10%が同業界に向かっています。

地域別では、欧州(スペインを除く)が最も人気のある地域であり、26%の卒業生がヨーロッパでの就職を希望していることが報告されています。以下、ラテンアメリカ(22%)、アジア太平洋(20%)、スペイン(20%)と続き、中東・アフリカ(7%)、北米(5%)となっています。

しかし、最も注目すべきは、転職の動向です。33%の受講生が職能、地域、業種を一度に変えただけでなく、合計で72%が職能、62%が地域、61%が業種を変えているのです。

IESE MBAに参画すると、様々な分野や地域に精通した専門のキャリアディベロップメントセンターや、様々な訓練、支援、助言、指導の機会を利用できるため、キャリア転換を考えている人にとって強力なプラットフォームとなることが証明されています。

また、MBA1年目と2年目の間の夏には、インターンシップ(または起業プロジェクト)に参加するオプションがあり、転職者は新しい分野でテストと経験を積むことができます。

このようなキャリアチェンジャーの一例として、Alix ChaussonはMBA取得前、英国でアマゾンのベンダー・マネージャーとして働いていました。彼女は、自分の夢の仕事が、当時の部門や役割とは根本的に異なることに気づき、IESE MBAで学ぶことを決意しました。

「私は、MBA取得後、フードテック、特に代替タンパク質のベンチャー企業で働くことを目標にIESEに入学しました」と彼女は話します。

現在、彼女はドイツで食品技術企業のEvig Groupでシニアアソシエイトとして働いていますが、IESEのおかげで転職できたと思っています。

「これは、MBA取得前の仕事とは根本的に異なるもので、IESEでの2年間がこの異例の転機に確かな基礎を与えてくれたと強く信じています。Tech Clubの委員として、私はフードテックの専門家を集めたパネルを作成し、司会を務めました。投資家や起業家と触れ合うことは、私の転換をさらに進めるための素晴らしい機会でした。」

 


新型コロナウィルスに対応したキャリア支援

IESEのキャリアディベロップメントセンターは、通常の活動に加えて、現在の状況に合わせたさまざまな新しい活動や専用のリソースを提供することで、パンデミック期間中、学生を機敏に支援しました。これには、オンライン面接やネットワーキングなどのトピックに関する新しい情報提供やトレーニングセッションなどが含まれます。

IESE の人気のあるキャリアイベントのいくつかはオンラインに移行し、採用担当者と IESE MBA生や MiM生をオンライン上で結びつけ、その影響力を増やしています。

IESEのVirtual Career Forumは、欧州有数のMBA採用イベントで、毎年の採用数の70%以上を占めています。年に2回開催されるこのフォーラムでは、企業プレゼンテーション、リクルーターとの1対1の面接、コーヒーチャット、多くのネットワーキングの機会などを参加者に提供します。次回は2月8日、9日に開催されます。

 

MBA Class of 2021の就職実績レポートはこちらからダウンロード頂けます。