ジェットコースターのような1学期

 

IESE MBA Class of 2021のMathew Andrewsが1学期の経験について、以下の通り寄稿しました。原文(英語)はこちらをご覧ください。

 

12月10日火曜日、授業を終えて外に出ると、涼しい風とどんよりした空が、いつも晴れたバルセロナに待っていました。しかし、憂鬱な天気によって私たちの気分が下がることはありませんでした!MBA1年生は、1学期を無事に完了したのです。テラスで祝杯を上げるために、他の同級生に加わったとき、考えずにはいられませんでした、「何と驚くべき、過去4か月間のジェットコースターだったのだろう」、と。

8月上旬にバルセロナに移り、数週間かけて街のことを知り、IESEでの最初の授業である、Business Spanish Program(BSP)に参加しました。 学生生活への移行を可能な限り容易にするように専門的に設計およびスケジュールされたBSPは、わずか2週間でスペイン語の2つのモジュールを学ぶ機会を与えてくれました。私の教授であるSenora Mercheは非常に歓迎してくれて、信じられないほど忍耐強くありました。 2週間にわたって彼女は多くを教えてくれて、殆どの学生が、少なくともスペイン語についての基本的な理解を得ることができました。 また、BSPにより、MBA生活が実際に始まる前に、多くの同級生に会うことができました。

BSPが終わるとともに、Orientation Weekが始まりました。学年全体が、それぞれ75人の学生からなる5つのセクションに分割され、さらに9人から10人のチームに分割されました。私のチームは、イタリアと香港とルーマニアからの計3人のエンジニア、ブラジルとペルーからの計2人の銀行家、スペインからのコンサルタント、ポルトガルからのプロジェクトマネージャー、日本からの航空業界の専門家、そして家族経営のインド人である私で構成されました。学期が終了するまでに彼らが私の2番目の家族になることを、この時点では知る由もありませんでした。マーケティングシミュレーションの実行やエクセル作業の共有から、チームディナーでの「バックストリートボーイズ」の曲のコーラスへのランダムな展開に至るまで、これまで見事でした。

1週間に跨るチームビルディングエクササイズ、バルセロナでの宝探し、複数の歓迎パネルディスカッションの後、正式に1学期が始まりました。1日に3ケース、週5日間でした。 アカデミックプログラムの強度を過小評価していたことを認めなければなりません。 大変です しかし、理由があります。 すぐに、自分ですべてを行うことはできず、チームメイトに頼らなければならないことに気づきます。 優先順位を付けることを学びます。 授業自体は爽快でした。 50を超える各国から来た75人の同級生と実際のビジネス上の問題を議論し、専門の教授が正しい方向に導いてくれることを想像してください。 学びは信じられないほどでした。 たいていの場合、授業の前に持っていたものとは異なる見方や考え方で授業が終わっていきました。

授業は午後3時30分に終了しましたが、多くの場合、これが1日の第2部の始まりでした。数多くのクラブ活動が定期的に行われているため、何か試してみたりする刺激的なイベントが常にありました。 AB InBev、Roland Berger、FC Barcelonaなどのグローバルな会社・組織は、実際のビジネス上の問題を解決する機会を与えてくれるケースコンペを開催しました。その準備を支援するために、キャリアディベロップメントセンター(CDC)は、プロフェッショナルクラブとともに、「ケースコンペティションに勝つには」というワークショップを開催しました。さらに、2年生は我々を常に正しい方向に導くよう支援してくれました。2年生には、正直なフィードバックを与えてくれる対象として、自分の発想の壁打ち相手として、振る舞ってくれることを期待できます。ケースコンペティションの決勝の数日前に、チームメートの1人がひどい事故に遭ったのは大変残念でした。彼女が決勝の前日に私に電話をしてきて、病院からSkypeでプレゼンを行いたいと言ったとき、大変驚きました。自ら始めたことを終わらせようとする彼女の決意は信じられないほどでした。個人的には、これらのコンペティションは、企業について学びを深め、MBAから学んだことを実践するための素晴らしい方法でした。また、私のセクション外の学生と協力し、IESEの多様な同級生と関係を築く機会を与えてくれました。

授業以外に、CDCは、MBA初日から、各学生と協力して最適なキャリアパスを特定しています。私はコンサルティングまたはリーダーシップ開発プログラムを追求することを目標にMBAに来ました。 CDCと2年目の両方から私が受けたサポートは驚異的でした。 10月のキャリアフォーラムでは、広がった世界に目を向けることができました。テックのFacebookやGoogle、コンサルティングのMBB、投資銀行のMorgan StanleyやCitibankなど、世界中の幅広い企業がIESEのキャンパスに来ました。 11月には、興味のある分野を一層調査するために、キャリアトレックに参加する機会がありました。コンサルティングトレックでドバイに行くことを選択し、複数の業界リーダーと会い、この地域における刺激的な仕事について幅広い理解を得ました。トレックからの復帰は、コンサルティングと投資銀行へのインターン向け出願、中間試験、期末試験が数週間以内に行われる非常に多忙な期間の始まりでした。しかし、勤勉さは間違いなく報われます。 MBAを開始してからわずか3か月で、世界中各地で既に複数のインタビューを確保しており、これはIESEの素晴らしい支援体制がなければ実現できなかったと嬉しく思います。

IESEでの楽しいイベントや社交的なイベントについて話さずにこの投稿を終わらせるわけにはいきません。同級生の85%以上が留学生で構成されているため、誰もが新しい人々と出会い、有意義な関係を築こうとしています。 BoWs(Bar of the Week)、CoW(Comment of the Week)、チームディナー、セクションディナー、キャンパスに最後まで残っていたメンバーで実施する即席ディナー、ボードゲーム、スポーツ、ヨガ、サルサ、音楽など、IESEの皆のために何かしら常にあります。 IESEに入学することを決めたとき、私は国際的で緊密で協力的な共同体に参加することを知っていました(そう、それは誰もが話している決まり文句です)。私が知らなかったのは、この共同体の全員が他の学生を助けるために一歩踏み出していく、その程度についてでした。私の個人的な経験は、これを一層よく理解するのに役立ちます。キャンパスで最も切望されている就職先の1つの面接を受ける前に、私の同級生は既に面接を終えていました。彼女に面接について尋ねたとき、彼女は自身の経験について話しただけでなく、尋ねられた種類の質問とそれらにどのように準備するのが最善かを積極的に共有してくれました。彼女は私に、過去数年間に尋ねられた質問一式(彼女が自ら注意深く編集した一式)を送ってくれました。言うまでもなく、私は自分の後に面接している人々のために同じことをしました。ここには健全な競争しかありません。我々は全員ある意味で直接的なライバルですが、全員があなたにベストショットを与えて成功することを望んでいます!これは私が他で経験したことのないものであり、この素晴らしい共同体のメンバーであると誇りに思います。

IESEは私の期待を全てにおいて上回っており、毎日びっくりし続けています。 2学期に何が起こるかを見つつ、同級生と一緒に学び続けるのが待ち遠しいです! アプリカントの皆さん、最高の自分へと進化することを可能にする挑戦的で協力的な環境を探しているなら、もうこれ以上探す必要はありません! 来年お会いしましょう!