ジュネーブでのResponsible Business Trekからの学び

IESE MBA生の、世界的な問題に対する認識を高めるため、Responsible Business Club(RBC)は今月初めに、ジュネーブのSDGs(持続可能な開発目標)に関わるプレーヤーを訪問する最初のビジネストレックを開始しました。 UNHCR、UNICEF、WEF、IFRC、GAVI、The Global Fund、DNDi、WHO、WBCSD、DuPont Sustainable Solutions、Bamboo Capital Partners、AKDNなどの組織を訪問しました。原文(英語)はこちらをご覧ください。

SDGsは、国連総会によって2015年に設定されたすべてのより優れた、より持続可能な未来を達成するための青写真になるように設計された17のグローバル目標の集合体です。

我々は、貧困、不平等、気候変動、環境悪化、平和と正義に関連するものを含む世界的な課題に直面しています。気候変動は、21世紀の世界における最大の問題の1つです。 IFRCは、気候変動は世界中に影響を与える世界的な問題ですが、リソースが最も少ない人々は適応能力が最も低く、したがって最も脆弱だ、と共有してくれました。UNHCRのChristinaは、気候変動に追われた共同体が、飢餓や貧困など他の問題を引き起こすため、これらの課題は深く相互依存している、とコメントしました。

このように、インパクトとファイナンスの両方の観点から革新的なソリューションと持続可能なビジネスを求めている人々の幅広い動きがあります。 Bamboo Capital Partnersは、現在の資本主義に起因する問題を反映した世代の変化が、責任ある資本主義への主な原動力だ、と楽観的です。

 

 

RBCの目標は、全ての業界で善い行いをしながら良い成果を上げる機会があることを全員が理解できるようにすることです。ビジネスの観点から、本トレックからの3つの学びを以下に示します。

1. 考え方を変えて革新的な解決策を見出す
コアビジネスから持続可能性への移行はお金の無駄ではありません、むしろビジネスの機会を生み出します。それは全て「考え方」についてです。意思決定の過程で収益性を評価するという私たちの認識は、もはや短期的なものに焦点を絞るべきではありません。長期的な収益性と見なされる、社会的および環境的影響を含める必要があります。更に、長期的な収益性に基づいた評価は、企業のリスクと評価のマネジメントを改善することで、企業に利益をもたらします。 WBCSDのSDGsのディレクターは、「SDGsを達成することで、年間12兆ドルのビジネス価値を引き出すことができる」と考えています。

2. コミュニケーション、調整、コラボレーションの3つのCの関係性を強化する
コミュニケーションが増えると、各利害関係者が互いの視点や立場を理解するのに役立ちます。バリューチェーンに沿って各利害関係者を関与させることで、幅広い世界的な課題に取り組むことができます。 「移動を増えることで、将来の世代が人と文化の違いを受け入れ、理解するようになるでしょう」と、我々はAKDNから学びました。コミュニケーション、調整、コラボレーションの関係を強化する意志は、持続可能な開発目標を達成するための鍵となります。例えば、DNDiは、看過されがちな病気を解決するための民間セクターとの協力を円滑化させるべく、Open Synthesis Networkなどの各種オープンイノベーションプロジェクトを開始しました。DuPontは、AHEAD™などの持続可能性解決策に向けた最終製品を改善し続けるために、クライアントの生産過程にも従事しています。

3. 新しい体系的なモデルと測定を策定し、スケールアップする
ビジネスにおける持続可能性の役割は、慈善的役割から戦略形成へと進化し、今では統治に向かっています。したがって、ビジネスを実行する従来のシステムとアプローチを再構築する必要があります。 「長続きし、スケーラブルで、変革的であり、共有価値を生み出すパートナーシップモデルを構築することが重要です」とWEFは述べています。これは、共有資産を効果的に動員することにより、健康のための回復力があり持続可能なシステムを、Global Fundのパートナーが民間セクターと協力しつつ、どのように構築するかという点に見受けられます。 GAVIは、発展途上国の予防接種システムを近代化するためのイノベーションからオペレーションまでのバリューチェーンに沿った共有価値モデルパートナーシップと新しい資金調達方法も策定しました。

この新しい評価アプローチは、全体的な結果を監視すべく、財務面と環境および社会への影響の両方を評価するために必要です。たとえば、AKDNは、「Quality of Life」アプローチの影響を測定できるように、少なくとも10年の長期プログラムでのみ実施します。 Bamboo Capital Partnersは、投資ライフサイクル全体を通じて影響管理プロセスを作成し、組織のミッションとビジョンが適切に実装されていることを確認しています。

 

結論として、このトレックにより、IESE MBA生は、民間部門と公共部門がグローバルな問題と彼らが直面しているパートナーシップの課題に協力している理由と方法の全体像を理解することができました。 非常に目を見張る、実り多い経験でした。

次に、トレックから学んだことを広めるために、私たちが直面しているグローバルな課題、ビジネスの将来のリーダーとして私たちが気をつけなければならない理由、これらの課題に取り組む方法など、RBCは3月2-3日に別の刺激的なイベントをお届けします。 それが、2020年:第17回Doing Good Doing Well Conferenceです。 これはヨーロッパで最大の学生主導の持続可能性に関する年次会議です。 専門家から日々の課題や機会、そして彼らの仕事や組織が社会とどのように相互につながっているかについて、専門家から直接聞くユニークな機会があります。 詳細については、こちらをご覧ください。

One thought on “ジュネーブでのResponsible Business Trekからの学び

Comments are closed.