コンサルティングボードゲーム

 

IESE MBA Class of 2020のRene HyunとClaudio Bonifaz Cervettoは、コンサルティングとボードゲームへの関心を、他のMBA学生が面接の準備をするのに役立つツールにどのように統合したのでしょうか。この投稿では、彼らがIESEで2年目にThe Consulting Board Gameをどのように作ったかについて説明します。原文(英語)はこちらをご覧ください。

 

あなた達のバックグラウンドについて教えてください。

Rene: 私はロサンゼルス出身のアメリカ人で、韓国からの移民の両親によって育てられ、奉仕の価値を教え、若い頃からそれを実践していました。父は米軍に勤務し、プロフェッショナルとしての職歴の殆どで医療に従事し、母はロサンゼルスの地域社会への奉仕に積極的に従事していました。私は、海洋工学の学士号を取得した後、リーダーとして成長し、世界を見て、祖国に奉仕する機会のために、米国海軍に入隊しました。 9年後、出会った人達に感化され、IESEに入学することにしました。 IESEの人々は非常に地に足がついていて、親しみやすく、他者に尽くし、社会に価値を生み出すという使命に駆られています。

Claudio:私はペルー・イタリア人です。子供の頃から、数学と論理を楽しんだり、デザインを楽しんだりしていたため、在学中にボードゲームのコンセプトを作成するようになりました。産業工学を勉強しています。なぜなら、ビジネス上の学びにより、自分のスキルにレバレッジを効かせることができるからです。学位を取得した後、リテールバンキング業界で調達に従事し、 Pontificia Universidad Catolica del Peruで教えています。MBAを取得して、日常の活動では触れられなかったスキルを学び、ペルーのエコシステムの中だけでなく世界中の人々から学ぶことにしました。 IESEは欧州での強い地位と多様性から、私にぴったりでした。

 

コンサルティングボードゲームを作成するに至った流れや背景は何だったのでしょうか。そして、これはどんなゲームなのでしょうか。

コンサルティングボードゲームは、ケースインタビューの初期段階の準備ツールです。 3つの主なメリットは次のとおりです。(1)ブレーンストーミングや構造化など、ケースインタビューの特定の領域でスキルを開発する、(2)回答についてフィードバックを送受信して他のユーザーとやり取りする、(3)スキルを向上させながら楽しい時間を過ごす。

オリジナルのボードゲーム「Monopoly」に刺激を受けてこれを作成しました。ある日、ClaundioはIESEボードゲームクラブに関するソーシャルメディア上の最初の投稿のためにReneにインタビューし、Reneは自分のお気に入りのボードゲームを「Monopoly」と共有しました。キャッシュフローを管理し、市場シェアを獲得するための戦略を策定することで、コンサルティングインタビューの準備に役立つからです(冗談です…)。我々はこのソーシャルメディアの投稿を楽しんでいましたが、ケースインタビューの準備をコンサルティングするための特別なボードゲームがないのかと疑問に思い、仮説を立てました。それは、ボードゲーム形式は、基本的なケースインタビュースキルを学習する効果的なアプローチであり、コラボレーションと前向きな体験も促進するのではないか、というものでした。

このボードゲームを作成してきてこれまでの経験はどうでしたか。共有できる学びは何かありますか。

コンサルティングボードゲームを作成したのは、IESEの最終学期中でした。最初のアプローチは、MVP(Minimum Viable Product)を作成するという最初の目標を達成するのに役立つ構造を(ケースインタビューで行うように)開発することでした。 IESEで他にも多くの活動が行われていることも認識していたため、メンターシップを受けてプロジェクトを順調に進めるために、独立研究プロジェクト(ISP)に参加しました。

(紙の切り抜きと色のペンを使用して)物理的な形のコンサルティングボードゲームの最初のバージョンを作成した後、クラスメートとゲームをテストし、製品の多くの欠点を特定しました。多くの人から相反するフィードバックがあり、製品の有用性について多くの疑問がありました。迅速な反復を続けることを決定し、v2を作成し、テストしてフィードバックを受け取ってから、再びv3を作成し、このサイクルを繰り返しました。約v20に達するまでこれを行い、100以上のMBA生からテストの上でフィードバックを受け取りました。

その後、突然、新型コロナウィルスが原因で製品のテストを続行できなくなりました。そのとき、我々はアプローチを転換して、デジタル版のコンサルティングボードゲームに取り組み始めました。コンサルティングボードゲームを少なくとも暫くの間は対面で行えないことが明らかだったため、MVP(現在はデジタル)を作成するという最初の目標が達成されるまで、デジタル製品をさらにテストしました。 2020年8月に、IESEキャリアディベロップメントセンター、コンサルティングクラブ、及びBCGが共同で主催する形でIESE MBA Class of 2022に対し「サマープログラム」を主催しました。それには(1)ローンチ、(2)ビルドアップ、(3 )バーチャルトーナメント、という3つの段階がありました。 100人を超えるMBAの学生が登録し、最近仮想トーナメントを完了して、上位10組のファイナリストに賞を授与しました。

我々の主な学びは次の通りです。

私たちの主な学習:

  • 早い段階で頻繁にフィードバックを求める:「秘密を明かす」ことや、ビジネスアイデアを「保護する」ことについて心配する必要はありません。ビジネスアイデアは、できるだけ多くの顧客からフィードバックを共有して受け取ることによってのみ改善できることがわかりました。顧客の最大の痛みや問題を見つけ、それを解決すべきです。
  • 「前向きにポジディブに」の視点を持つ:途中で多くの肯定的なフィードバックを受け取りましたが、実際には否定的で思いがけないフィードバックを一層多く受け取りました。建設的な方法で全ての批判を受け入れますが、あなたが何かを「できない」と誰にも言わせないでください。外に出て、試して、失敗して、改善を続けてください。
  • 持続可能な方法で自分を管理する:我々2人は、コンサルティングボードゲーム以外にも多くのコミットメントがありました。また、対立する優先順位や、学業、社会活動、ボランティア活動、副プロジェクトなど、他の活動との両立が困難であることが多かったです。毎週時間を見つけて自分のことを気にかけ、身体的、精神的、そして精神的なバランスを再調整しましょう。

短期間で多くのことを達成しましたね。今振り返って、こうすれば良かったと反省していることはありますか。

コンサルティングボードゲームのMVPをより早く販売すべきだったかもしれません。 8か月経過後、デジタル製品を最初の顧客に販売し、その経験から多くを学びました。 「お客様の製品」の構築に製品開発に再び焦点を当て、「私たちの製品」または「私たちが」構築することが重要だと思った製品に夢中にならないようにすることは、非常に役立つプロセスでした。 早い段階で頻繁に販売することは、顧客中心になり、彼らのニーズを理解し、真に価値のあるものを作成するのに役立ちます。

 

このプロジェクトの実践にあたりIESEのリソースをどのように活用しましたか。

IESEは、(1)ISP、(2)SEE 、(3)MBAコミュニティの3つの方法で支援してくれました。既に、ISPでのポジティブな経験と、まずは始めることの価値について述べました。 2020年5月にMBAを取得した後、現在の学生と一緒にSummer Entrepreneurship Experience(SEE)に登録し、夏の間多くの建設的な批評とフィードバックを受けました。実際、私たちのビジネスモデルに指摘をして、何度も私たちと向き合っい、最終的に私たちの旅の早い段階で成功した販売成果に繋ぐように導いてくれたのは、SEE教授の1人でありました。この経験と他のSEE参加者から貴重な洞察を得て、ビジネスモデルをさらに発展させることができました。

当然、MBAコミュニティは私たちの成功に不可欠でした! MBA Class of 2020と2021の両方の仲間たちから圧倒的なサポートを受けました。最初のアイデアから設計、テスト、反復プロセスまで、MBAコミュニティなくして目標を達成することはできませんでした。本当にIESEの最も特別な部分の1つは、MBAコミュニティと、お互いの発展を見たいと切望している人々です。

 

これまでの成功、おめでとうございます。今後の本プロジェクトの短期的・長期的計画について教えてください。

最近、IESE MBA Class of 2022のサマープログラムを成功裏に完了したので、次のステップは、(1)製品開発、(2)販売および事業開発、(3)パートナーシップの構築に焦点を当てることです。我々はまだスタートアップの非常に早い段階にあり、成長する機会を探しています。我々との提携に興味がある場合は、LinkedInで連絡するか、info @ consultingboardgame.comまでご連絡ください。皆さんと一緒にブレインストーミングを行い、教育用ゲームの将来の役割と、それをどのように使用して就職活動の成果へ繋げる流れを大衆にとってのものにすることができるかを定義したいと思います。

長期的には、就職活動の準備とゲームの交差点にコミュニティを作成し、メンバーがコラボレーションと相互支援を通じて繁栄することを望んでいます。希望する会社で就職することは、Hunger Gamesのようなものではなく、Saving Private Ryanのようなものである必要があります。我々は一緒にこの中にいて、お互いを鼓舞して一緒に立ち上がっていきたいと思います。我々とパートナーシップを組んでください。我々は、喜びをもたらし、情熱を持って生活し、価値を生み出し、共に歩む未来のコミュニティを構築したいと考えています。

 

素晴らしい計画だと思いますし、その哲学が見事です。最後に、意欲的なMBA生やコンサルタントに何かアドバイスはありますか。

就職活動の準備開始時にコンサルティングボードゲームをプレイしましょう。 中間段階への移行を成功させるための経験と訓練を提供します。 当社の製品は、キャリアディベロップメントセンターとコンサルティングクラブから受けるサポートを補足する、就職活動の準備の旅の入門書です(必ずコンサルティングクラブに参加してください!)。 個人的な経験から、コンサルティングの採用は困難であり、時には残忍なこともありますが、実際にはトップ企業に入るためには幸運である必要があります。 しかし、「準備していることによって機会と巡り合うという幸運が起こる」と覚えておいてください。 旅の成功をお祈りします!