私のMBAを形成した5つのC(Disha Widge, MBA Class of 2021)

MBA Class of 2021のDisha Widgeが寄稿しました。原文(英語)は、こちらをご覧ください。彼女は香港出身で、ヨーク大学を卒業し、経済学と政治学の学士号を取得した後、5年間広報の仕事に従事しました。IESEのMBA期間中、彼女はロンドンのMcKinsey & Companyで夏のインターンシップを行い、秋にはフルタイムで入社する予定です。

 

 

この19ヶ月間は、まるで夢を早送りしたようだったと言っても過言ではありません。

私は何十人もの友人を作り、何百ものケースを読み、100万もの思い出を作りました。

喪失感、成功、孤独感、幸福感を、時には1日のうちに経験しました。

バルセロナの最高の状態、暴動の最中、完全に閉鎖された状態を見たこともあります。

世界的なパンデミックの最中にもかかわらず、(どういうわけか)3つの大陸を旅しました。

言いたいことは、MBA期間中に退屈な時間はないということです。

むしろ、様々な方向に引っ張られることになり、全てをこなすことは不可能なので、これまで以上に早く優先順位をつけることを学ぶことになるでしょう(だからFOMOは無視するようにしてください!)。

私の旅を振り返り、常に存在するマーケティングの5つのCを応用して、私の変化に富んだIESEでの経験の柱であるコラボレーション、コミュニケーション、コミュニティ、キャリア、カルチャーを紹介したいと思います。

 


コラボレーション

私がIESEを選んだ主な理由の一つは、ケーススタディー方式とチームワークに対するアプローチで、9人の多様なチームを作り、1年目の全期間を一緒に働かなければならないというものでした。

優先順位や関心事、仕事のスタイルが異なる8人の仲間と毎日一緒に仕事をするという経験は、まさにジェットコースターのようでした。

また、チームの仲が良かったのは本当に幸運でしたが、シチュエーションコメディが書けるほどのドラマもありました。

勉強面ではチームから多くのことを学びましたが、チームワークの面では次の3つが収穫でした。

  • 難しい会話を避けてはいけません。問題を早期に解決することで、対立の芽を摘むことができます。
  • 妥協して適応することは、望ましいだけでなく不可欠です。
  • 聞くことは過小評価されているだけでなく、難しいことでもあります。忍耐強く、判断を保留し、お互いのアイデアを積み重ねていきましょう。

 


コミュニケーション

コミュニケーションは、MBA取得前にPRやマーケティングの仕事で身につけたソフトスキルですが、その価値を真に理解したのはMBAの旅に乗り出してからでした。

入学試験用のエッセイを書いたり、STARフォーマットの履歴書の箇条書きを作成したり、仲間の前で話をしたり、面接で自分の仕事の経験を話したりと、コミュニケーションはビジネススクールやビジネスの世界では欠かせない要素です。

IESEでは、必修科目、選択科目、そしてコミュニケーションを専門とするクラブを設け、必要なスキルを身につけられるようにしています。

時間の無駄のように思えるかもしれませんが、本必修科目の期間中に努力し、人前で話す機会を作り、個人的にも仕事上でもより良い関係を築くために、学んだことを生活の中で応用してください。

 


コミュニティ

「IESEでは、あなたの仲間を見つけることができます。」

テレビに夢中になっている友人から、バルセロナのバーにできるだけ多く行きたいと思っている友人まで。

日の出までパーティーをする人から、ワインを飲みながら親密にゲームをする人まで。

どんな雰囲気の人でも、仲間を見つけることができます。

真の多様性を育むのに十分な大きさでありながら、クラスメート全員と交わる機会を逃さないほどの小ささです。

IESEの強力で包括的なコミュニティは、ランキングやGMATスコアよりも価値や社会的影響を重視しており、これも私にとって魅力的な側面でした。

大多数の人が「恩返し」の力を信じている環境に身を置くことは、やりがいがあり刺激になります。

1年生を支援するために時間とエネルギーを費やすといった身近なことから、国境を越えて新型コロナウィルス感染リスクの高い国のために募金活動を行うといったことまで、学生やクラブは常に社会を助けるために活動しています。


キャリア

職務、業界、地域の変更という悪名高い三段跳びを実現するための特効薬や保証はないということを覚えておいてください。

しかし、次のようなステップを踏むことで、私は正しいスタートを切ることができました。

まずは、自分が何をしたいのかを知ることです。

応募の段階で「なぜMBAなのか」を真剣に考えることで、焦点を絞り、コンサルティングという最終目標とは関係のない採用イベントやインターンシップなど、気が散るものを避けることができました。

プランAとプランBを用意しておかないと、自分を広げすぎてしまう危険性があるからです。

次に、支援体制を活用することです。

キャリアディベロップメントセンター(CDC)、プロフェッショナルクラブ、IESEの卒業生ネットワークなど、就職活動を支援する体制が整っているので、必ず活用してください。

私の場合、コンサルティングクラブとCDCは、構造と情報の素晴らしい源でした。

責任を負い、定期的に模擬面接を一緒に行う仲間を見つけることも役に立ちました。

時間をかけてください、努力に勝るものはありません。

関連するセッションに出席し、下調べをして、早めにスタートし、必要な犠牲を払いましょう。

最終的には、あなたの人生、あなたの夢、そしてそれを実現する責任はあなたにあります。

 


カルチャー

IESEのカルチャー面での効果は3つあります。

第一に、チーム、セクショングループ、様々なメンター/バディプログラムに見られるように、協力的な校風があります。

第二に、MBAには多様性があるので、ディワリやマルチカルチのような素晴らしいイベントを楽しみ、世界中に友達を作ることができます。

第三に、スペイン語を学び、バルセロナの素晴らしいライフスタイルを楽しむ機会があることです。

ビーチ、山、ショップ、バーがすぐ近くにあり、シエスタは誰にでもできることです(1年生を除く)。

 

結局のところ、MBAの本質は(気を引き締めて、もう一つの言葉が出てきました!)「コミットメント」です。

自分の道を見つけ、自分の長所と短所を知り、チャンスを最大限に生かすことに専念してください。