卒業生の活躍:Madhur Srivastava(MBA Class of 2007)

 

2007年に IESE MBAを卒業し、DocHQ Limitedの創業者兼CEOとして活躍するMadhur Srivastavaが、卒業後の軌跡とIESEが人生に与えた影響について語りました。原文はこちらをご覧ください。

 

あなた自身とここに至るまでの軌跡を教えてください。

私はDocHQ Limitedの創業者兼CEOです。DocHQLimitedは、安全でスケーラブルなテクノロジーを使用して患者中心のヘルスケアおよびヘルス情報へのグローバルアクセスを提供することを使命とするヘルスケアテックの会社です。

約20年テクノロジー分野で働いて、テクノロジーの新興企業を立ち上げた後も、クリエイティブなスキルと技術的なスキルで複雑な問題を解決することを楽しんでいます。 私は熱心な学習者であり、最も革新的なベンチャーやプロジェクトのいくつかに関わる中で大規模に変化をもたらすソリューションを見つけることに情熱を持っています。

私はMahindra BT、British Telecom、L.E.K Consulting、およびSolera Incで勤務経験があり、Madbid.com、Ywait、DocHQなどの会社を設立しました。

インドのNITで化学工学の学士号を、IESEでMBAを取得しています。

 

IESE MBAはあなたのキャリアにおいてどのような役割を果たしましたか。MBAの経験から、リーダーシップやビジネスに対する見方が変わったことはありますか。

IESE MBAは、卒業生、支援と助言を提供する時間を見つけてくれる教授、同級生、インターン生を通じて、今日でも私のキャリアに影響を与えています。 最近、Mike Rosenberg教授は、私の会社の戦略面について助言してくれるだけでなく、ポッドキャストシリーズの手助けもしてくれました。 IESEの卒業生は私と話をするのに時間を割いてくれ、これまで働いたことのない業界や業界の紹介において支援を拡張してくれました。

私は、IESEで起業家精神に目覚めました。IESEを卒業して以来、常に最も革新的なプロジェクトに取り組んできたことを嬉しく思います。 起業家精神とやればできるという態度は、常に私を助けてきました。

 

起業家精神に満ちたここまでの旅はどのようなものでしたか。DocHQを始めたきっかけは何ですか。共有できるハイライトはどのような点でしょうか。

インドに、そして後にイギリスに住んでいた際、人々は自分の健康をコントロールすることができておらず本当の選択肢がないといつも感じていました。人口の高齢化とヘルスケアへの圧力の増大に伴い、テクノロジーがこれらの問題の緩和に役立つと感じました。また、医療業界はディスラプション間際だと思います。

ビジネスプランの作成を始めたとき、私はヘルスケア内のニッチな領域に焦点を当てる必要があることにすぐに気付き、すぐにトラベルヘルスが、テクノロジーの使用が大きな影響を与えることができるセグメントの1つであることがわかりました。また、旅行保険分野のIESEの卒業生も製品の開発を手伝ってくれました。

DocHQは私の3番目のベンチャーですが、私の最も満足のいくプロジェクトにはまだ巡り合っていません。 2008年にMadBidを立ち上げたときは成功したと思いますが、DocHQは人と社会に真の価値をもたらす製品を開発している場所だと感じています。

ハイライトについては、新型コロナウィルス管理ソリューションをリリースするために作成したピボットを非常に誇りに思っています。そして先週、世界初のオンライン医薬品チェッカーを発売しました。これは、海外渡航中の方が合法的に医薬品を所持しているか確認できる商品です。

 

過去数ヶ月は、特に起業家として、骨の折れるものであったに違いありません。 新型コロナウィルスにより個人的及びプロフェッショナルとしてどのような影響を受けましたか。事業への影響はいかがでしたか。

新型コロナウィルスは、人類全体と私の家族に個人的に影響を与えました。我々は何人かの親友を失い、個人的にも時折ストレスがたまっていました。 2歳の子供が自宅で親友を抱き締めることができない理由を説明するのは、大変でした。遊ぶための全てが提供されることを期待する娘がいる自宅でスタートアップを経営するのも一苦労でした。

英国が閉鎖される1か月前に旅行用製品を発売しました。その時期は我々にとって最も厳しい時期の1つでした。現金を節約してコストを削減するか、または我々が保有する資産を活用する別の手段を見つける必要がありました。友人で元MadBidの創設者と協力してピボットを開発できたのは幸運だったと思います。私たちは、会社員の健康リスクを管理して人事に提案を行うためのSoftware as a Service製品として唯一のツールの1つであるKlarityを作成しました。

 

Klarityについてもう少し詳しく教えてください。具体的には関連する計画と野心についてです。

Klarityは、健康リスク管理ツールであり、人工知能を使用して、企業の従業員のリスクスコアと、新型コロナウィルスに感染した場合のリスクの程度を特定します。リスクスコア、定期的な症状の監視、従業員の作業計画を、多様な新型コロナウィルステストや、雇用主と企業が従業員を安全かつ倫理的な方法で回復できるようにするテスト方式と結びつけます。

Klarityは欧州全体のソリューションであり、新型コロナウィルスソリューションの推奨供給元としてAONと提携しました。現在、欧州全土のクライアント向けのソリューションを設計しています。我々は、機械学習とランダム化されたテストを組み合わせて、テストのコストを削減しつつ、特定地域での新型コロナウィルスの拡大をできる限り早期に止めている唯一の企業の1つです。

AONのような企業と一層多く提携し、既存のネットワークを使用してソリューションを提供する予定です。長期的には旅行ヘルスケア製品を再開したいと思いますが、今のところ、私たちの焦点は新型コロナウィルスに対する戦いです。

 

貴重なツールのように思えます。企業がパンデミックに対処するためのソリューションをピボットして作成できるようになったことは素晴らしいことです。 最後に、IESE MBAの志願者または現在のIESEの学生に対するアドバイスはありますか?

IESE MBAの旅を終えた時、多くの在校生と同じように、金融危機が近づいていたことから、キャリアを難しい時期に開始させました。 私の助言は、諦めない、インターンシップやパートタイムの仕事をする、スタートアップを支援する、ボランティア活動をする、または自身の会社を立ち上げることですが、とにかく、続けてください。 出会い、助け、共に仕事をする全ての人が機会となり、この状況から学びことになるでしょう。