卒業生の活躍:Yashar Faranjani(MBA Class of 2019)

 

IESE MBA Class of 2019卒のYashar FaranjaniがBUSINESSBECAUSEの記事に取り上げられました。原文(英語)はこちらをご覧ください。

 

Yashar(Yash)Faranjaniは、バルセロナのIESE Business SchoolでMBAを取得した後、フルタイムで立ち上げたヘルステックスタートアップSmiletronixの共同設立者兼CEOです。

彼のスタートアップは、歯科医療へのアクセシビリティの問題に取り組んでいます。Yashが考えを編み出す数年前の2014年の米国の家計の経済的幸福に関する連邦準備制度報告書の回答者の4分の1は、過去12か月間は財政的理由で歯医者に行ったことがないと述べています。

朝の仕事の準備をしている間に簡単な歯科検診をすることができ、時間を制御して(制御されるのではなく)、笑顔を見るために大金を費やす必要のない世界を想像してください。 Smiletronixは、ユーザーが10秒間口に入れるデバイスと組み合わされたアプリです。彼らの歯を画像化し、データをアプリに送り返します。

その後、健康報告書とスコアを受け取ります。着想は、初期の歯の問題を特定し、ユーザーに歯科医に行くべきであることを知らせる早期警告システムを設計することでした。パイプラインの早い段階で問題を認知することで、コストを節約し、痛みを軽減し、後で長期にわたる治療を行うことができます。

Yashは2018年にIESEを卒業してからフルタイムで業務に携わり、2019年10月、米国にてMetLife Digital Accelerator Powered by Techstarsにノミネートされました。この 13週間のアクセラレータは、ベンチャー企業のビジネスを加速させるために、スタートアップにメンターシップを提供します。

 

IESE Business Schoolへの道のり

Yashは分子生物学を学部レベルで研究していましたが、研究室で仕事をしたくないとすぐに気付きました。そのとき、彼はマンチェスター大学でビジネス側に集中することを決め、科学、技術、イノベーションのマネジメントに関わる修士号を取得しました。

その後、起業に挑戦する前に家電関連の会社に勤めました。起業は最終的に失敗しましたが、将来のスタートアップの成功に向けた正しい方向への一歩でした。

Yashはその後5年間、叔父のビジネスである電気通信のコンサルタントとして働いていました。当初、顧客関係とビジネス開発の間の均衡を担うべく、一時的にそこで働くことを想定していました。しかし、結局、ビジネス開発チームと社内のオペレーションのチームを率いることとなりました。

他方、先に進み、新しいキャリアを築き始めたいとYashは考えるようになりました。彼が探していた多くの仕事には、追加の資格、たとえばCFAまたはMBAが必要でした。結果、後者を決定し、市場調査を開始しました。

当初、米国MBAに目を向けていましたが、IESEのキャンパスを訪れて授業を見学した後、彼の心は固まりました。

「ケーススタディの方法論を心底楽しんだ」と説明します。 「キャンパスと出会った人たちが大好きだったので、IESEは私のお気に入りとして急浮上しました。特に欧州での費用と米国での費用を比較すると、米国という選択肢はもはや大きな魅力ではありませんでした。

 

起業家になること

Yashは、MBAの直後に何かを立ち上げる計画は決してなかったと説明します。Entrepreneurship ClubとImpact Investment Clubに参加しましたが、構想としては、卒業して3年から5年働き、別のスタートアップに挑戦するというものでした。

しかし、IESE MBAの1年目、既にSmiletronixの発想自体は持ち合わせていました。 IESEでのMBAの授業料が歯科をはじめとする無料の医療費を含んでいたにもかかわらず、10か月ほど、歯科医を受診していませんでした。

「費用の問題ではなく、時間の問題でした」と言います。 「『口内の健康状態がどうなっているか、携帯電話が教えてくれることはないのだろうか』と自問自答しました。それが着想のきっかけとなりました。」

米国の医療機器技術者である同級生にこの着想を売り込んだところ、彼はそれを気に入って前のめりになりました。 2年目には授業でのプロジェクトになり、MBAの選択科目であるNew Ventureでは、事業案の検証、実験、開発に3か月を費やしました。

事業に対する基本的なアプローチは、彼のそれまでの成長に基づいており、人々を助け、世界をより良い場所にするためのビジネスを中心に展開しています。たとえ自分の幸せを犠牲にすることを意味するとしても、両親、叔母、叔父がどんな形であれ他の人を助けるような生き方をしているのを見てきたと言います。

IESE MBAが非常に適していたのはそのためです。IESEの「Doing Good Doing Well」は、企業が社会と相互接続する課題に取り組むことを目的とした毎年恒例の会議体であり、彼に大きな影響を与えました。

「それが従業員との向き合い方や事業へのアプローチに最大の影響を与えたと思います。」

MBAの後、本事業構想にフルタイムで取り組む必要があることが明らかになりました。歯科医と別のMBA同級生にもパートタイムで働いてもらい、事業に取り組んできました。

 

起業家への教訓

Yashが最初に事業を立ち上げたとき、まだ22歳でした。彼は、事業を運営する方法についての知識がなく、営業技術は洗練されていなかったと言います。 「それが最終的に失敗した理由だと思います」と付け加えます。

その後、彼の叔父の事業のおかげもあり、最終的に数年後Smiletronixを設立する事業家への道のりが見えてきました。

「人々と交流する方法、販売する方法、協力関係を構築する方法を教えてくれました」とYashは回想します。

MBAのおかげで、スキルセットを強化し、意思決定、運用、および財務モデリングについて学ぶことができました。 IESEには、Analysis Business Problem(ABP)と呼ばれる授業もあります。この授業は、学生に多数のケーススタディを示し、コンサルタントのように考えるように教えます。リスクを最小限に抑えつつ、事業上の重要な意思決定(起業家にとって重要な要素)をどのように下すかを学びます。

これらの全てのおかげで、資金調達が成功した場合に歯科医療へのアプローチ方法を変える可能性のあるビジネスに至りました。Yashは昨年末に米国で旅をしていました。休憩なしの旅と資金調達により、彼は生まれたばかりの起業家としての生活を垣間見ることができました。

2020年夏までに製品を市場に投入することを目指しており、100万ドルの資金調達目標を持っていると彼は言います。すべてが計画通りに進んだ場合、より安く、より手頃な歯科治療が現実になる可能性があります。