ソーシャルインパクトに関わる新規選択科目

原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

Joan Jané教授が考えるように、IESEのMBAプログラムは、社会的影響に焦点を当てたコンサルティングに関わる科目や経験を求める学生の間で高まる熱気を一層盛り上げ、それに応えることに長年優れてきました。しかし、プログラムに欠けていたのは、責任あるビジネスリーダーを形成する上での学校の様々な強みを統一された全体として提示するコースでした。

Joan Jané教授は、「(独立研究プロジェクト(ISP)やその他のイニシアチブを通じて得られる)学生の個人的な学習経験は素晴らしいものでした。 しかし、プロジェクト間の相乗効果を改善できること、そして学生がソーシャルインパクトコンサルティングの一貫したフレームワークを欠いていることに気づきました。」と指摘します。

それを踏まえ、Joan Jané教授は新しい選択科目である「ソーシャルインパクトコンサルティング」を設計しました。この科目では、社会を改善する「希少な資源を有意義な投資に変換するためのツールと体験学習」を提供するという共通の目標を持って、部門を超えた教員ラインナップを揃えました。

1月から始まり4月にかけて開講される初年度では、17カ国を代表する21人の学生が参加しました。企業、非営利団体、投資家が、投資、持続可能な開発、ソーシャルデザイン思考、社会的パフォーマンスの正確な測定等を通じて、正の社会的影響を増幅していく、それを学生が支援する経験を積むことに繋がります。

 


教室から会議室へ

教室での議論は、 Joan Jané教授、Inés Alegre教授、Pascual Berrone教授、Romain Boulongne教授、Fabrizio Ferraro教授、Joaquim Vilá教授、及びベイン・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、マッキンゼーの著名な影響コンサルタントらが主導します。このコースのもう1つの重要な要素は、AB InBev、Coca-Cola、Micro Caixa、Pebble、SGS、Shareの6つの主要ビジネスにおける学生によるコンサルティングプロジェクトです。

Joan Jané教授は、「このコースの実験的学習は、社会的影響に関する深層学習と、ビジネス慣行への取り組み方を理解するための根本になると信じています。 我々には、健康、持続可能性、不平等、教育、社会統合に取り組む様々なプロボノコンサルティングプロジェクトがあります。」と指摘します。

特に社会的影響の理想を日常のビジネス行動に変換する際に発生する可能性のある困難を踏まえ、学生はコンサルティングプロジェクトに対するJoan Jané教授の熱意を共有しています。

Femi Adesanya(MBA Class of 2021)は、「教授とプロジェクトは、社会的影響の理論的側面と実践的側面についての疑問に対処する際に役立ちました。コンサルティングプロジェクトは、クラス学習と実際の現場の間に架け橋を作り、他の方法では不可能だった実行について学ぶ機会も与えてくれます。」と述べます。

Nana Gabadze (MBA Class of 2021)にとって、コンサルティングプロジェクトの多様な目的と授業でカバーされる様々な主題は、それ以上のものが考えにくいほどの完全なパッケージを提供するため、「このコースは、特にソーシャルインパクトの重要性が日々高まっていることを踏まえると、全てのマネージャーが所有する必要のあるタイプのツールキットを学生に提供していると思います。」と指摘しています。

 


使命を持ったプログラム

「ソーシャルインパクトコンサルティング」の授業は、MBAの学生に責任あるビジネス慣行に関する新しい視点を提供しますが、奉仕志向のビジネスリーダーを教育するというIESEの包括的な使命に沿った既存のMBAプログラムの学術的な提供内容やイニシアチブとも一致します。

Joan Jané教授は、「IESEの使命は、人々、企業、社会に深く、前向きで、永続的な影響を与えるよう努めるリーダーを育成することです。そして、一層多くの組織が、ビジネス上の意思決定にソーシャルインパクトの基準を統合できる強力なリーダーを求めています。」と述べます。

Janéは、ケースメソッドの議論は、分野に関係なく、倫理的、社会的、環境的懸念に触れていると述べています。カリキュラムの具体的なコースには、インパクト投資、持続可能性、社会起業家精神が含まれます。1月に同様に開講した別の新規選択科目である「資本主義の未来」は、学生に現在のビジネスの状態を批判的に観察し、リーダーシップがより良い未来を生み出す方法を探求する機会を提供し始めました。

責任あるビジネスクラブの共同部長であるGabriel Gage(MBA Class of 2021)は、「ソーシャルインパクトコンサルティング」の授業は、持続可能性に関わるその他の需要や、責任あるビジネスクラブやソーシャルアクションクラブなどのIESE学生のグループの活動を完全に補完すると述べています。

Gabriel Gageは、「この授業では、社会的行動が環境的または経済的行動とどのように異なるかを理解することができます。 倫理的なビジネスを行う方法について多くを学びますが、クライアントの仕事を通じて自分自身に挑戦すると同時に、グループワークを通じてのパートタイムの仕事から単位を獲得する機会は貴重なものです。」と指摘します。