IESE MBAからの3つの学び(Lanan Zhang、MBA Class of 2021)

 

Lanan ZhangとSilvia Cong Wuは、カップルとして一緒にIESEでMBAを2021年に卒業しました。彼らはどのようにしてMBA生活とMBA卒業後のキャリアを構築していったのでしょうか?この記事では、Lananが学んだことを紹介します。原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

2021年3月のある日の午後、バルセロナはまだ少し肌寒かったです。パートナーでありIESEのクラスメートでもあるSilviaと私は、スーパーマーケットから家に着いたばかりでした。冷蔵庫を開けようとしたとき、突然、ポケットの中の携帯電話の振動を感じました。それはベルギーの番号でした。「取って!」 Silviaが「Louiseに違いないわ」と言いました。そう、それは私の面接を担当していた人事部のLouiseでした。電話の向こうでLouiseは、「他の面接官と相談した結果、あなたを当社のチームに迎え入れたいと思います。近日中にオファーの詳細をメールでお送りします」と言いました。電話を切った後、私はSilviaにベアハグをしました。「そうだ、私たちはもうすぐ同僚になるんだ!」

その電話により、別の電話のことを思い出しました。それは、2019年3月の某午後、武漢にいた時でした。急に暖かくなったかと思うと、また寒くなってきました。ジムからの帰り道、中国に拠点を置くIESE入学審査委員会のアソシエイトディレクターであるDr. Dongmei Songからメッセージを受け取りました。まず、前日に届いたIESEからのオファーを祝福してくれたのですが、その後、彼女は別の話題に切り替え、「IESEからのオファーが自分にとって正しい選択肢かどうかわからず、オファーを受けるのをためらっていると聞きました。IESEで学ぶことは、自分を成長させる良い機会になるでしょう。更に、IESEの文化はとても家族的で、愛する人と一緒にIESEでの2年間を過ごせば、素晴らしい経験になるでしょう」と言いました。

2年後、私はようやくDr. Dongmei Songが話してくれたことを理解できた気がしました。同級生の話を聞いていると、「自分の居心地の良い場所から飛び出して、自分自身を向上させるための機会が無数にあるから、MBAは変化のプロセスだ」と誰もが言っています。この言葉はほとんど陳腐に聞こえます。しかし、私自身がこの旅を経験した後、人それぞれやり方は違うものの、私たちは確かに変革のプロセスを経験したのだと理解しました。私の場合は、IESEのパートナーと一緒にMBAの学位を取得したことで、3つの部分で構成される変革がもたらされました。

 

 


第1部:対立とコミュニケーション

IESEでMBAを取得し始めたとき、私は学業の負担、キャリアチェンジの準備、文化的な適応に対処しなければなりませんでした。そして、そのストレスがパートナーとの関係を悪化させました。二人ともストレスを感じていましたが、お互いに気持ちを共有することはありませんでした。私は以前、自分で決めた選択にストレスを感じるのはダサいと思っていました。

ある夜、Silviaと私の間に喧嘩が起こりました。それまでの私は、争いを避けるために、黙って世間から身を隠していました。しかし、その日、私は突然、前週のチームビルディングのクラスでのフィードバックを思い出しました。それは、対立を避ける姿勢が対立を更に悪化させているというものでした。私は心を落ち着かせて、この問題について自分の考えを共有し始めました。そして、自分の気持ちや過去数カ月間のストレスについて深く話し合いました。それからは、ネガティブな感情を共有することにオープンになりました。私は、オープンなコミュニケーションによって自分の弱さを見せることは、自分のイメージを損なうものではないと考えるようになりました。むしろ、それがパワーの源になるのです。

コミュニケーションを学んだことは、私の家族関係にも有益でしたし、新しい土地での現在の仕事にも役立っています。ベルギーで新しい文化に適応するのに問題はありませんでした。IESEは、多様な環境でコミュニケーションスキルを磨くための素晴らしい機会を提供してくれました。IESEでは、異なる文化や背景を持つチームメイトと密接に仕事をしなければなりませんでした。誰も正式な権限を持っていないので、コミュニケーションを通して協調することになりました。今、仕事の世界に話を戻すと、ベルギーという国を訪れたことがなかったながら、会社でのコミュニケーションはそれほど難しくないように思えます。

 


第2部:自分を知ること

MBAの旅から得られたもう一つの重要な収穫は、Silvia と私が自分自身とお互いをよりよく知ることができたことです。IESEでの毎日の学習は、様々な目標を追求する際に自分自身に「私は誰なのか?私にとって何が重要なのか?」という2つの質問をしなければならなかったことから来ています。

それに加えて、IESEコーチング・ユニットのアカデミック・ディレクターであるAlberto Ribera教授が教えるPERSOI(Personality, Self-leadership, and Happiness)というコースからも多くを学びました。コースの最初に、自分自身をよりよく理解するために性格診断を行いました。その後、教授と1対1のコーチングセッションを行い、自己改善の目標を設定し、自己管理と自己改善のためのツールについて学びました。

その一つがピアコーチングです。私のバディと一緒に、週に一度、その週に学んだことや反省点について話し合い、お互いにフィードバックをしました。Silviaと私にもそれぞれバディがいましたが、お互いに非公式のコーチングセッションを行いました。コーチングセッションでは、私たちは親しい関係からいつの間にか離れ、代わりにお互いを観察する2人の個人になりました。一歩下がって、お互いに解決策を提示するのではなく、相手の話を聞き、相手のアイデアを引き出すことに集中しました。このコーチングによって、私たちの関係におけるギブ・アンド・テイクについて、新たな視点が得られました。

 


第3部:人生の目標

MBAで得たもう一つの教訓は、人生の目標を定めることの重要性です。私は、MBAの旅での自分の追求は何なのか、何度も自問自答しました。

MBAを取得した2年間で、私たちの小さな家族は、どこに住むか、どのようなキャリアを追求するかという重要な決断を迫られました。同じ都市に住み続けるという家族の目標と、得られるキャリアの機会を一致させるのは容易ではありません。当初、フルタイムの仕事を探していた私とSilviaは、南アフリカ、中東、中国、欧州の仕事の面接を受けました。しかし、特に新型コロナウィルスの時期には、大陸を跨いだ上で関係を管理するのは大変なことだと気づきました。そこで私たちは、一人がある都市で仕事を見つけたら、もう一人もそれについていくことにしました。しかし、全ての場所が2人にとって良い仕事の機会を提供してくれるとは限りません。

2年目の初めには、新型コロナウィルスの時期に仕事を見つけることと、2人のキャリアを調整することという多面的なプレッシャーを感じました。キャリア・ディベロップメント・センターからは、「就職活動とは探究のプロセスであり、さまざまな業界、機能、地域について学ぶだけでなく、家族、地理、キャリアの見通しなど、自分にとって最も重要な要素を知ることである」という指針を得ました。

今でも明確な答えはありませんが、現在の会社が私とSilviaに仕事を提供してくれたおかげで、私たちは同じ街に住むことができ、とても満足しています。しかし、上記の質問は決してもはや無関係というものではなく、私たちはまだその答えを探しているのです。

 


新たな旅立ち

5月の卒業式の後、私はブリュッセルで新しい仕事を始めました。新しい街、新しい職場環境で、私のMBA生活は前世紀のものになってしまったようです。

ある日、キャリア・ディベロップメント・センターのMikeからメールが届きました。私はそのメールにとても共感しました。Mikeは2017年にIESEを卒業したときに直面した課題を共有していました。彼は私たちに、「世界の灰色の問題を白黒のMBAフレームワークで解決する」ことにフラストレーションを感じる「普通の生活」の準備をするよう念を押しました。また、「以前の生活スタイルに戻ってはいけない」と彼が述べていた部分が気に入りました。これは、長時間の仕事の後、余裕のない生活を送っている私にとって、良い戒めとなりました。

私の旅を振り返ると、MBAは私に大きな世界を見せてくれた地図のようなものです。19ヶ月間の大自然の中での探検の後、私は小さくて均質な「惑星」に戻ってきたように感じています。現在のライフスタイルの同質性は、以前ほど多くの課題を与えてくれないように思えます。しかし、私は「地図」の導きを忘れません。いつの日か道に迷ったときには、また地図が導いてくれるでしょう。