新型コロナウィルスにどのように病院が対処したかを描いた新しいケース

 

原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

ビジネスの世界で最も関連性の高いタイムリーな問題に学生が浸るべきというIESEのコミットメントを反映して、バルセロナに拠点を置くVall d’Hebron大学病院が新型コロナウィルス危機の第一波にどのように対処したかを調査したケーススタディがMBAの授業で発表されました。

IESEの教授でケースの著者でもあるJaume Ribera氏とVall d’Hebron大学病院の経営責任者Albert Salazar氏が、新型コロナウィルスの第一波で病院がどのように変貌を遂げたかを説明しました。

Albert Salazar氏は、Vall d’Hebronの経営モデルと、健康危機の第一波に直面することを可能にした主な運営上の決定を発表しました。IESEのヘルスケア・イノベーション・マネジメント研究センターのアカデミック・ディレクターである彼は、他の病院や経営者にとっての学びのポイントを引き出しながら、このケースについての議論をリードしました。

「これまで病院での新型コロナウィルス対応について書かれたものはなかったので、Vall d’Hebronのような病院で新型コロナウィルスがどのように対処されていたのかを調べることは重要です。このケーススタディでは、危機のさまざまな段階での進化の実例を見ることができ、それが病院センターの将来の戦略にどのように適合しているかを見ることができました。」

 


急激な変化

新型コロナウィルス対応は2つの軸に基づいているとAlbert Salazar氏は述べています。新型コロナウィルスのおかげで、従来のサイロを壊し、知識を共有し、専門分野、階級、医師や看護師といった立場を越えて共同作業を行うことで、患者ケアの面で遥かに優れた結果を得ることが可能になることが示されました。

Vall d’Hebron大学病院では、カタルーニャ州で最初の患者が出る前にも、変革は非常に早くから始まっていました。病院は、新型コロナウィルス対策のためのプロトコルと、最悪の場合、ICUのベッド数が3倍になり、入院が2倍になるという最大12のシナリオを提案する緊急時対応計画を作成することで、新型コロナウィルスの到来に備えていました。

2020年1月末には、病院の経営陣と新型コロナウィルスに最も直接的に関与する専門分野のリーダーで構成される調整委員会も設置されました。現在も開催されている委員会では、新型コロナウィルスの進展状況を分析し、状況に応じた経営判断を行っています。

同様に、必要な個人用防護具の消耗品、サービス、材料を入手するための緊急公共調達モデルが設計されました。管理部門、医師、薬剤師などを含む約800名の作業員を自宅に帰し、遠隔地での作業を継続し、伝染のリスクを軽減しました。外来受診はすべて中止し、予約はオンラインや電話で行いました。薬の宅配も推進しました。家族との面会も中止しました。現在、新型コロナウィルス以外の患者には特定の時間帯の面会が許可されていますが、新型コロナウィルスの患者には終末期の面会しか許可されていません。

 


今後の課題とIESEとの新たな連携

新型コロナウィルスへの対応は継続的な課題です。第一波と第二波の間、Vall d’Hebron大学病院は、将来の様々なシナリオの課題に直面するための変革を続けてきました。その一環として、2021年2月16日、病院はVall d’Hebron大学病院の新型コロナウィルス患者のケアに特化した多目的スペースである新しい棟を開設しました。この建物には56床の急性期病床と32床の重症・準重症病床があり、新型コロナウィルス患者の治療に集中しています。

IESEとVall d’Hebron大学病院はまた、この新型コロナウィルスの間、病院の管理モデルを発信するための協力関係を継続していきます。近い将来、Albert Salazar氏は、Vall d’ Hebron大学病院の管理の重要な側面を掘り下げた他の複数のクラスをIESEで開催する予定です。

このVall d’Hebron大学病院のケースは、IESE Publishingで入手可能で、過去3年間にIESEの教授によって書かれた200以上のケーススタディに加えられています。これは、Netflix、FCバルセロナ、Spotifyなどの企業の時事問題のケースを含む、教室で発生するビジネス問題の分析を常に最新のものにするというIESEの目標を反映しています。

ケース・メソッドについての詳細は、こちらからご覧ください。