Vision 2020: 1年目の経験を最大化する方法

IESE MBA Class of 2021のDivya Gundlapalliが寄稿しました。原文(英語)はこちらの通りです。

 

2020年5月29日:IESEでの最初の1年がちょうど終わりました。 2019年12月の最後の振り返り以来、多くのことが起こりました。バックパックにいくつかの体験が追加されました。そのうちいくつかは夢見たもの、その他当初は予期せぬあるいは意図せぬものもありました。

  • Amazonでの夏のインターンシップを確保しました。これを、出願時のエッセイで、キャリアの目標として正確に書いたことを思い出します。
  • 変化する状況に適応しました。新型コロナウィルス、オンライン学習、オンラインインターンシップ、数か月間のシンガポールへの帰国等です。
  • 3月9日以降、私のチームであるD7あるいはMBA Class of 2021の同級生に会うことができませんでした。他の人との出会いや交流を楽しむ自分としては、これは大きな課題でした。別の方法で関係を育むことを学びました。
  • 素晴らしいイベントに参加しました。MultiCulti、Section Dの女子会、ピザパーティー、主催者側として初めてディナーパーティーを対10人に開催しました(それまで自分以外の人のために料理したことはありませんでした)。
  • スペイン文化に没頭しました。フラメンコ、チュロスやタパスなどの素晴らしい料理、カルコタダ等を満喫しました。
  • 私の経験について語ることで、将来の受験生とのつながりを十分に楽しみました。
  • 計画していたことが変わったことの一例として、交換留学でUC Berkeleyに行くことに夢中になっていて、要件を満たすためにできる限りのことをしました。 しかし、新型コロナウィルスの影響を踏まえ、スペインでより多くの時間を過ごすことにしました。

IESE MBAを開始して以来、プロフェッショナル面でも学問面でも目覚ましく成長してきたと感じています。この投稿では、この成長の「ソフト」な側面に焦点を当てます。

 

寄り添うべき人々

私が最も大切にしているのは人々、特に頼りにし続けている人々です。以前にこれらの人々と話したことがあるかどうかに関係なく、連絡を取ることをお勧めします。多様な視点が重要です。それは個人の成長を促進する一つの要素です。

私とやり取りしたことがあれば、D7が回答として自然に出てきます。このチームは最高でした。お出かけ、撮影した面白い動画、太陽の下であらゆることについて語るミーティング、体系的な方法でやるべきことを達成したりと色々やってきました。気づきは、個人としてもプロフェッショナルとしてもたくさんあります。今、仕事、協力関係、着想について私は一層豊かな見解を持っています。我々は常にお互いのためにそこにいて、そのことに絶対の自信を持って理解しています。

チームがどのようにうまく連携してきたかを振り返りました。以下の通りです。

1)個人として及びプロフェッショナルとしての課題を共有し、手を差し伸べることを恐れない

  • チームメンバーが経験を共有してくれるのか、感情を整理するのを助けてくれるのか、または他の人と自分を繋げてくれるのか、彼らがどのようにあなたを助けることができるかは決して予想できないものです。
  • 最初は不安なので、全てを自分でコントロールできているふりをしてしまうかもしれません。何をしているのか、誰も他人は知りません。自分が何かを達成してここにいることを思い出してください。自分自身とプロセスを信頼してください。

2)ワークロードを一緒に管理する

  • プロジェクトの分割を決定するときは、チーム内の個々の強みを活用してください。コンフォートゾーンの外でプロジェクトに取り組むために背伸びしてください。怖いと思うことに取り組んでください。チームの専門家から学びましょう。
  • 以前に経験したことのある分野、または正式に働いたことがない場合でも情熱を持っている分野をリードすることで、それを返済します。あなたの情熱がチームをやる気にさせます!

3)仕事とは何の関係もない絆を築く

  • どれだけ本当にお互いをよく知っていますか。ニュアンス、癖、個性はどうですか。
  • 実際には何も言われていなくても、言わんとされていることを読むことができますか。
  • 彼らの文化、食べ物、生活を理解しましょう。
  • お互いのことが本当に好きなら、一緒に働くことを楽しんでいけます。

4)オープンである

  • 同じことをしたり同種の人たちと一緒にいるためにIESEに来たわけではないでしょう。全てにおいて一歩踏み込んでください。
  • あなたが目標を達成することをチームが助けることができるように、個人的且つプロフェッショナルなゴールを共有してください。人々はあなたが想定していることを一層受け入れ、理解します。信頼を築きましょう。

5)自分の支えを見つける(チームとして何を欲するか)

  • 重要なことは何ですか。成績でしょうか。社交の時間でしょうか。キャリアでしょうか。それらの間でバランスの取れたアプローチでしょうか。
  • チームとして何を望んでいるかを理解することで、1年を通して全員で同じ方向を向くことができます。
  • 成績やプロフェッショナルな目標を追求するにあたり失敗することはないであろうことを我々は知っていました。学問面でもプロフェッショナルな面でも最善を尽くすだけでなく、この経験を楽しむために必要な方法でお互いをサポートすることも重要でした。 D7はまさにそれです!

ケースは常に存在しますが、深いレベルで人々を知るという贅沢は、それほど頻繁にあるものではありません。今後数年間で、これらの瞬間を一層思い出すでしょう。

 

一時停止する。一呼吸する。今を生きる。内省する。

時速1000マイルで進み、MBAの構造全体に飲み込まれるのは簡単です。元の目標を忘れないでください。最初にMBAに見出した目標です。この旅を始めることにどれほど興奮していたかを思い出してください。確かに、あなたの目標は最初の1年間で進化しましたが、再接続して自分に問いかけます。何が欲しいですか。以前と違いますか。再び焦点を合わせる必要がありますか。

数か月ごとに、またはマイルストーンの設定(1学期の終わり、1年目の終わり、インターンシップの終わりなど)でチェックインすることが重要です。自分に最適な方法を実行してください。

これらの質問は私が根拠を保つのに役立ちました:

  • MBAから何を得たいですか。
  • 10-15年後の自分の姿はどこにありますか(個人として、プロフェッショナルとして、ライフスタイルも含めて)。
  • それを実現するために今何ができますか(人、スキル、趣味、考え方)。
  • 今どのように感じていますか(心配したり、圧倒されたりしていますか)。

参加して実際に楽しみたい活動を選択してください。時々経験について考えすぎてしまいますが、止めましょう。何かをしたいなら、それに向けて邁進しましょう。起こりうる最悪の事態は何でしょうか (内省に時折役立つ質問です)。

何もしたくない日があるでしょう。それはいいです。

仲間と話してください。走りに行きましょう。タパスを食べましょう。その日だけだとしても、通常の手順とは異なることを行いましょう。物事を見つめ直すのに役立ちます。

自分に優しくしましょう。皆、距離を置いてありのままになるために休日を必要としています。それで大丈夫です!

 

多くの形で訪れる挑戦に立ち向かう

最も簡単なことは、状況がどのように変化したか、不公平な状況がどのように変化したか、如何ほどに想像したようになっていないかについて文句を言うことです。 新型コロナウィルスによって既に証明されているように、状況は一晩で変化し、それと共走する必要があります。

私が感心したのは、仲間が変化に立ち向かい、それを最大限に活用した方法です。 IESEのStart-Up&Entrepreneurship Clubに大々的に叫び、採用セッション、魅力的なスピーカーによるシリーズ、そして初めて完全オンラインで実施されたEscape Confinement Hackathonを企画するために頭を抱えてきました。非常に称賛された講演者のイベントの1つは、イスラエルとスペインのイノベーションとベンチャーキャピタルシステムに関して合併買収と投資をCiscoで担当するIren Reznikovと話す機会でした。

自問してみてください。

  • この状況で何ができるでしょうか。
  • この時間を最大限に活用するにはどうすれば良いでしょうか。

これは2年目に入り、もっとやりたいことです。

途中で失敗しても大丈夫です。試したことにこそ価値があります。やりたいことをたくさん試すことが重要です。

 

柔軟性を持つ

個人として、全てがうまくいくとは限らず、授業が期待した結果にならないかもしれませんし、参加してみたインターンシップは最初に夢見たものではないかもしれません。発生する変化に適応し、何かから何か良いものが生まれることを知る必要があります。生まれてきたものが良くなかったとしても、それで終わりではありません。

IESEは、不確実性への対処を支援するための選択肢において非常に柔軟でした。それは、3学期全体を延期したり、部分的に延期したり、秋のインターンシップの実施などに見受けられます。各選択肢に登録する人数に関係なく、できるだけ多くの柔軟性を提供するためにIESEが尽力してくれたことを称賛します。それ以上感謝することはできません。

これはさておき、学校にいる今、できることはたくさんあります。柔軟性を使用して、やりたいことのロードマップを設計します。これは重要です。時間は旋風のように過ぎ去ります!

1年目をやり直すことができるのであれば、全部繰り返したいです。それくらいに素晴らしい経験をしてきました。