過去最大のMBA学生数と更新された新型コロナウィルス対策と共に始まった学年

 

原文(英語)はこちらをご覧ください。

 

今週、バルセロナ、マドリード、ミュンヘン、サンパウロにあるIESEのキャンパスでは、約1,000人の学生がMBA、MiM、Executive MBAプログラムの対面式授業を開始しています。

2020年6月にビジネススクールとして初めて対面授業を再開したIESEの厳格な健康・安全対策は、予防接種や検査に関する新しいプロトコルを含めて、更新されました。これにより、安全で生産性の高い教育環境が確保されました。

新型コロナウィルスによる混乱が続いているにもかかわらず、IESEの修士課程への質の高い志願者からの強い需要が続いていることから、IESEは今年初めてフルタイムMBAプログラムの6つ目のセクションを開設することができました。2023年に入学するMBAクラスは、昨年の355名から387名へと増加し、学校の歴史の中で最大規模となります。クラスの80%以上が外国人で、59カ国からの学生が在籍しています。

IESEのフルタイムMBAの学生は、バルセロナにあるIESEのキャンパスで授業を受け、15ヶ月または19ヶ月間、英語でプログラムを学びます。クラスの平均年齢は29歳です。2021年、IESEのMBAプログラムは、The Economistにより世界第1位、Financial Timesにより世界第4位にランクされました。

IESE MiM Class of 2022の新入生も、マドリードにあるIESEのキャンパスで授業を開始しました。このクラスには、27カ国から参画している77人の学生がいます。MiMは、実務経験の少ない、あるいは全くない新卒者を対象としており、平均年齢は23歳です。3年前に開始されたMiMは、11ヶ月間のフルタイムプログラムで、スペインの首都にて英語で学びます。このプログラムでは、参加者は経営者としてのキャリアをスタートさせるための最高のビジネス上野ツールを身につけることができます。

また、ミュンヘンとサンパウロのExecutive MBAプログラムの新版もスタートしました。IESEのドイツのキャンパスでは、22カ国から62名の新しい参加者を迎え、Executive MBAの第3期生がスタートしました。クラスの平均年齢は35歳です。サンパウロでは52名の参加者がおり、平均年齢は33歳です。

 


安全で革新的なキャンパスの確保

新型コロナウィルスの流行が始まったときから、IESEは教室を適応させ、健康と安全のための包括的な対策を迅速に実施しました。これらの対策により、IESEは1年以上前にトップスクールとしては初めて対面式の授業を再開することに成功しました。

IESEは、キャンパスへのアクセス制限や温度管理、全共有スペースでのマスク使用の義務化、ハイテクを駆使した空気再生・改修システムなど、キャンパスを守るための広範な取り組みを行っています。新型コロナウィルスの進展に伴い、これらの安全対策は2021-22年度に向けてさらに更新され、ワクチン接種と検査に関する新しいプロトコルが追加されました。

IESEでは、全ての参加者とスタッフが完全なワクチン接種を受け、その証明として公式の証明書を提出することを強く推奨しています。予防接種を受けていない方は、キャンパスに入るためにPCR検査、血清検査、抗原検査のいずれかが陰性であることを週単位で証明する必要があります。

なお、対面式の授業に参加できない参加者は、引き続き遠隔地から授業に参加することができます。