親としてMBAを目指すこと(MBA Class of 2022のアプローチ)

原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

フルタイムでMBAを取得することと、家庭を持つことには共通点があります。どちらも人生の転機となる活動であり、どちらも自分の使える時間を全て使ってしまう可能性があります。しかし、子供を持つIESEの学生は、努力する価値があると考えています。この記事では、MBA Class of 2022の学生に、動機、これまでの経験、そしていくつかのライフハックについて聞いてみました。

 


なぜMBA、なぜIESE

Bartosz Radzikowski(ポーランド):トップクラスのMBAプログラムに参加することは、常に野望でした。経営に関する知識を固め、スマートで協力的な環境で成長し、国際的なネットワークを構築したいと考えています。また、IESEでは1日に3つのケースを使って実際のビジネス問題を解決することができるので、ケースメソッドを使った学習にも感謝しています。

我々家族は、欧州に留まることを決めていたので、IESEは最適な選択でした。ランキングに反映されているような学校が提供する膨大な数の機会は、コインの一面のようなものです。私にとってそれ以上に説得力があったのは、IESEの人々でした。IESEの卒業生に会うたびに(例えばワルシャワで開催されたIESE Alumni & Friendsのイベントなど)、気にかけている人、熱心に取り組んでいる人、自分を変えたいと思っている人、世界に貢献したいと思っている人を見ました。これを見て、いつかこのコミュニティの一員になりたいと強く思うようになりました。更に、IESEは家族向け奨学金など、家族と一緒に学生を支援するために多くの活動を行っています。

 


MBA中のパートナーの経験

Mafalda Oom Torres(ポルトガル):新型コロナウィルスがもたらしたポジティブなことの1つは、リモートワークの機会です。これにより、夫は自分の会社で働き続けることができ、職業人としてのキャリアを伸ばしつつ、家族でMBAの経験を活かすことができるという、2つの世界の良いところを組み合わせています。MBAだけでなく、IESEのパートナーコミュニティも、文化や背景の異なる素晴らしい人々と出会う機会を与えてくれます。また、多くの親にとって、バルセロナの街は、将来的な職業人としての成長のための新しい地平を開いてくれるものです。

Tatyana Komarova(ロシア):私はIESEのMBAを2回経験しました。最初は夫がMBAを取得している間のパートナーとして、そして今は学生としてです。私の経験では、MBAは家族のプロジェクトであり、子供がいる場合は尚更です。一方で、パートナーは、種類は違うものの、学生とほぼ同じ量のプレッシャーと仕事量を抱えています。そのため、事前に責任を共有し、現実的に対応することが重要です。一方で、MBAに向けて動くことは、パートナーにとっても計り知れない機会となります。MBAは家族の大航海です。あらゆる長旅がそうであるように、確かに簡単ではありませんし、誰もがイライラしたり病気になったりすることもありますが、ほとんどの場合、周りを見渡すことを忘れなければ、目に映るものは素晴らしいものばかりです。そして、目的地がわからないことで、一層興奮するのです。

 


IESE MBAの親にとっての利点

Mafalda Oom Torres(ポルトガル):第一に、IESEのMBAは、我々家族(パートナーと子供たち)に素晴らしい多様な文化体験を提供してくれます。第二に、MBAを取得することで、どのようなリーダーになりたいかを考える際に、一人で考えるのではなく、常にパートナーと一緒に考えることができます。最終的には、毎日家に帰ると、素晴らしい家族が待っていてくれて、この経験を一緒に生きることができるという単純な事実がとても嬉しいです。

 


子供を連れてのバルセロナへの移住

Joseph Rizzo(米国):我々は様々な都市に住んできましたが、バルセロナは最も子供に優しい街だと思います。もちろん、気候もビーチも最高です。幸運なことに、週末にはローカル線で美しいシッチェスに何度も足を運び、娘のTheaはビーチで遊ぶのが大好きでした。街中では、1ブロックごとに遊び場があるような気がします。学校は素晴らしく、言葉を話せない人でもとても歓迎してくれます。娘にとって、バイリンガルであることは最初は大変なことでしたが、娘はうまく適応してきています。地元の交通機関や医療制度も充実しています。また、家族連れや小さな子供にはとても親切です。 バルセロナでの生活は我々家族にとって実りあるものであり、このMBAでの経験において、これ以上の都市は考えられません。

 


子供の学校探しと選択

Mafalda Oom Torres(ポルトガル):IESEの卒業生や2年生の親御さんに相談して、お勧めの学校を教えてもらいました。私の場合は、スペイン人の2年生の母親に会って、多くのお勧めをしてもらい、更に学校に我々家族のことを話してくれました。その後、学校側とのインタビューを受けましたが、全てがスムーズに進みました。娘がまだ1歳だったので、娘が大きくなってからの方が手続きは簡単だったと思います。

Joseph Rizzo(米国):州立学校(公立学校)の教育費は無料ですが、学校では通常、書籍や消耗品など様々なものに費用がかかりますので、ある程度の費用が予想されます。ただ、公立学校の授業はスペイン語ではなく、カタルーニャ語で行われることが多いので、注意が必要です。もう一つの選択肢は、多くの「Concertado」と呼ばれる学校です。これらの学校は、部分的に私立で、部分的に国から補助金を受けているため、私立学校よりも安価で、多くの学校では3ヶ国語教育(英語、カタロニア語、スペイン語)を提供しています。学校によって大きく異なる場合がありますので、お子さんの学年でそれぞれの言語がどの程度教えられているかを正確に聞くようにしてください。最後に私立学校ですが、こちらはかなり高額ですが、主要言語を選択することができます(英語学校やフランス語、ドイツ語学校などがあります)。

 


フルタイムのMBAと子育てのバランス

Mafalda Oom Torres(ポルトガル):前もって優先順位を決めておきましょう。優先順位を明確にしてMBAを開始することが非常に重要です。そうしないと、何でもやろうとしたり、どこにでも行こうとしたりすると、重いカリキュラムとMBAでの経験のために、どこにもいられなくなってしまうでしょう。時間割の組み方としては、活動時間を決め、それ以外の時間は家庭に専念します。子供が学校に行っている間は、IESE MBAのプロジェクトに取り組むために最大限活用します。パートナーを可能な限りMBAライフに統合し、他の家族との交流を図ることも重要でしょう。

Tatyana Komarova(ロシア):集中と優先順位付けが成功の鍵であり、FOMOは最悪の敵です。私は、就職活動、学習、家族に集中することにしました。正直なところ、他のことは殆どしませんが、これらの面では、これまで望んでいた以上の成果を上げることができました。もちろん、多くの会議やクラブイベント、素晴らしいパーティーを見逃すことになりますが、自分の優先順位を忘れなければ大丈夫です。それに、若くて独身で肝臓が健康なMBAであっても、プログラムや課外活動の全てを受け入れることはできません。私が驚いたのは、チームメイトの理解と支援のレベルの高さです。恥ずかしがらずに自分のニーズを率直に話し、明確な制限を設けることで、人々がどれほどあなたの制限を尊重し、自分の制限を持っているかがすぐにわかるでしょう。とはいえ、子供のいる生活は予測不可能なので、常にプランB、そして理想的にはプランCを用意しておくべきです。残念ながら、パンデミック中に親戚を招待するのは簡単なことではありませんが、もし可能であれば、キャリア活動や試験準備のプレッシャーがピークに達する最初の数週間や11月-12月には、特にその助けが役立つでしょう。

Bartosz Radzikowski(ポーランド):機会を逃さず、ストレスを溜めすぎないようにしましょう。家庭、キャリア、学業など、全ての面でベストを尽くそうとしますが、失敗を恐れてはいけません。失敗した実験は成功に一歩近づくものですから、とにかく前に向かって落ちていきましょう。次に、優先順位に沿って計画を立てることは、時間を節約するために非常に重要です。私はチームメイトから、この点を改善する方法をたくさん学びました。しかし、同時に柔軟性も必要です。子供がいると生活が予測不可能になるので、頻繁に計画を調整する必要があります。社交生活を楽しみ、他の家族と連絡を取るようにしましょう。MBAは、異なる文化を持つ素晴らしい人々との繋がりでもあることを忘れてはいけません。特に週末は、仲間や他の家族と交流するための時間を確保しましょう。最後になりますが、パートナーがバルセロナでの機会を得られるようにサポートし、この2年間に何を期待しているのかを話し合い、それに応じて優先順位を決めてください。皆さんにとって、素晴らしい冒険になることを願っています。

 


事前に準備すべきこと

Joseph Rizzo(米国):私の前職は米国海軍で、頻繁に任務地を移動しなければなりませんでしたので、転居の経験は豊富です。ここでは、私の一番のアドバイスをご紹介します。

本当に必要なもの(または近藤麻理恵式に喜びを与えてくれるもの)だけを持っていくと、とても便利です。引っ越す前に最小限にして、売れるものは売ったり寄付したり、一部を倉庫に入れたりしましょう。バルセロナのアパートは一般的に狭く、収納スペースがあまりありません。もう1つ、我々は「パッキングキューブ」を使って、スーツケースを整理して分けておくのがお気に入りです。さらに効率を上げるために、スーツケースの中の大きなものは真空パックにしておきましょう。

できる限り全ての医療記録と予防接種記録を持参してください。IESEでは、全生徒にAXAのヘルスケアを提供していますが、これは非常に優れたもので、有料で家族内の他の面々も利用できます。

住みたい地域を調べ、バルセロナに到着する前に、MBAを取得した学生からアパートを紹介してもらうことを検討してください。子供に最適な地域は数多くありますが、街の中心部やIESEのキャンパスにも近いです。

やらなければならないことの総量に圧倒されそうになったら、以前に同じ経験をしたことのある在校生や家族に助けを求めてください。Family and Partners Clubは、プログラム開始前に連絡を取ることができ、非常に役に立ちます。サバイバルガイドが彼らにより作成されており、家族の引っ越しや生活に慣れるまでの不安を解消してくれます。また、到着後もパートナーや子供向けのイベントが頻繁に開催されています。

バルセロナへ移動するためのビザの書類作成は、全てのコピーを余分に持っていくなどして、先手を打っておきましょう。このような準備と整理は、バルセロナに落ち着いてからTIEを取得する際に役立ちます。