IESEのダイバーシティ&インクルージョン – 未来を託せるリーダーを育てるために

 

IESEのダイバーシティ&インクルージョン(D&I)委員会を主導するTanaka Mawindi (MBA Class of 2022)とPiyush Mediratta (MBA Class of 2022)が寄稿しました。原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 


なぜ私たちは今日ここにいるのでしょうか

企業のミッションステートメントやビジョンステートメントにおいて、「ダイバーシティ」が重要な原則として唱えられているのを一生懸命探す必要はありません。ダイバーシティのビジネスケースは今に始まったことではありませんが、最近になって、より切実で重要になってきました。長年にわたり、私たちは、考え方や経験の多様性が、より良い問題解決や意思決定、より大きなイノベーション、より高い創造性、そしてより大きな利益につながることを教えられてきましたし、実際に仕事の場で経験したこともあるでしょう。

それを裏付けるように、世界的な調査から得られた数字は非常に説得力があります。例えば、人種や民族の多様性が最も高い企業は、業界平均よりも35%高い確率で優れた財務収益を上げています。また、性別の多様性が最も高い企業は、業界平均よりも15%高い確率で財務利益を上げています。母校という切り口においても多様性で違いがあります。企業買収やIPOの成功率は、同じ学校を卒業した投資家は、異なる学校を卒業した投資家に比べて、平均して11.5%低いことがわかっています。

ダイバーシティのビジネスケースが明確であるとすれば、なぜ社会はダイバーシティの取り組みに苦労するのでしょうか。また、なぜ一部の企業では、できる限りの、あるいはあるべき多様性が確保されていないのでしょうか。これにはいくつかの答えがあります。冷笑的な信念体系から、企業が慣れ親しんだ狭い方法で人材を探すことによる採用活動の停滞などより広く見られる現象まで、様々な答えがあります。また、文化に根ざした答えもあります。つまり、企業は、採用した多様な人材を自分の居場所や仲間だと感じさせる方法を知らず、その結果、人材を定着させることができないのです。ダイバーシティを支持するのであれば、インクルージョンを前面に押し出しそれ自体の利点を生かすことなく達成することはできません。インクルーシブな環境では、誰もが発言権を持ち、機会を得ることができ、積極的に関与することができます。インクルーシブな職場は8倍も、より良いビジネス成果を達成する可能性が高いのです。

 


IESEのD&I委員会は、多様性と包括性を促進しています

IESEでは、MBAの学生には55カ国以上の国籍が含まれており、これは驚くべきことです。このような多様性は、ケースメソッドの経験を豊かにし、新しいタイプの探究心、新しい討論や議論、分析や解決策の新しい要素を刺激する重要な要素となっています。これらはすべて、IESEの使命である「人、企業、社会に深く、前向きで持続的な影響を与えるリーダーを育成する」ために必要なツールです。

それでも、多様な文化、人種、民族、性別、信条、能力、アイデンティティを持つ学生をより多く受け入れるために、教育機関としてできることがあることを認識しています。今日、そして明日のビジネスを形作る力を理解し、課題に取り組むために、全てのMBA学生に準備をさせるために、私たちはもっとできることがあります。これらの課題は、リーダーが成功するために、違いを乗り越え、共感を深める必要があります。これらの課題に正面から取り組むには、革新的なビジネス戦略が必要であり、多様性のある組織の方が、平均して戦略を策定し、対処する能力が高いのです。

IESEのダイバーシティ&インクルージョン(D&I)委員会は、今年で2年目を迎えますが、この認識に基づいて設立されました。私たちにはもっとできることがあります。学生、事務スタッフ、教員で構成されるD&I委員会は、IESEでの経験の核となる意見交換に各学生が十分に参加できるような環境を作り、学生に世界で活躍するためのツールを提供するために活動しています。私たちは、声の大きい人だけでなく、全ての声を聞くべきであり、全ての生徒がこのIESEに所属していると信じています。私たちは、個人的な条件や状況にかかわらず、全ての生徒がここで、そして世界で成功できると信じています。私たちは、学業、学生のリソース、プログラミング、コミュニティへの参加など、キャンパス全体でのいくつかの取り組みを通して、それを現実のものにするという使命を担っています。

 


D&I委員会のミッションを達成するために、具体的にはどのような方法があるのでしょうか

  • アンケートで学生の意識を把握し、教室内外の意識の経年変化を分析することで、多様性、公平性、インクルージョン、帰属意識に関して、教育機関がどのような立場にあるかをよりよく理解することができます。学生の視点は、ダイバーシティ、インクルージョン、帰属意識をサポートするための具体的なステップを示した年次アクションプランを定義するのに役立ちます。例えば、今年の重点分野としては、教員の多様性、倫理とリーダーシップのコースにおける多様性と包括性のカリキュラム開発などが挙げられます。

 

  • ダイバーシティとインクルージョンの観点から、キャンパス全体を対象としたプログラムを作成したり、学生主導のイニシアチブを拡大したりします。プログラムは、学生やD&Iに特化したプロフェッショナル、企業、世界中の卒業生が主導することができます。これにより、委員会は様々なプログラム形式で共感と学びを深めることができます。「Story Slam」は、D&I委員会の学生が主催するイベントの一つで、学生が集まり、安全で親しみやすい環境の中で、仲間が個人的な人生経験を語るのを聞くことができます。私たちは、各セクションの代表者と協力して、Story Slamをセクションの活動に発展させることを計画しています。

 

  • IESEに特有の組織環境の中で、学生の声と学生の自由な表現を促進することによって。D&I委員会の学生代表は、教職員と定期的に会合を持ち、挑戦し、行動を促し、対話を生み出し、ダイバーシティとインクルージョンに関するあらゆる検討事項について学生の声が確実に届くようにしています。

「IESE はこれまでのところ、激しく、変化に富み、そしてほとんどが報われるという、言われている通りのものでした。IESE ファミリーの他のメンバーとの交流の結果、自分自身と他人について多くを学び、有意義なつながりを築き、成長する機会を得ました。IESEには様々な国籍の人がいますが、同級生と全体的な経験が私たちを取り巻く世界をより密接に反映する時代が来ることを楽しみにしています。これはD&I委員会で達成したいことであり、私はその役割を果たすことに興奮しています!」

Hasani Brooks(MBA Class of 2022、D&I委員会)

 


コア・プログラミング

D&I委員会では、年間を通してイベントやワークショップを開催しており、その成果は毎年開催されるD&Iカンファレンスで結実します。D&Iカンファレンスでは、ダイバーシティ、公平性、インクルージョン、帰属意識の分野で活躍する先駆者たちが集まり、この分野での進化について議論し、よりインクルーシブな文化の創造に向けて学生が取り入れることのできる実用的な戦略を提供します。このイベントでは、D&Iの専門家である講演者、卒業生、関連クラブのメンバーとの交流や、ワークショップへの参加を目的として、教員、学生、入学予定者、企業ネットワークを歓迎しています。2021年の第2回D&I会議のテーマは「Together we are stronger, together we thrive」で、オンライン形式で開催され、Cartaのインクルージョン・エクイティ・インパクト部門責任者のMita Mallick氏や、マッキンゼー・アンド・カンパニーなどが登壇しました。

「IESEのDiversity and Inclusion Committeeのメンバーとして、第2回D&I会議を開催する機会を得ました。この会議では、多様性のある職場で成功する方法など、ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョンの分野で非常に関連性の高いトピックについて議論し、非常にやりがいのある経験となりました。MBAを卒業したら、私はオープンでインクルーシブな環境で働きたいと思っています。そこでは、誰もがそれぞれの違いに関係なく(そして、違いがあるからこそ)成功することができます。IESEが学生にこのような重要な会話をする場と機会を与えてくれることにとても感謝しています。」

Alexandra Cortes(MBA Class of 2022、D&I委員会)

 


この先の道のり

文化の変革は簡単ではありません。だからこそ、私たちは信念と刺激的な目的を持って前進します。私たちの努力が実を結べば、今日と明日のIESEは明らかに異なるものになると確信しています。私たちは、コミュニティと学術的な面での卓越性を一層高めていきます。私たちは、一人ひとりの権利と尊厳を強調し、「誰もが重要な役割を果たし、未来を託すことのできるリーダーを育成する」というビジョンと価値観を最大限に発揮します。

IESE D&I委員会では、皆様からのご質問やご意見をお待ちしております。当委員会への連絡方法と参加方法は次のとおりです: di@iese.edu