The Escape Confinement Hackathon

 

IESE MBA Class of 2021のLucas Barretoが寄稿しました。原文(英語)はこちらをご覧ください。

 

IESEの教室はこの1か月で空になり、学生は世界中に散っていますが、IESEの奉仕の精神は、学生、教師、スタッフの中で強く生き続けています。このビジョンに感化されたStart-up and Entrepreneurship Clubは、クラブメンバーを募り、あらゆる問題に機会があるという起業家の格言を堅持し、IESEで最初の完全オンラインハッカソンを実現しました。イベントのテーマは当然次のとおりでした。

”現在の新型コロナウィルス拡大に関連して、家庭用品やサービスに関する新しいビジネスアイデアを開発しましょう。”

Start-up and EntrepreneurshipのRobert Ralph(MBA Class of 2021)は、イベントのブレインストーミング中に彼らが考えていたことを明らかにしました。「Start-up and Entrepreneurshipでは、バルセロナでのロックダウン対策に対応するために全力を尽くしてきましたが、慎重にバランスを取るようにしてきたことを認めざるを得ません。一方では、魅力的でIESEでの起業家体験を向上させることができるプログラムをメンバーに提供したいと考えていますが、そのような不確実性が伴う瞬間に圧力をかけすぎたくはありませんでした。その点で、Escape Confinment Hackathonで素晴らしい中間点を見つけたように思います。これは、人々が起業家のジュースをほんの数日間味わうための短くて激しい機会でした。学生は、このような不安定な期間に、長期的にわたり何かを約束しなければならなかったと感じることなく、世界の残りの不確実性を一時的に遮断することができました。」

副部長であり、イベントを考えたRicardo Zulueta(MBA  Class of 2021)は、次のように述べています。「この困難な状況の中で、Start-up and Entrepreneurshipとして、長期にわたる自宅待機期間中に学生を忙しくしておくことと、この新型コロナウィルスによって発生した新しい問題を解決するために我々の知識を結集することが重要だと考えました。そのためには、スタートアップハッカソンが最良の方法だと感じました。」

各2-3人のメンバーで構成される計16チームがビジネスモデルをを構築し、仮説を検証し、審査員団のためにピッチを準備すると同時に、地球規模の危機事態の被害者視点から新しい解決策を遂行する主人公への内部的に変容する激しい2日間のイベントでした。このイベントは、IESEの学生だけでなく、その周りのコミュニティの間でも大きなヒットとなりました。

Ricardoは次のようにコメントしています。「学生からの反応は素晴らしかったです。MBAプログラム、Executive MBA、Global Executive MBA、パートナー、卒業生、さらにはIESEコミュニティ以外の人々からも、チームに参画してくれました。この新型コロナウィルスによって引き起こされた新しい課題に対処するための新しい解決策を検討することの重要性を誰もが切に理解していると思います。イベントを企画する時間はあまりありませんでしたが、喜んで手助けしてくれ、非常に短い時間枠で真に固有な体験を生み出すことができる素晴らしい人々がいました。そして、我々に専門知識を共有してくれた、スタートアップエコシステム界隈の優れたメンターとジャッジを集めることができました。Luis Martin Cabiedes、Mª Julia Prats教授、Antonio Davila教授、Thomas Maximilian Klueter助教授、Mathieu Carenzo、Josemaria Siota、Paula Sancho、そしてYahel Halamishです。」

Robertは彼のフィードバックを共有してくれました。「我々は2時間の審査期間中に、16のプレゼンテーションを見ることができ、そして、その結果に非常に満足しました。学生がこのような短い時間でまとめた全てを見るのは信じられないほどのことで、IESEにいる全ての起業家としての才能とその可能性を示しています。このコメントは、Start-up and Entrepreneurship Clubの会長としての私のものだけでなく、プレゼンテーションを評価した著名な投資家や教授陣からのものです。これはハッカソンの明確な目標ではありませんでしたが、IESEのSummer Entrepreneurship Experienceの間、多くの学生がこれらのアイデアを実行し続けることを期待し、信じる理由があります。」

これらのアイデアのいくつかはすでに急速に発展しています!Ricardo自身も、ガイドと博物館が収益を上げ続けるためのリモートミュージアムツアーソリューションのアイデアでコンテストで3位になり、MVPは完全に機能しています(https://www.inonthefun.com/)。コンテストの他の参加チームもMVPウェブサイト(https://www.intercontinentalquarentine.com/)を開設しており、今後数か月でさらに多くのものが開発されると予想できます。

また、同窓のBryce Caster (MBA Class of 2021)も表彰台に到達し、ブラジルのストリートフードベンダーが新型コロナウィルス後の世界で販売を続けるための解決策で、このコンテストの1位を獲得することに成功しました。この期間が経過した後に人生がどのように変化するか、どのような問題(機会!)が発生するかを考えることは、全人類の幸福の鍵です。このコンテストに参加し、Bryceと一緒に仕事ができたことに本当に感謝しています。

これらの要因により、このイベントに参加することは特権であり、名誉でもありました。私にとっては、IESEの学校の精神が、壁に書かれたモットーや言葉だけではなく、多くの生徒に存在する成長、変化、ケアの原動力であることを示唆しています。

参加者全員に代わって、Luca Venza(テクノロジーイノベーションディレクター)と、Start-up and Entrepreneurship ClubのRobert Ralph、 Emilie Mendes de Leon、Ricardo Zulueta、およびCody Brasel ルの運営に感謝します。そして、メンターと審査員(Luis Martin Cabiedes、MªJulia Prats、Antonio Davila、Thomas Maximilian Klueter、Mathieu Carenzo、Josemaria Siota、Paula Sancho、Yahel Halamish)にも大変感謝しています。