卒業生の活躍:Hung-Wen Lee(MBA Class of 2017)

 

原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

名前:Hung-Wen Lee (Gray)

卒業年: 2017年

国籍:台湾

居住国 出身国: オランダ

現勤務先:  Nutreco

 

私の経歴は、MBA卒業生としては「非伝統的」なものと言えるでしょう。私は生物科学を専攻し、水産養殖を中心に修士号を取得しました。MBAを取得しようと考えたのは、大学在学中のことでした。当時の私の動機は非常にユニークで、エビの養殖事業を始めたいと思っていました。エビ養殖業者になるという夢を叶えるには、2つの要素がありました。1つは、エビ養殖場を維持するために必要な技術を理解すること、もう1つは、企業を維持して収益を得るための商業的側面を理解することでした。技術的な知識は水産養殖の修士号から得ることができましたが、商業的な部分についてはMBAを取得して体系的かつ包括的に学ぶ必要がありました。

しかし、大学院に入学してすぐに、このエビ養殖起業家の夢を諦めました。あまりにも多くの労働力を必要とし、社会的にも孤立していると感じたからです。それに伴い、MBAを取得することも考えなくなり、台湾の食品会社で1年、台北にあるドイツの化学会社で3年半、セールス&マーケティングの仕事に就きました。しかし、MBAを取得するという考えが完全に消え去ったわけではなく、今までの生活を続けていては充実感が得られないことに気付き、徐々に再びライフプランに戻ってきました。大きな組織がどのように目標を設定し、将来の成長のための戦略を立案し、その戦略が地域やローカルレベルでどのように伝達され実行されるのか、まだまだ知りたいことがたくさんありました。 現場の営業やマーケターでは、その答えは得られません。さらに根本的には、仕事もプライベートもまったく違う人生を歩みたいと思っていました。言い換えれば、私は自分自身を内側から変えたかったのです。

IESEは、経営全般に焦点を当てたケースメソッドを採用しており、より早く、より実践的な方法で学ぶことができると考え、すぐに最優先の選択肢となりました。また、大学時代にバックパッカーとして短期間滞在したバルセロナは、ダイナミックでエキサイティングな私生活を送るのに最適な場所でした。以上がIESEを選んだ主な理由です。

 

 

IESEに入学し、これまでの人生で最も楽しい2年間を過ごした後、卒業後4年経った今でも持ち続けているIESEのユニークな精神が実はもっとたくさんあることに気づきました。

一つは、社会に奉仕し、人々を大切にすること。今でも頭に残っているのは、オペレーションの授業で、競争力を失って倒産寸前の製造会社のケースについて議論したことです。教授は「あなたが経営者だったらどうするか」と質問しました。クラスメートの一人は、「労働力を縮小して、まずレイオフをすべきだ」と言いました。教授は、「もし、他の選択肢を検討せずに、労働者を解雇することが最初のステップであるならば、あなたにはIESEを卒業する資格はない!」と答えました。これはIESEの文化の一例で、お金や数字だけではなく、人を大切にするということです。IESEの責任あるビジネスに関する目玉の会議である「Doing Good Doing Well」は、企業がどのようにして社会にプラスの影響を与えることができるかを学校が重視するもう一つの大きな方法です。この精神は、私のMBAの旅を通じて深く根付いており、社会に貢献するためにできることはたくさんあると信じさせてくれます。

IESEのもう一つの特徴は、多様性と包摂の意識です。殆どの欧州の学校は非常に多様性に富んでいますが、IESEでは1年間同じチーム、同じセクションに所属することで、この大きな家族の一員であることを実感することができます。私の非伝統的な経歴を考えると、プログラムを始める前は、MBAになる人としての自分に懐疑的でした。バルセロナに来る前は、「自分はMBA生に見えるだろうか」、「どうすればMBA生らしく振る舞えるだろうか」といった考えが頭をよぎりました。しかし、MBA卒業生としてキャンパスの外に出てみると、「標準的な」MBAは存在しないことに気づきました。各々違っていて、全てのアイデアが貴重なのです。キャリア全体で成長し続けるための最善の方法は、自分に属さない影の部分を追求するのではなく、自分自身であり、自分の職業生活や社会に貢献できる埋もれた強みを見つけることです。このような考え方の変化は、包括的な環境の中でのみ起こります。

 

 

幸運なことに、卒業時にIESEキャリア・ディベロップメント・センターの支援により、オランダの企業のグローバル・リーダーシップ・プログラムに採用されました。それ以来、私は3つの全く異なるグローバルな職務を遂行してきました。それぞれの任務は、場所、業界、職能の点で私にとって多重のジャンプとなりました。それぞれの職務には、IESEで学んだことが必要です。すなわち、一般的な経営知識、人々への純粋な思いやり、組織にポジティブな影響を与えること、そして自分自身のユニークな強みを通じて貢献することです。今思えば、IESは私の国際的なキャリアをスタートさせただけでなく、私が仕事面でも個人面でも飛躍し成長するための素晴らしい基盤を築いてくれました。

多くの場合、自分の目標を達成するための「手段」を見つけることに時間をかけすぎて、自分の目標が何であるかを考えることに十分なエネルギーを割くことができません。これから受験する人へのアドバイスとしては、ビジネススクールの調査を始める前に、自分自身を真剣に見つめ、自分の人生を考え、自分が何者で何をしたいのかを明確にすることです。