卒業生の活躍:Jeffrey Leung(MBA Class of 2020)

 

原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

香港で生まれ育った私と姉は、両親から異文化がもたらす価値観や、生活の質を高め、目標を達成するための方法を理解して取り入れることの大切さを教わりました。このことは、私たちが教育を受けたり、旅行をしたり、その後、プロとしてのキャリアを追求する方法に大きな影響を与えました。私が大学を卒業してからLVMHに入社したのもそのためです。LVMHは世界的なコングロマリットで、国境を越えた交流と責任があります。LVMHでの4年半の間に、私は複数の部門で、世界各地の人々と一緒に働く機会を得ました。

LVMHでの様々な分野での経験のおかげで、金融を中心としたジェネラル・マネジメントの考え方を得ることができました。学士号取得後に更に研究を進めることを考え始めていましたが、その一歩を踏み出す前にプロとしての経験を豊かにしたいと思うようになりました。そこで、多国籍企業のビジネス・エグゼクティブとして成功することを目標に、LVMHでのキャリアに焦点を当てました。

しかし、仕事を始めて数年後、視野を広げて勉強を続ける時が来たと思い、私が上級学位に求めていた条件を全て満たすMBAを取得することにしました。IESEが数あるビジネススクールの中で際立っていたのは、教授法(ケースメソッド)、国際色豊かなクラス(55カ国)、そしてビジネス倫理に重点を置いていたことです。振り返ってみると、あらゆる面で人生を変える経験となりました。MBAの期間中、3つの国に住み、業界を変え、350人の同じ志を持ったMBA候補生と友達になったりと色んなことが起きましたが、そのリストに含まれる項目の数は数え切れません。

 

 

アメリカでの生活にも興味があったので、IESEが多くの有名なビジネススクールと提携していることを大いに評価し、シカゴ・ブース・ビジネススクールに留学する機会を得ました。授業や教授陣の勉強面での厳しさに感銘を受けただけでなく、教室ではMBA生同士で幅広く深く貢献しており、ビジネス研究におけるケースメソッドの重要性を改めて実感することができました。授業以外では、シカゴ独特の文化を体験することができました(ディープディッシュピザ、異文化交流の場、ブルーシカゴなど)。

 

 

IESEに入学する前から、MBA取得後も金融業界でキャリアを積むことを計画していました。同時に、自分のキャリアを加速させ、地理も(欧州に)変え、新しい業界を経験したいと考えていました。IESEのキャリア・ディベロップメント・センターは、私がこの目標を達成するのに非常に役立ちました。集中的な自己分析セッションで私を導いてくれ、私の長所と興味に基づいて就職活動を行うよう促し、洞察深く戦略を立てるよう指導してくれました。

IESEは世界中の数多くの大企業と優れた関係を持っているので、実際には自分の興味を判断し、採用プロセスで努力をすることが重要でした。夏にNovartis(スイス)でインターンをする機会がありましたが、会社が取り組んでいる先進的な取り組みについて学ぶことができ、とても良い経験になりました。

Novartisの熱意と革新的な社風に魅了された私は、MBA取得後、Financial Development Program (FDP) AssociateとしてNovartis(スイス)に戻ることになりました。このプログラムは、2年間の財務ローテーションプログラムで、製薬会社の財務機能の大部分に触れることができます。私たちは、事業計画、会計、財務、事業開発・ライセンス、M&Aなどの分野で6カ月から9カ月間の集中的なローテーションを4回行い、その後、2年間の勤務で実践的なリーダーシップを経験し、CFOや上級財務職になるための準備をして、キャリアを再スタートさせます。

Novartisでの経験は、私のMBAの旅の続きのように感じられます。IESEの国際的な学生は、私たちが生きている今日、ますますグローバル化する世界における企業の多様性をシミュレートしています。批判的に考えることを訓練するための容赦ないケーススタディは、私がNovartisで遭遇した現実世界のシナリオを正確に反映していると思います。プロジェクトを管理する能力は頻繁に発揮されるので、FDP Associateはすぐに役割を担い、Novartisの複雑な組織の中で建設的に貢献することができます。

 

 

私の経験からすると、MBA卒業後のファイナンスのローテーションプログラムは、キャリアの加速、地理的な移動性、トレーニングの膨大なリソースを求める人にとって、優れたキャリア選択であるため、非常にお勧めです。同じような旅に出ることに興味がある人は、IESEの卒業生の大家族に連絡を取り、IESEと彼らの現在の組織の両方での経験から学ぶことをお勧めします。