「実現するまでは常に不可能」ー Lisbon Trek 2019

MBA Class of 2021のSónia VazAndré Diasが初開催のリスボントレックについて寄稿しました。原文(英語)はこちらをご覧ください。

 

それは2019年9月2日でした。ポルトガルのWhatsAppグループで興奮があふれていました。オリエンテーションウィークの初日であり、IESE MBA Class of 2021のポルトガル人学生7人が初めて集まりました。それぞれのチームとセクションを知りたいという熱意の中で、年間カレンダーを初めて見たとき、大胆なアイデアが生まれました。

「WebSummit 2019の日付は、各種トレックのための週と完全に一致しています!トレックを企画して、同級生にリスボンとポルトガルが提供できるものを見せて、WebSummitに参加しましょう!」

率直に言えば、最初の反応はあまり励みになり得ないものでした。このアイデアは非常に有望であると認識されていたものの、当初は多忙な1st termのカレンダーにそぐわないと判断されました。発生した疑念のいくつかは、「準備する時間がない」、「WebSummitチケットをどのように取得するのか」、「どの会社を訪問するのか」、「不可能だ!多分来年だろう」、等でした。 2019年のトレックは1か月後に行われ、何か問題が発生した場合は迅速に対応する必要がありました。その時点では不可能に思えました…

多くの拒絶、遅延、後退、交渉の後、私たちはリスボンの3つの素晴らしい企業への訪問を確約することができました。Galp、McKinsey&Co.、AGEASグループ、及びMicrosoftポルトガルのパートナーアカウントエグゼクティブとの夕食です。更には、IESE の重要なサポートにより、WebSummit 2019への10のパートナーチケットを確保し、IESE主催のネットワーキングナイトに参加することができました!同僚にリスボントレックの計画を提案した後、私たちは策定した行動計画満載の興奮と話題に圧倒されました。厳しい選考の後、7か国から様々なキャリアの熱意を抱える10人のIESE MBA生のグループがこの冒険に参加するために出発しました。

WebSummitは、強烈でスリリングで感動的な体験でした。毎日70000人以上の出席者、1200人のスピーカー、11000人のCEO、1200人の投資家、600人以上のベンチャー企業が参加し、チャンスはいつでもすぐそこにありました。とても多くの分野の幹部と会ってネットワークを築き、IESE MBA生がビジネスを更に成長させる方法を示す機会を得ました。実際、MicrosoftやBooking.comなどの確立された業界リーダー、DomoやBidroomなどの新進気鋭の企業、非常に有望な新興企業でリードを獲得しました。これは、就職活動において非常に価値があることは確かです。非常に多くのネットワーキングの機会と興奮をそそるスピーカー、具体的にはTony Blair、Werner Vogels(AmazonのCTO)、Brad Smith(Microsoftの社長)、Guo Ping(Huawei会長)、更にはEdward Snowden等がいたため、参加するセッションと会議を選択することが本当に難しかったです。AIを活用して癌と戦うことから、空飛ぶ自動車まで、各提案は非常に多様で洞察に富んだものでした。各参加者が自分の時間割を構築し、自分のキャリア目標に基づいて、イベント中に自分のネットワーキングの機会を作成する責任を負う機会となりました。総合的に見て、WebSummitには、テクノロジーの未来に関する新たな視点と、持ち帰る価値のある洞察がありました。

WebSummit 2019で2日間充実した時間を過ごした後、リスボンのGalp、McKinsey&Co.、AGEAS Groupへの訪問に大きな期待を寄せました。 トレック参加者と企業から得たフィードバックから判断すると、相互の期待を大きく上回っていたようです。 Galpで、コーポレートファイナンス部長のMarta Geraldesが、Galpのような従来の石油およびガス会社がどのように持続可能なエネルギーへの移行に強く投資しているかについて刺激的な講演を行い、この取り組みに積極的に参加するよう学生たちに働きかけました。 参加者のSweta Desaiによると、「Maria Martaは信じられないほど印象的な人物です。 石油とガスが停滞した(そして悪しき)産業であるという認識があったために、当初の期待が低かったのですが、彼女はそれらを完全に吹き飛ばしました。」

McKinseyでは、コンサルタント、マネージャー、リクルーターのチームに歓迎され、同社の価値提案と文化が何であるかを詳細に説明するために、時間と労力を費やしてくれました。ビジネスの成長とデジタル変革への取り組みを支援する方法を適用し、貢献するように私たちに促しました。私たちは彼らの経験、同社の価値観、採用の観点について、深く議論する機会を得ることができました。コンサルティングの準備をしている人にとって、McKinseyは確実に訪問すべき会社でした。この訪問にあたり重要な役割を果たした、同級生のSaid Aboualiと卒業生のRitaCalvãoに特に感謝します。

最後に、AGEASグループで思い出に残る時間を過ごしました。そこでは、Nelson Machado(Life and PensionsのCEO)とValdemar Duarte(年金部門のゼネラルマネージャー)およびPedro Esperto(AGEASグループのシニアマネージャー)と非公式な朝食を摂りました。その後、戦略、イノベーション、人事部門への訪問を継続し、彼らは保険業界の現在の課題について貴重な洞察を提供してくれるとともに、AGEASがどのように従業員を動機付け、持続可能な開発のための新しいアイデアを見つけるために保険を超えた社内起業精神を促しているかを教えてくれました。締めは、ポルトガルのAGEASのCEOであるSteven Braekeveldtによる非常に感動的な話でした。彼はリーダーシップスタイルと、ビジネスを推進するために現地の文化に適応する方法についての特別な見解を共有してくれました。参加者のAna Paula Abreuによると、Steven Braekeveldtのアプローチは刺激的で、人々をよりよく理解する方法として、フィクションの本を読むことを秘訣として教えてくれたとのことです。

全体的に、リスボントレックの経験は予想を大きく上回りました。 3日間で、WebSummitに参加し、多様な業界の興味深い企業を訪問するだけでなく、リスボン周辺をツアーして地元の名物(pastéisde nata)を食べ、ファドディナーに行き、地元のIESE同窓生とカクテルを飲む時間を見つけました。 「最も驚いたことは何ですか?」との質問に対しての参加者からの回答のいくつかをご紹介します。

「AGEASとGALPと話をして、彼らの課題を確認しました。事業について常に期待を持ち合わせていましたが、それ以上に私は大変驚きました。」– Jaime Silva

「私はキャンパスで採用活動をしない創業者、リクルーター、企業とつながりました。トレックの前に応募することを考えていなかったいくつかの企業について多くを学びました。」–Guilherme Klein

「私を最も驚かせたのは、保守的な業界のプレーヤーによって計画および/または実行されたイノベーション活動の広範な範囲と、従来の業界を破壊する意欲でした。トレック中に訪れた企業にも応募します。」–Jiwon Lee

参加者から受け取ったフィードバックとスコア(8.59/10)の集計結果は、トレックが成功したこと、そして繰り返す必要があることを確信させてくれます。実際、来年、ネットワークコンテンツをトレッキングに追加するより多くの時間と機会があれば、さらに優れたリスボントレックを作り上げることができると確信しています。

振り返ってみると、アイデアが最初に浮かんだとき、リスボントレックは単なる蜃気楼でした。他方、今、IESEの学生に新しい市場と新しい機会を開いたのは現実です。トレックでは、常にイノベーションを念頭に置いて、様々な業界を探索でき、自分の道と成功に責任を負います。かつて不可能だったことが今では可能です。