ファミリービジネスからIESE MBAへの私の旅 (Ravi de Macêdo, MBA Class of 2022)

 

MBA Class of 2022のRavi de Macêdoが寄稿しました。原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 


自分自身について

私は、ブラジル北東部の太陽が降り注ぐ海岸沿いの街、フォルタレザで生まれ、幼少期を過ごしました。父は私と弟を、主に製粉、不動産、再生可能エネルギーの分野で事業を展開する、80年以上の歴史を持つ家業のオフィスや工場で実質的に育てました。

17歳のとき、私は大学進学のためにサンパウロに移り、マーケティングの学位を取得しました。それ以来、私のキャリアは、営業開発、Go-to-Market、マーケティングの分野で構築されてきました。家業や他の消費財メーカーで約5年間働いていました。MBAを取得する前は、EYでコンサルタントとして働き、主にコーポレート・ガバナンスに関連するプロジェクトを担当していましたが、このテーマも私を魅了してやみませんでした。

 


IESEにたどり着くまで

MBAを取得するまでの数年間、私は自分の家族のコーポレート・ガバナンスとファミリー・ガバナンスを再編成するという強烈なアジェンダをサポートしていました。現在、2代目から3代目への継承を準備していますが、これは関係者全員に弾力性、共感性、感情的知性を要求する緩やかで微妙なプロセスです。私はすでに関連する仕事の経験を積んでいましたが、海外でMBAを取得すれば、自分のキャリアを向上させ、将来もたらされるかもしれない課題に家族を導くために必要な知識やツールをさらに得ることができると考えました。父は最初から私を支持してくれました。それは、父が自分の職業人生の中でこのようなステップを考える特権や機会がなかったからです。

そこで私は、自分にとって良い選択肢となる学校について、より詳細なリサーチを始めました。私が考えた最も重要な基準の中には  1. 世界的に有名な学校のMBA 、2.  経歴、文化、地理的に多様な集団、 3. 奉仕の精神を刺激し、集団の幸福を促進する組織文化、の3つがありました。これらを振り返ってみると、IESEは私にとってごく自然な選択だったと言えるでしょう。ケーススタディの方法論や、バルセロナのような素晴らしい都市に住む機会があるということも、決断をより容易にしてくれる基準でした。

 


私のMBA生活

引っ越しをしてからMBAを始めるまでのプロセスは、私にとって少し圧倒されるようなものだったことを覚えています。パンデミックの真っ只中で、国から国へと移動し、新しい学業を始めるというのは、非常に厳しいものでした。その上、私は結婚したばかりで、妻と一緒にバルセロナに引っ越すことになりました。

それにもかかわらず、IESEのコミュニティ全体から受けた歓迎とサポートは非常に心強かったです。

クラスメートの中には、異なる文化、視点、野心を持った力強いモザイクがあり、私がやろうとしていることすべてにおいて、自分自身のベストを引き出すよう常にチャレンジしてくれました。

最初の学期には、面接や夏季インターンシップの準備、学業への期待、そして少しのソーシャルライフ(正気を保つために重要)を楽しむという課題は、まさに曲芸のようでした。IESEは多くの機会と可能性を提供してくれますが、まず、キャリアと人生の願望全般について、自分の優先順位と可能なシナリオを自分で振り返ることが重要です。私の場合、このステップは根本的なものであり、無視することはできません。

そのため、私は最初から、MBAが提供するネットワークを活用し、中期的なキャリアプランにとって重要と思われる取り組みに参加するようにしました。ベテランの同僚たちとたくさん話をして、最終的には消費財クラブやラテンアメリカビジネスクラブなどのプロフェッショナルクラブでリーダーシップをとることになりました。また、ファミリー・ビジネス・クラブの会長に推薦され、この分野に興味や背景を持つ他の学生と協力する機会にも恵まれました。

 


ファミリービジネスクラブ

 

授業が始まった時から、ファミリービジネスクラブにもっと積極的に参加したいと考えていました。自分とよく似た状況でMBAを取得した、あるいは取得する予定の人たちと学び、経験を交換することは、視野を広げ、自分にとって最も意味のある道を理解する機会となります。実際、MBA Class of 2022では、ファミリービジネスのバックグラウンドを持つ学生が学年全体の約10%を占めています。

このクラブのミッションは、ファミリービジネスの関係者が強力なネットワークを構築し、巧みに導かれた方法でお互いに学び合うことで成長するためのプラットフォームを提供することです。

そのために、隔月で開催されるレクチャーやワークショップでは、著名なコンサルタントや経営者をお招きし、コーポレートガバナンス、コンフリクトマネジメント、後継者育成など、規模や分野、場所を問わず、ファミリービジネスに関連するテーマについて学んでいきます。私たちは、ファミリービジネスの一員である必要はなく、ファミリービジネスに何らかの関係を持つすべての学生を歓迎したいと考えています。そして、この優れたネットワーキングこそが、クラブが提供する最大の資産の一つであると信じています。

また、当クラブは、ハインリッヒ・リヒテンシュタイン教授の支援と指導を受けることができます。リヒテンシュタイン教授は、起業家金融、富の管理、起業家一族のガバナンスを専門としています。リヒテンシュタイン教授は、2年生の選択科目である「LAND – Landing on your family business」を担当しています。この科目は、ファミリービジネスを営んでおり、後継者育成のための準備を始めたいと考えている学生を対象にしたもので、ファミリービジネスの「着地点」を探るものです。全ての学生には、IESEの卒業生の中から選ばれたメンター候補が紹介されます。このコースは、世界的に有名な講演者を招いて行われるFamily Business Conferenceで締めくくられ、生徒の家族や親戚と学習内容について話し合う機会も設けられています。

 


次のステップと将来の受験生へのアドバイス

夏のインターンシップでは、幸運にもジョンソン・エンド・ジョンソン・ブラジルで、ヤンセンの戦略的市場アクセス分野のコーポレート・ガバナンス・プロジェクトに携わることができました。株主として、また経営者として、自分の将来に役立つ学びを得ることができ、新しい分野で仕事をする非常に興味深い機会となりました。さらに、ブラジルにおける新型コロナウィルスワクチンの商業利用のためのビジネスプランの策定にも携わり、非常に濃密で充実した経験をしました。

現在、2年生となった私が優先しているのは、MBA取得後のプロフェッショナルな生活と、家業がもたらす責任や課題を調和させることです。この意味で、何人かの教授との会話や指導、そしてファミリービジネスクラブの仲間たちとの経験の交換は、私にとって大きな助けとなりました。実際、優先順位のバランスを取り、自分にとって都合の良いシナリオや選択肢を構築する方法を知っていることは、この旅全体を通して非常に価値のあるスキルです。

将来の受験生に対する私のアドバイスは、まさにこれです。かなりの時間をかけて、自分自身、優先事項、目標、そして自分の人生の目的を考えるとどのような道が理にかなっているのかを知ることです。このような考えを既に持ってMBAに臨むことは、本当に重要なことのためにエネルギーと時間を節約する方法です。このプロセスを信頼し、何度強調しても足りないのですが、全ての瞬間を楽しんでください。良いことも、困難なことも、悪いことも。最終的には、それぞれが懐かしくなるでしょう。