卒業生の活躍:Lois Liu(MBA Class of 2019)

 

2019年に IESE MBAを卒業したLois Liu(中国(香港)人・スイス在住)が、卒業後の軌跡とIESEが人生に与えた影響について語りました。原文はこちらをご覧ください。

 


あなた自身について教えてください。

私は中国の小さな都市で生まれ育ち、学部課程のために香港に移りました。

卒業後、PricewaterhouseCoopersにコンサルタントとして入社し、APACの金融サービス機関にサービスを提供していました。

IESE MBAは、私のキャリアにおいて、場所と業界を変えるのに役立ちました。

現在、私はスイスのバーゼルにあるNovartis Pharma AGの財務育成プログラム(FDP)アソシエイトとして働いています。

 


なぜMBAを目指すことにしたのでしょうか。また、どのようにしてIESEを選択したのでしょうか。

MBAは常に私の計画に含まれています。

私は法学の学士号を取得し、関連したカリキュラムを取得しました。

しかし、私は金融、運営、マーケティングなどのビジネス関連のテーマに一層興味がありました。

そのため、私は常に大学院でビジネスを学びたいと思っていました。

更に、私は自分のキャリアをコンサルティングからヘルスケアに転換することを計画していました。

優れたMBAプログラムは、そのような移行の扉を開くことができます。

優れたMBAプログラムの私の基準には、次の4つの重要な要素が含まれます。

(1)質の高い教育、 (2)多様な学校コミュニティ、(3)優れたキャリアサポート、(4)強力な卒業生ネットワーク、です。

また、ビジネス以外の学部生として、私はインターンシップオプション付きの2年間のプログラムを好みました。

これにより、キャリアの移行により多くの時間をかけることができます。

IESEは、バルセロナに加え、ニューヨーク、上海、サンパウロ、ナイロビに海外拠点を持ち、且つ前述の全てのチェックボックスをオンにする数少ないMBA学校の1つとして際立っていました。

これらの素晴らしい都市の全てではないにしてもいずれかに旅行したりそこで勉強をする機会に加えてバルセロナに2年間住むという誘惑に抵抗することは困難です!

 


MBAによってあなたはどのように変わりましたか。それは、あなたの期待を満たすものでしたか。

IESEでの19か月は、私の予想を完全に超えていました。

最初の数ヶ月は非常に困難でした。

常に興味の対象が多すぎた私は、学業、ネットワークの構築、就職活動などの項目の優先順位の競い合いに完全に圧倒されていました。

そして、自らが万能になる方法がないことに気づいたのです。

私は一度に1つの問題しか処理できず、残りの問題については周囲の助けを活用することができました。

周囲も私と同じような課題に直面していたので、チームワークが重要な役割を果たしました。

幸運なことに、惜しみなく支え合った同級生たちと一緒にいることができました。

この協力的な精神は、学業と楽しむことの適切なバランスを見つけながら、キャリア開発に集中するのに役立ちました。

それによって、私は一層優れたチームプレーヤーになり、同級生との長期にわたる友情を育むことができました。

 

 


IESE MBAはコンサルティングからヘルスケアへの移行にあたりどのように役立ちましたか。

金融サービスのコンサルティングからヘルスケアへの転職は、比較的困難です。

IESEは、ギャップを埋めるためのビルディングブロックを提供してくれました。

ケースコンペやヘルスケアトレックなど、業界の専門家からの洞察を没頭して学ぶことができる多くの活動がありました。

キャリア機会の観点から見ると、IESEは多くのトップヘルスケア企業からMBAリーダーシッププログラムのターゲットスクールとして認識されており、私のようなキャリアチェンジャーにこの業界に参入する良い機会を提供してくれています。

一層重要なことに、キャリアディベロップメントセンター、卒業生、2年生は、私に多大なサポートを提供してくれ、採用プロセスとそれにあたって面接の準備を案内してくれました。

これにより、バーゼルのNovartisにおけるFDPインターンシップに成功しました。

Novartisでのインターンシップ中、私はグローバルプロジェクトを支援するために難しい役割を引き受けました。

MBAで培ったスキルを活用して、複雑な組織を導き、時間通りに高品質の結果を提供することができました。

また、IESEコミュニティの多様性のおかげで、グローバル企業で働くことは、MBAの経験からの自然な継続のように感じられ、とても楽しかったです。

 


最後に、受験生へのアドバイスはありますか。

就職活動と同様に、次の質問について考えることをお勧めします。

(1)MBAから何を得たいか。 (2)IESEが目標を達成するために提供できるものは何か。

それは、内省及び学校とプログラムに関する調査を伴う、苦痛なプロセスかもしれません。

しかし、IESEでの私の経験を振り返ると、私の出願書類におけるこの「デューデリジェンス」プロセスは、努力する価値があるとしか言えないものでした。

したがって、入学担当官とキャリアディベロップメントセンターに連絡して、IESEとMBAプログラムについての洞察を得て、卒業生と在校生と話し合ってMBAの経験について学ぶことを受験生にはお勧めします。

私個人としては、MBAは人生を変える経験です。

IESEは、ジェネラルマネジメントのアプローチとグローバルな視野を備えた一流の学校です。

したがって、国際的なキャリアを持つリーダーを目指しているのであれば、IESEのMBAは素晴らしい選択です。