卒業生の活躍:Jong Sock Park (MBA Class of 2008)

 

2008年に IESE MBAを卒業し、現在はLG Economic Research Institute (LGERI)で活躍するJong Sock Parkが、卒業後の軌跡とIESEが人生に与えた影響について語りました。主なポイントは以下の通りです。詳細はこちらをご覧ください。

現在の仕事について教えてください。また、その仕事について何が一番気に入っていますか。

IESE MBA卒業後、私はシニアコンサルタントとしてLGERIに入社しました。 LGERIは、LGグループ全体のシンクタンクとして機能する社内のコンサルティング組織です。 持株会社および関連会社の経営陣の経営コンサルティングおよびアドバイザリー業務に携わっています。 私たちの日々の仕事は、様々な経営陣のための特定のコンサルティングプロジェクトを中心に展開しています。

私の仕事の中で最も魅力的なのは、グループの事業の様々な側面を見渡す機会を与えてくれることです。これは、特定の事業部門に所属していたら経験できなかったことです。 私はそのようなプロジェクトに携わる挑戦を楽しんでいます。 例えば、業務の結果は、経営陣の期待を満たし、時に超える必要があります。 これは私の仕事の中でも最もやりがいのある部分の1つであり、同時にそれは私が新しいことを学ぶことへのやる気を起こさせる要因の1つです。

 

「IESEのフルタイムMBAで学ぶことは、時間、労力、金銭の莫大な投資である」(1)出願前、そして(2)あなたの経歴を振り返って今、この点についてどう思いました(思います)か。

幸いなことに、私はIESE MBAに対してモチベーションが高かったですし、そして同時に、私の妻から全面的な支援を受けていました。 確かにMBAは財政的にも時間的にもかなりの多額の投資を必要とします。 しかし、振り返ってみると、このモチベーションと家族の支援はそれをすべて可能にしました。 投資収益率(ROI)を計算するのではなく、MBAの様々な利点を発見することができました。 卒業から10年経った今も、IESEのMBAは私が人生で最も良い決断をしたものの1つであると私は信じています。 経営の知識、ビジネス上の問題への取り組み方、そのような多様な環境に溶け込む能力、IESEにおける家族のような雰囲気についての思い出などは、IESE MBAに関する素晴らしい点の一部に過ぎません。 私はIESE MBAには時間と投資の価値があると強く信じます。

 

今日も連絡を取り合っているIESE MBAの友達や同窓生について教えてください。

私がIESEで出会ったコミュニティと人々が、IESEを非常に特別なものにし、際立っていると強く信じています。 卒業から10年が経ちましたが、私たちは今も連絡を取り合い、お互いに助け合っています。 全体のプロセスはとても自然で快適です。 IESEの友人、教授陣、そして教授が時々韓国を訪れます。ランチやディナーに集まってキャッチアップするのはいつもとても楽しいです。 さらに、彼らが生み出している職業上の経歴と足跡は私にとってもう一つのエネルギー源として役立ち、私が私の経歴においてさらに一歩前進するのを助けています。

 

もし再度IESE MBAで学べるなら、あなたは何か異なることをしますか。

人生は常に「もし~ができるなら」ということで一杯ですが、IESE MBAをもう一度やることができれば、間違いなくもう少し旅をしてスペインとヨーロッパをもっとよく知ることを試みるでしょう。 そしてもちろん、他にもたくさんの異なる素晴らしい料理を試すでしょう。

 

リーダーシップについて、あなたが次の世代に引き継ぐべき最大の教訓は何ですか。

私の理解では、リーダーシップとは、ビジョン、エネルギー、そしてその目標を達成するための具体的な方法を他の人に伝え、その旅に加わるように彼らを説得する能力です。 だから私はモチベーションがリーダーシップにおいて非常に重要な要素であると思いますし、そしてこれは多くの誠実なコミュニケーションを必要とします。

IESEでは、私たちは毎日コミュニケーションの練習をしていましたが、これは仕事においても個人的にも非常に役に立ちました。 リーダーシップは、より良い状況、より良い世界を追求するための継続的なコミュニケーションと説得力です。

 

仕事以外でのJong Sock Parkについて教えてください。

仕事以外では、特に妻と2人の子供たちと一緒に、家族に焦点を当てるようにしています。 私は家族と過ごす時間を最大限に活用しようとしています。時間は無限ではなく、最も重要なのは現在です。 起こった最もエキサイティングなことの1つは私が私の息子と娘に自転車に乗る方法を教えたということです。 もちろん、私はその過程でかなりたくさん走らなければなりませんでした、しかしそれはかなりやりがいがありました。 仕事の外では、私はこのような小さいながらも持続的な幸福を追求するのが好きだと思います。 全体として、私は夫、父、息子、友人、地域社会の一員、IESEの卒業生としての私の役割を果たすようにしています。

 

IESEにおける印象的な経験について教えてください。

私はIESE MBAでとても素晴らしい経験をしました。 今日、IESEにはかなりの韓国人MBA生がいますが、2008年のクラスでは、私は唯一の韓国人で、マルチカルチ(IESEの最大のパーティー)の準備は本当に楽しかったですが、同時に非常にやりがいがありました。 私は韓国の野菜パンケーキを作り、イベントのために韓国のスピリッツを用意しました。そのような大量の料理は簡単ではありませんでした。しかし、そのような国際的な雰囲気の中で、そのような多様な友人グループと集まることは、努力に値する驚くべき経験でした。

もう一つの素晴らしい思い出は卒業式でした。 私の妻と私の両親は式典のためにバルセロナへ飛び、IESEキャンパスで素晴らしい卒業式ディナーを楽しみました。 これは、2年間のMBAを締めくくること、そしてIESEの後に別のマラソンを始めるための素晴らしい方法でした。

 

あなたがランチに招待することができる誰かが世界中にいるとしたら、それは誰でしょうか、またそれはなぜでしょうか。

不可能であることを私は知っていますが、私は私達と一緒に昼食をとるために1年半前に亡くなった私の亡き父を招待したいと思います。 彼はそのような大きな信頼を示し精神的にも支持してくれました。そして彼は私の妻と彼女の家族のための偉大な父親でした。 さて、私たちの愛する人との時間は無限ではありません。私たち全員が、今日私たちに与えられている愛と幸福を活用することを願っています。