ケースメソッド100周年

原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

今年は、1921年4月にハーバード・ビジネス・スクールが初めてケーススタディを作成してから100周年を迎えます。IESEは、米国外でケースメソッドの使用を先導してきた学術機関の一つであり、60年以上の歴史の中で、6万人以上のプロフェッショナルにケースメソッドで教育を提供し、約6,200のオリジナルケースを作成してきたことから、この記念行事に参加しました。

では、ケースメソッドとは一体何なのか、そして、なぜそれが今も有効なのか。

ケースメソッドが現在も有効である最大の理由は、それが機能するからです。ケースメソッドは、ダイナミックで実践的な学習方法であり、学生をシニア・エグゼクティブの立場に置くことで、現実のビジネス問題を解決し、戦略的な意思決定を行う練習をすることができます。

また、アイデアの交換と議論に基づいた学習方法の一例でもあります。IESEでは、他の人と交流し、自分の視点や仮定に挑戦したり伸ばしたりすることが、学ぶための最良の方法であると認識しています。ケーススタディは、ビジネス・シミュレーション、コーチング、体験学習など、他の様々な議論ベースの学習方法と並んで、この方法の一例となっています。

ケースメソッドの場合、講義室でただ座っているだけでは意味がありません。その代わりに、参加者全員が目の前の問題について議論し、考察することが求められます。教授はファシリテーターのような役割を果たし、各ケースの倫理的、ビジネス的な意味合いを導き出していきます。また、この討議では、クラスに参加している個々人の多様な業界経験、文化的背景、考え方が活用され、学習プロセスが一層充実したものになります。

過去100年間、ケースメソッドは時代に合わせて常に進化してきました。実際、過去3年間で200の新しいケースがIESEの教授によって書かれ、現在起こっている最も差し迫った問題について書かれています。例えば、バルセロナにあるVall d’Hebron大学病院では新型コロナウィルスの発生の第一波をどのように管理したか、というケースが挙げられます。

また、当校のケースは、学校、教授陣、学生の多様性を反映して、明確な国際的視点を備えています。多くのケーススタディは北米の大企業に焦点を当てていると思われがちですが、IESEのケースはYouTubeやSpotifyなどの有名企業だけでなく、新興国の企業や若いスタートアップ企業も対象としています。また、世界最大級のスペイン語のケースコレクションもあります。

多様なケースを学び、多様な学生と議論することは、参加者の視野を広げるために不可欠な、活発で豊かな議論を促進する鍵となります。

最近のケースは、コンテンツだけでなく、ポッドキャスト感覚で聞けるオーディオケースや、シミュレーションなど、様々な形式が用意されています。

また、ケーススタディのディスカッションは、対面で学ぶ場合、ハイブリッド形式で学ぶ場合、IESEのバーチャルクラスルームを利用する場合など、様々な異なる文脈で行われます。これは、今日のマネージャーが、柔軟性があり、かつ他の人との交流や個人的なフォローアップが保証された教育を必要としていることを反映しています。

IESEには、世界でも有数のスペイン語のケースコレクションがあります。全カタログはIESE出版のオンラインストアで入手可能で、15の主要大学のケースも配信されています。

“IESEでは、形式や状況にかかわらず、最高の学習体験を提供することに重点を置いています。テクノロジーの進歩に伴い、ケースメソッドも進化し続けています。しかし、経営者が最もよく学ぶ方法の本質、そして多様な仲間と知識を共有し、視点を交換することで得られる価値は変わりません」とJulia Prats教授は述べています。