卒業生の活躍:Mawuse Ziegbe(MBA Class of 2014)

原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

名前:Mawuse Ziegbe

卒業年: 2014年

国籍:アメリカ

居住国: オーストラリア

勤務先: Camper

 


あなた自身について教えてください。

私は、非常に非伝統的なMBA生でした。MBAを取得する前は、エンターテイメント系のライターやジャーナリストとして活躍していました。ニューヨークで5年間、主にBETの「106 & Park」のライター兼リサーチャーとして働いていました。この番組は、アフリカ系アメリカ人の若者に語りかける、文化を代表するライブテレビ番組でした。私はこの番組を見て育ったのですが、幸運にも番組のライター兼リサーチャーとして採用され、番組のスクリプトを書いたり、Kanye WestやMariah Careyなどのインタビューを調べて書いたりしていました。また、NBCや伝説的な独立系マーケティング会社「Giant Step 」のナイトライフ・コラムを担当し、執筆やインタビューのスキルをさらに高めることができました。その後、MTV Newsでレポーターを務め、Justin BieberやMissy Elliottなどのアーティストにインタビューした後、地元に戻り、Boston.com(当時はThe New York Times Companyの一部)でコンテンツプロデューサーを務めました。

パーティーに参加したり、好きなアーティストに会ったり、24時間365日音楽の話をしたり、パンチの効いた記事を書いたり、デザイナーの衣装にはあまり手を出さないBlack Carrie Bradshawのようにニューヨークを走り回ったりと、20代のニューヨークでのライターの仕事は何年も前から大好きでした。しかし、私はエンターテインメント・ライティングの長期的な展望に確信が持てませんでした。雑誌や新聞のような伝統的なメディアは、デジタル化が進む世界で自分たちのコアバリュープロポジションと格闘しており、私は自分の将来を見通すことができませんでした。また、海外で生活することや、MBAを取得することにも興味がありました。編集部の仕事は、デザイン上、商業的な側面とは非常に切り離されていることが多いです。これは、編集者としての品位を保つためでもあり、私は前職ではビジネスにあまり触れていませんでした。世界有数の都市であるバルセロナで生活しながら、ビジネスの基礎をしっかりと身につけたいと考えていました。IESEではそれが可能でした。

現在、私はCamper社のオーストラリアとニュージーランドのカントリー・ディレクターを務めています。一般的な管理業務であるため、毎日異なる課題に取り組むことができ、私にとっては素晴らしい仕事です。商業施設の賃貸交渉、チームメンバーの仕事上の目標達成のための指導、販売機会の分析、ホールセールパートナーとの販売管理、新しいフットウェア技術の深堀りなど、1日の中で様々なことを行っています。また、私は幸運なことに、毎日一生懸命に働き、私を刺激し、やる気にさせてくれる素晴らしい現地チームに恵まれています。彼らのおかげで、私の仕事はとてもやりやすくなりました。

仕事をしていないときは、ローラースケートをしたり(永遠のディスコですからね)、初心者向けのヨガと格闘したり(今でも)、ファッション雑誌や伝記を読みふけったりしています。Sara Gay Fordenの『The House of Gucci』とAndré Leon Talleyの『The Chiffon Trenches』は必読書です。

 


アメリカからスペイン、そして今度はオーストラリアと、何とも興味深い旅ですね。MBAは期待通りでしたか。ハイライトやサプライズがあれば教えてください。

IESEは私の期待を上回るものでした。教授陣の洞察力には毎日驚かされました。

ケースを解決すること、つまり数字を正しく把握することと、ケースを解決することがあります。このソリューションは、目の前のビジネス問題のニーズを全て満たしているのか。長期的にはどうなのか?私たちが管理している人々はどうなるのでしょうか。IESEは、私の商業的アプローチにニュアンスを加えることに挑戦し、素晴らしい仕事をしてくれました。

その中でも、私の世界観を常に覆してくれた Elena Reutskaja教授の1年目のマーケティングのクラス、 Jose Luis Nueno教授のマーケティングとメディアのクラス、2年目の Andrea Baldo教授と Fabrizio Ferrarro教授のラグジュアリー(戦略面)のクラスは、私のキャリアの焦点を洗練させ、現在の職務にも教訓を与えてくれていますが、これらに限定されるものではありません。驚くべきことに、 Jan Simon教授のウェルスマネジメントコースは私の人生を変えました。

チームメイトや同僚から学ぶことがいかに貴重かということに驚きました。私は、台本を書いたり(書き直したり)、人気番組のライブコンテンツを制作したり、さまざまなラッパーの歌詞の良し悪しを議論したりすることが90%を占めるエンターテインメントの世界から来たので、会計や財務などのテーマについては、早い段階でチームのサポートが必要でした。国際的なグループとのクラスディスカッションでは、自分の育ってきた環境以外の解決策を考えざるを得ませんでした。例えば、アメリカでは何もしないで人を解雇することがありますが、チームメンバーのモチベーションを高め、仕事上の関係を改善し、共通の目標を達成するための独創的な方法を仲間から聞くことができたのは、非常に有益でした。

個人的な話になりますが、1年目の2学期目に母が亡くなりましたが、教授陣やIESEのスタッフは皆、とても親切に対応してくれました。Franz Heukamp学長は、私の状況を知ったときに話をしてくれました。 Elena Reutskaja教授は、母の医師とのコミュニケーションについて相談に乗ってくれました。私は自分が受けた人間味あふれる対応を大切にしようと考えており、自分のマネジメントスタイルや人との関わり方にもこのようなアプローチを取り入れようと思っています。

 

 


IESEのコミュニティがあなたにこのような影響を与えたことを知って嬉しく思います。これまでのMBA取得後のキャリアにおいて、MBAはどのように役立ちましたか。

私のMBAは非常に貴重なものでした。損益計算書の解釈、商機の分析、効果的な交渉方法などのハードスキルは、毎日のように使っています。もっと広く言えば、IESEは私をより思慮深く、配慮のあるリーダーにしてくれました。1年目の授業では、Rafael de Santiago教授による非常に専門的な意思決定分析のケースがありましたが、最初は理解するのに苦労しました。しかし、授業の中で、その数字が実は、後に壊滅的な被害を受けた組織の内部文書に関連していることを明らかにしました。数字の裏には必ず人がいることを忘れてはいけないという教訓でした。私たちは商業上の義務を総合的に見て、管理する人々に優先順位をつけなければなりません。他のIESEの教授も同じことを言っていました。このアプローチは、新型コロナウィルスの際に、30人以上のチームで、非常に困難な時期に人間味を必要としていた私を大いに助けてくれました。

 


振り返ってみて、MBA取得後の目標は達成できましたか。

人と違うことをしたいということを除けば、MBA取得時にはあまり明確な目標はありませんでした。1年目と2年目の間にadidasでインターンをした後、欧州の小売/ファッション企業のMBAローテーションプログラムに参加し、カントリーディレクターになるという非常に具体的な目標を立てました。幸運なことに、この目標を達成することができました。

 


個人的なレベルでは、MBAの経験はあなたをどのように変えましたか。

私のMBAの経験は、計り知れないほど私を変えました。以前は定量分析に非常に臆病になっていましたが、今は数百万ドル規模の子会社を管理しており、常に定量的なスキルが試されています。また、他の文化やビジネスのやり方を理解するのに、それほど近視眼的ではなくなりました。私にはIESEからの生涯の友人がおり、常につながりを感じられるコミュニティがあります。Baldo教授やNueno教授などの教育者とは今でも連絡を取り合っていますが、彼らの指導、洞察力、メンターシップからは今でも恩恵を受けています。私は人生で最高の2年間を、最も素晴らしい都市で過ごしました。

 


もしもう一度MBAを取得するとしたら、何か違ったことをしたいですか?

できれば3年間やりたかったですね。

 


おそらく、多くの卒業生がそう思っていることでしょう。最後に、これから出願する方へのアドバイスをお願いします。

IESEは、他のMBAと同様に、自分で作るものです。その瞬間を大切にし、ケーススタディには時間をかけましょう。全てのMBAプログラムがケーススタディ方式を採用しているわけではありませんが、IESEのアプローチは素晴らしく、このプログラムの数ある貴重な特徴の1つです。キャリアサービスとの関係を築き、適切なサポートを受けられるようにしましょう。私が現在の会社に入社したのは、M. Angeles Losa(キャリア・アドバイザーの一人)と連絡を取り合い、小売業をやりたいことを伝えたからです。彼女は、私の採用プロセスのすべてについて、明確で実行可能なアドバイスをしてくれました。Camperが探していた米国人を採用しなかったとき、私は米国市場向けの戦略デッキを作成し、M. LosaがCCOに送りました。その1週間後には面接が行われ、1ヵ月後にはオファーがありました。それは7年前のことで、それ以来、私はCamperにて、2つの大陸で3つの役割を担ってきました。他の投資と同じように、MBAも管理しなければなりません。しかし、時間と努力を惜しまなければ、IESEにはその価値があります。

アメリカ人の志願者は、ロケーションを過小評価してはいけません。スペインの生活費は非常に手頃で、勉強して一流のMBAを取得するには完璧な場所です。私はボストン出身で、ペンシルバニア大学で学士号を取得しました。信じてください、バルセロナのナイトライフはそれらの都市に簡単に勝ります。