コロナウィルス危機と向き合うリーダーシップの本質

原文(英語)はこちらをご覧ください。

 

今週、世界的なコロナウイルスの大発生は新たな段階に入り、不確実性と不安が高まりました。過去の危機と同様に、正当な懸念がパニックに陥ってはなりません。そして、責任あるビジネスリーダーは、この心配な時間軸における安全で効果的な針路を示すという点で重要な役割を果たします。

そのことを念頭に置いて、IESEは3月9日にオンラインセッションを開催し、健康安全保障の専門家であるAxel LambertとIESE教授陣のPedro VidelaMike RosenbergYago de la CiervaAlberto RiberaWeiming Zhuを集めて冷静かつ共感に重きを置いた形での危機管理に光を当てました。

6つの重要なポイントを次に示します。

1.情報源を慎重に選択して制限しましょう。何が起こっているかを知ることは明らかに重要です。しかし、全ての情報源が同じというわけではありません。 「コロナウイルスの「テレビ番組」をオフにすることをお勧めします。役に立ちません。これら全てのニュースには、不安と緊張を高める、という1つの効果があります。テレビ番組を見続けていても意思決定の質は向上しません。」と、健康に関する安全の専門家であるAxel Lambert(MBA ’01)は、述べています。Lambertは、「世界保健機関や特定の国の健康管理などの問題に関して正当な権限を持つ1つまたは2つの情報源を特定し、それらに固執すべきです。死者に関する数字がメディアによって絶えず私たちに投げつけられているという事実にもかかわらず、それらは経済指標ではないことを覚えておく必要があり、経済的被害とこの種の危機による死亡者数との間に相関関係はありません」と付け加えました。

2.人々に力を与え、参加させましょう。危機的な状況では、人々は助けたがっています。多くの場合、彼らは自分の試みがどのように実践されるべきか知らず、失敗します。企業内でリーダーシップを発揮する立場にある人は、従業員が果たすべき役割があることを彼らが理解するのを助ける責任があります。誰もが解決に向けて動くようにするということは、どのように反応すべきかを彼らが知る手助けをすることを意味します。例えば、細菌の拡散を制限する方法を共有することは、スタート地点として理想的です。頻繁に手を洗ったり、咳やくしゃみをしたときに口を覆ったり、手を振らないことを選んだりすると、非常に大きな影響があります。 。

3.共感と明確さでコミュニケーションしましょう。万人が同じようにリスクを認識するわけではないことを忘れないでください。社内またはチーム内の多様な立場にある社員を特定して対処する準備をしてください。そして、共感して、一方向のチャネルではなく、対話できるコミュニケーションチャネルを作成します。コミュニケーションしすぎることはコミュニケーション不足よりもはるかに優れています。 「沈黙は意味をなしません。 「わからない」と言うことを恐れないでください。知っていることを全て言ったと思っても、主張し続けてください。」Yago de la Cierva教授は、透明性だけが機能する唯一の要素であると促しました。

4.安全な環境を作りましょう。従業員を保護しましょう。従業員の安全と幸福は何よりも重要です。危機の時には、内部の利害関係者は外部の利害関係者と同じくらい重要であることを忘れないでください。従業員が病気だとしても安心して電話できるようにすることは、安全を確保するための1つの方法です。細菌の拡散を制限し、他の従業員がウイルスにさらされる可能性を減らすのに役立ちます。メッセージは明確でなければなりません。病気の場合、仕事に来ることはあなたにとっても、会社にとっても、社会全体にとっても悪いことです。社内でのウィルス大発生に対処するために適切に開発されたプロトコルを用意し、それに精通していることは、人々の安全を守るために積極的に取り組むことのもう1つの重要な側面です。

5.立ち止まり、改善するために反芻しましょう。ビジネスの世界では、多くの場合、短期KPIが意思決定の原動力です。例えば、生産性は、他の多くの重要な事業の側面を覆い隠す傾向があります。強制的な減速により、コロナウイルス危機がビジネスの世界に現れました。事業だけでなく、それがどのように行われているかを熟考してください。サプライチェーンを強化する方法や、新しいビジネスモデルを評価する時期かどうかなどの質問を自問してください。物事がどのように行われているかを再評価します。短期的思考を超えて考え、新しいことを試してください。

6.次の危機に備えて今すぐ準備しましょう。コロナウイルス危機は、この類のものとしては、最初のものではありません。ビジネスリーダーとして直面する最後の混乱ではないはずです。今回、効率的に対応するためのポリシーとプロトコルが設定されていなかった場合は、COVID-19と今後の展開の両方に関連する将来の展開の予測を開始してください。目の前にある状況について見識のある人が参加するようにしてください。よく言われるように、最良の防御法は攻めることです。