IESE Business Schoolと大学院大学至善館の提携

 

IESE Business Schoolは、新たに日本で設立された大学院大学至善館と提携することとなりました。IESE Business School学長のFranz Heukampと大学院大学至善館の野田智義氏によって、49日に東京にて開催されたイベントの折に本合意につき、署名されました。両教育機関の哲学に沿う形で、リーダーシップの人格性に焦点を当てながら幹部教育プログラムを今後策定していくことになります。

この動きは、IESE Business Schoolのアジア(特に2013年に東京オフィスを開設した日本)へのコミットメントをさらに強めるものともなります。大学院大学至善館は東京・日本橋にて20188月より開校し、伝統的なマネジメント教育と日本及びアジア諸国の価値観・伝統・哲学・実践を結びつける形で、全人格リーダーシップに力点を置きます。

両機関は、日本での幹部教育のみならず、ビジネス教育の未来及び未来の方向性をどのように形成するかについての対話のプラットフォームを構築し、その一環として、カンファレンスやイベントを今後活発に共催してまいります。最初のイベントは20186月にバルセロナにて実施され、ビジネススクールの社会の中での役割について改めて考えます。

詳細はこちらの記事をご覧ください。