卒業生の活躍:Gerald Glauerdt (MBA Class of 2011)

2011年に IESE MBAを卒業し、現在はシンガポールのLEX (Lazada Express)で活躍するドイツ人、Gerald Glauerdtが、卒業後の軌跡とIESEが人生に与えた影響について語りました。主なポイントは以下の通りです。原文はこちらをご覧ください。

 

あなた自身とここに至るまでの軌跡を教えてください。

私は、IESEでMBAを取得する前に、ミュンヘンとボストンを拠点にL.E.K.Consultingで働いていました。

私はMBA期間中に私が起業家的なことをしたいと思ったことに気づきました。私はいくつかの起業家精神のクラスを取り、「どうやってこれに取り組むのか?」「私は自分のMBAに多額の投資をしましたが、どうすれば資金を再投入して会社を起業させることができるのか?」と自問自答しました。しかし、ミュンヘンに拠点を置くコンサルティングファームがキャンパスにやってきた際、学生としての借金を相殺するには私のために安全策と考え、そのうちの1つのオファーにサインしました。私は8ヶ月間そこで働きましたが、それが私がこの先もいたい場所ではないと判断した瞬間が訪れ、コンサルティングの世界を去ることにしました。

何人かの人と話して周りを見回した後、Rocket Internetは私にアプローチしてきました。彼らが求める基準は、(1)言語(私はポルトガル語を話しますが、彼らはブラジルのGrouponに誰かを派遣する必要がありました)(2)MBAの学位、でした。

彼らは私に尋ねました。「興味がありますか?我々はスタートアップを始めます。」 私は自問自答しました、「彼らは少し頭がおかしいように見えるが、もちろん興味がある。」それから私は創設者の一人に会いました。彼は私に、ブラジルのGrouponは非常に大きいと主張しましたが、他方、何らかの支援を必要としていました。私は彼らに、最初から何かを始めようとしているので、私は辞退の旨を伝えました。 Rocketは、彼らが様々な国で新しいベンチャーを始めていると私に言ったので、私は議論するため再び彼らに会いました。 Rocket InternetのOliver Samwerが、ベトナムで私と一緒にEコマース会社を立ち上げるよう説得しました。彼は私に5分ピッチをして、私に尋ねました、「あなたはできますか? いつから始めることができますか?」私は1日か2日考えて、「やります」と言いました。

私はコンサルティングの仕事を辞め、ベトナムに移りました。そこで私は、オンラインショッピングを東南アジアの人口6億人に広めることを目的とした、新しく設立された会社であるLazadaのCOO(最高執行責任者)を務めました。私たちはサイゴンに約400人のインターン生を抱えていましたが、それは大きな混乱でした。構造も、ITシステムも、財務も、人事も、そして何もありませんでした。 2012年に東南アジアの5カ国で立ち上げ、2年後にシンガポールを追加しました。

Eコマース市場がまだ確立されていなかったので、すぐに我々は輸送の選択肢が壊滅的であることに気付きました。そこで、私たちは自分たちのドライバーと一緒に荷物を配達するバイクのドライバーを何人か雇いました。それは「適切なスタートアップ」であり、私たちは当初、オフィスの地下室から全ての作業を行っていました。私たちは把握すべきことがたくさんあり、最終的にはより多くの運転手を雇うことになり、ベトナム中のいくつかの都市で私たちの新規輸送業務を開始しました。当時、会社の何人かの人々は、物流会社を設立したくはなくむしろEコマース会社を設立することに焦点を当てるべきだと主張して、私たちのことを狂っていると考えました。当時の問題は、Eコマースサプライチェーンのこの重要な部分に代わる現実的な代替手段がないことでした。当社の投資家は、競合他社への参入障壁を生み出し、エンドツーエンドの顧客体験を管理することができるため、これは実際には素晴らしいアイデアであると考えました。そのため、他のLazadaの拠点のある諸国、インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピンも、独自の車両を開発し始めました。

5年間ベトナムでLazadaの事業を拡大し、それを大規模にした後、私は結婚してLazada Expressで新しい役割を担うためにシンガポールに引っ越すことにしました。これは私たちが独立した存在としてカーブアウトした会社で、Lazadaの顧客に毎日何十万もの小包を東南アジアで届けています。私は今、地域全体でLEXの戦略と事業開発を担い、急速に変化する市場の状況に合わせて事業を成長させ、それに迅速に対応できるようにしています。 LEXのように資産や人の多いビジネスを毎年2倍にすることは簡単な作業ではなく、正しいマインドセット、ツール、能力が必要です。

 

 

長年にわたり、人を導いていく中で自分がどのように変わったと思いますか。IESE MBAの中に、リーダーシップについてのあなたの見解を形作った何かがありますか?

ベトナムに到着した際、私は冷たい水の中に投げられました。その会社に何人の人がいるのか私にはわかりませんでした。初日に私は歓迎のスピーチをしました、そしてそれが私が約200人の人々、彼らのほとんどがインターンである一方、私からのガイダンスとビジョンを必要としている、ということに気づいた時でした。私はそのような大勢の人々を率いることを予想していませんでしたし、そのやり方も知りませんでした。私の唯一の実務経験は、これまでのところ、チームが小規模で、チーム内に2人または3人の高学歴で、気概のある(そして給料の高い)人々がいるコンサルティングでした。多様なスキルや経歴を持つ多くの、主に若者をリードするのは別のチャレンジでしたが、まさに私が見逃していたこと、そして私が探していたことの類のチャレンジでした。私は私たちがIESEで学んだ多くのことについて考えましたが、私はリーダーシップとは本や学校では真に学ぶことができない何かであると思います。私がIESEでリーダーシップのスキルをすべて習得したと言ったとしても、それは事実ではありませんが、私がIESEで学んでいたときから大きな助けになったのは、むしろ「行間」です。世界中の多様な人々のグループとの合意、そしてお互いの信頼関係を形成することです。

ベトナムでは、言葉や文化が分からないので、地元の人に頼らざるを得ませんでした。私は合意、チームワーク、あるいはそれ以外の我々が何か欠いているものを必要としていました。ベトナムでは、ビジネス文化は非常に伝統的で階層的です。人々が自分の考えを表明したり、上司の言うことに異議を唱えることは珍しいことです。私は自分のチームが自分の考えを私に話してくれて構わないし、むしろそうするように彼らに勧めました。これが強力なチームを編成する唯一の方法です。人々に権限を与え、彼らに責任を与える。私は、全てのことがどのように行われるべきなのかを彼らに言うのではなく、自分たち自身で物事を把握させる余地を人々に与えるタイプのリーダーです。個人的には、私はどのようなリーダーシップスタイルが自分に最適で、この状況で最適に機能するのかを把握する必要がありました。 IESEは間違いなく私を助けてくれましたが、それはソフトスキルの面と文化面での敏感さのほうがより重要でした。 IESEのような非常に文化的に多様な環境でいることは私にとって素晴らしい経験でした、そしてそれは確かに私の視野を広げました。

地域だけでなく、機能、つまり物流も私にとっては初めてのことでした。私は物流専門家ではありませんでした。柔軟でオープンであり、新しい方法を試す自信を持つことは、この役割で成功するために非常に重要です。私たちが大きくなればなるほど、私は自分のチームに責任を委任し、彼ら自身をリーダーにすることを検討していました。私がシンガポールに拠点を移した際、私のインターンの一人が引き継いで、私はLazadaのCOOになりました。彼は本当に “自家製”で​​あり、彼は現在ベトナムでチームをリードしています。このように大きくて複雑なチームを率いるためにどれだけ彼が早く学んで成長したかを知ることは素晴らしいことです。

 

コンサルティングから起業家への転身には勇気が必要です。もしあなたが振り返ってあなた自身にキャリア上のアドバイスを与えるならそれはどのようなものになりますか。

私は自分とその他他の全員に、コンサルティングは素晴らしい最初の仕事であるとアドバイスします。私はそれを後悔していません、それをしたことは私にとって良かったです。あなたは、良いプレゼンテーションを準備するために、構造化され、非常に一生懸命に(時には長い夜を過ごしつつ)働き、きれいなExcelシートを作る方法を、そしてそれらのモデルを全て構築することを学びます。それはクラッシュコースのようです。私はそれをまたやりたいと思いますが、永続的に行うものではありません。私は自分が結果、つまり行動を伴う世界に近づきたい、と悟ったのです。私は自分の決定にどのような影響があるのか​​を見たかったのです。私はもっ​​と実践的に、ビジネスにもっと関与して、そして最も重要なことに、私は人々をリードしたいと思いました。とはいえ、コンサルティングの準備がなければ、Lazadaでもっと苦労したことでしょう。Lazadaでは、MBAとコンサルティングで得たものを単純に組み合わせ、実行に結びつけることができました。

 

その過程であなたが学ばなければならなかったことは何ですか。

コンサルティングとMBAでは、環境はより構造化されています。 ベトナムのような環境では、完全な管理と完全な可視性なしにマネジメントすることを学ぶ必要があります。それができない人もいます。 彼らはおそらく次の飛行機でヨーロッパに戻るでしょう。 この不確実性と全てが完璧というわけではない環境は、私が本当に楽しんだものです。 私は信頼できるチームを構築しなければなりませんでした。 KPIと構造は残りのことをするのを助けました、しかし本当に重要なのは人々です、それは文化を築き、チームと結果を成功させるものです。 新興企業は、ステロイドの構造と管理を行っているコンサルティング会社とは異なり、曖昧です。 この違いに気を配って私のチームを信頼することを受け入れることは、私が最初に慣れなければならなかったことです。

 

 

MBAの真の投資収益率(ROI)について話しましょう。フルタイムのMBAを行うことは、時間、労力、そしてお金に対する大きな投資です – IESEに応募する前、そして卒業後何年も経ってから、これについてどう思いましたか?

私の学歴は経営工学でしたので、IESEの殆どのコースは私にとって全く新しいものというわけではありませんでした。私にとって、MBAのROIはもっと長期的なものです。それは構築するネットワーク(IESEは東南アジアで活発なネットワークを持っています)と超国際的な経験です。また、私がMBAなしで私がいるこれらの仕事への機会やアクセスを得たことはなかったでしょう。それでも、私の場合の経済的利益の観点からそれを測定することは本当に困難です。 MBAの間に仕事を休む時間は大きな贅沢であり、あなたがやりたいこと、あなたの本当の強みは何であるか、そしてあなたが本当にやりたいことを発見した多くの異なる人々と交流する時間です。私はMBAの間にこれらすべてをすることができましたし、次のステップを熟考することができました。

 

仕事以外の面について教えてください。あなたは何に情熱がありますか。

私は多様な文化や旅行に情熱があります。東南アジアで日々グローバル化が起こっていることと、Eコマースにおける技術の効果との組み合わせは驚くべきことです。例えば、AlibabaはLazadaを買収しました。 Alibabaがグローバルにどのように考えているかを見るのは魅力的です。アリババは世界最大の小売業者ですが、これまでのところ殆どの基盤が中国にあります。真のグローバルプレーヤーになることが最優先事項であり、Lazadaはその戦略の中核部分、つまり中国国外でAlibabaによってコントロールされる最初の大規模eコマース企業です。

私は今仕事の話に戻っていることを承知していますが、それは殆ど並行しているので、仕事のようには感じません。基本的に、朝自分を起こすのは仕事です。仕事のためにたくさん旅行しますが、行く先々の国や文化を探求し、そこに週末に滞在することで贅沢な時間を過ごすのも好きです。週末には、シンガポールは、私の妻や友人と一緒に探索するための素晴らしいレストランや公園をたくさん提供しています。雨の週末には、おそらく、家にいて新しいレシピを作っている私を見つけることでしょう。