ファイナンシャルタイムズ 2019 グローバルMBAランキング

 

2年連続で、IESEのMBAは、ファイナンシャルタイムズによって、世界でトップクラスのプログラムの1つに選ばれ、ヨーロッパで3番目にランクされました。2019年のグローバルMBAランキングでは、IESEのMBAは全体で12位となっています。詳細はこちらをご覧ください。

IESEのMBAプログラムの国際性とその卒業生の前向きなキャリアの結果は、ランキングにおける強い立場を可能せしめた明らかな要因でした。ナイロビ、ニューヨーク、サンパウロ、上海で海外の選択科目を勉強する選択肢があり、IESEは世界のランキングの国際的なコース経験の基準で10位、学生の国際的なモビリティで13位になりました。

ファイナンシャルタイムズはまた、IESE MBAの学生の94%が卒業後3ヶ月以内に雇用を見いだし、または就職を受け入れたこと、ならびに卒業後3年で卒業生の平均給与が128%増加したことを強調しました。

MBAプログラムの副学部長であるJulia Prats教授は、次のように述べています。「これは、IESEからのMBAの才能に対する世界のトップ企業からの継続的な関心、ならびに国際ネットワークを発展させ他の大陸でビジネスの経験を積むためのプログラム中の豊富な機会を反映するものだ。」

さらに、IESEは、企業の社会的責任(CSR)として世界第2位にランクされました。これは、ファイナンシャルタイムズによって今年導入された新しい基準です。この新しい基準では、MBAプログラムの期間中のCSR、倫理、および社会および環境問題に費やされる時間を考慮に入れています。

「社会的に責任あるビジネスリーダーの育成にIESEが焦点を当てることは、一時的な流行ではありません。企業は、収益を考慮するだけでは十分ではないことを理解する必要があります。また、周囲のコミュニティに与える影響についても考慮する必要があります。これは、MBAプログラム期間中のすべての活動およびコースを通じて強調される哲学です。」と、Pratsは述べています。

このランキングは、The Economist(ヨーロッパで1位、世界で6位)やForbes(2年制国際的MBAプログラムで2位)など、最近の数々の肯定的な結果を受けて、ヨーロッパにおけるトップクラスの学校の1つとしてのIESEの地位を固めるものとなっています。