卒業生の活躍:Ankit Sawhney(MBA Class of 2019)

 

IESE MBA Class of 2019卒のAnkit SawhneyがBUSINESSBECAUSEの記事に取り上げられました。原文(英語)はこちらをご覧ください。

 

IESEでMBAを取得する前に、Ankit SawhneyはGoogleでキャリアを築きました。同社は、創造性と革新に包まれた卒業生の夢でもあります。今年、Googleは6年連続で、クリエイティブが働きたい上位50社のリストに登場しました。

Ankitは、このように巨大テクノロジー企業へ参画する形でキャリアを始めました。デリー大学の商学士号を取得した後、インドのGoogleグルガオンオフィスでアソシエイトアカウントストラテジストとして働き始めました。その後、オーストラリアのシドニーに移り、分析の主導担当者としてインドに戻りました。

同社に4年間勤務した後、なぜ彼は離れることにしたのでしょうか。

「ビジネス全般や他の業界についてもっと知りたいと思いました。」とAnkitは言います。 「私が働いたことのある会社はGoogleだけでした。他にどんな会社があるのか​​知りたいと思いました。」

MBAは理想的な解決策でした。成長期間中、Ankitは6つの異なる都市に住んでいて、4つの異なる高校に通っていました。多文化の生い立ちを反映したプログラムを探すのは理にかなっています。それがIESE MBAが決め手となった背景です。

「IESEの国際的な雰囲気は他に類を見ませんでした。」とAnkitは言います。 「教室に多様なバックグラウンドを持つ非常に多くの人々がいる際、経験は一層刺激的なものになります。」

 

MBAに求めていたもの

Ankitは、一層知的な会話を望んでいました。 Googleでの彼の職掌では、経験不足ゆえ、ビジネスに関するより知的な議論に参加できないと感じていました。

IESEの国際的な多様性とケーススタディは、Ankitが彼が必要とする丸みを帯びたビジネス知識を獲得する最良の機会となりました。

「IESE MBAの形式は、私にとって非常に魅力的でした。授業に行くとき、それは実際には講義ではなく、議論やチーム会議のようなものです。」

実際、この学校は国際的な構成に誇りを持っています。生徒の85%は国際的なバックグラウンドを持ち、MBA Class of 2019は50超の異なる国籍から構成されていました。

「ラテンアメリカに関する事例を勉強できます。ラテンアメリカ出身の誰かが『私の家族はそこでビジネスをしている』と言うかもしれません」とAnkitは回想します。 「そのような国際的な雰囲気は他に類を見ませんでした。」

 

MBA後に新しいキャリアを開始する方法

Googleに勝る仕事場を見つけることは簡単ではありませんが、Ankitは卒業後にNetflixのムンバイオフィスで役職を見つけ、それを実現しました。現在、彼はタイトルオペレーションのプロジェクトマネージャーとして働いています。就職活動に対する革新的な取り組み方のおかげで、この機会が開かれました。

「私は文字通り携帯電話を開いて、『ユーザーとして本当に興奮している会社は何だろうか』と考えて、一日中各アプリをブラウジングしました。」と彼は説明します。

しかし、彼が現在のキャリアパスにたどり着いたのは、携帯電話のおかげだけではありませんでした。IESEのキャリアサービスも大きな助けになったと彼は言います。

「学校では、MBA卒業後に何をしたいのかを考えさせる多くの活動がありました。自分の情熱がどこにあるのかを見つけるのに本当に役立ちました。」と彼は主張します。

学校は、学生に次の段階を理解してもらうのを助けるために、個人的なコーチングとメンタリングの機会を提供し、キャンパスで無数の企業を呼び込んでいます。

「最終的に、私はテクノロジー業界に留まりたいと考えましたが、BtoCの領域で何かをし、同時に多くの人々の生活に影響を与えたいと思いました。」

 

Netflixで働く

MBA期間中のケースの1つがNetflixに関わるものだったという理由だけでなく、MBAはNetflixでの彼のキャリアを円滑に始めるための大きな助けだったと言います。 「興味深い偶然」とAnkitは笑います。

「IESEでMBAを取得後、6か月前からNetflixで働き始めました。」と彼は付け加えます。

「私はグローバルチームの一員であり、自分の職務自体はアジア、ヨーロッパ、米国の全オフィスにあります。MBAのおかげで、様々な文化を一層よく理解できるようになりました。」

Netflixの文化はどのようなものなのでしょうか。

「日々の仕事のために得られる自由度は非常に重要です。」と彼は説明します。 「しかし同時に、会社は社員に説明責任を負わせており、社員には多くの責任があります。」

「スタートアップで働いているに感じますし、アジアの新市場を開こうとしているように感じますが、同時に、非常に堅実な製品があることもわかっています。」

Ankitは国際的な経験を楽しんでいますが、支援を求めるべくいつも家に帰ると言います。 「現在、私の仕事には独自の興味深い課題があり、毎日「ゲーム」を持っていかなければなりません。」

「IESE MBAのために海外に行ったときでさえ、私の家族は支援の柱でした。助言が必要になったら、ただ電話を取り、話し合います。」