なぜまだMBAが必要か(学長インタビュー)

 

学長Franz HeukampがBUSINESSBECAUSEのインタビューを受けました。原文(英語)はこちらをご覧ください。

 

Franz Heukampはビジネススクールに20年間携わってきましたが、多くの変化を見てきました。

2002年に助教授としてIESEビジネススクールに参画し、徐々に学校の頂点に近づき、2016年に学長に任命されました。この頃、MBAの状況は大きく変わっていました。オンラインプログラムが隆盛となり、アジアや ヨーロッパの学校は一流のアメリカの学校に立ち向かう時流となりました。

しかし、1つ変わっていないものがあります。MBAを持つリーダーへの要求です。

「このような激動の時代、世界には、不確実性と絶え間なく変化する新しい潮流に直面したときに、様々な知識分野にわたって幅広いつながりを築くためのツールと能力を持ち、知的で責任あるビジネス上の意思決定にそれを適用できるマネージャーが必要です。 」とFranzは強調します。

 

真の多様性はいかなるものか

過去10年間でのIESEの最大の成果の1つは、Financial Times、Economist、及びその他のほぼ全ての上位ランキング母体で、上位20のMBAプログラムとしての地位を固めたことです。

「MBA教育(及びビジネス教育全般)のための我々の独自のアプローチが機能していることの素晴らしい証明です」とFranzは認めます。

しかし、ランキングで順調であることそれ自体が成果ではないことを彼はすぐに付け加えます。際立つような活動を一層良い形で実現していくことが継続的な刺激になります。 IESEにとって、これは欧州と米国のプログラムが提供するもののハイブリッドと言えます。

一方では、欧州のプログラムに特徴的な多様性と国際性を備えており、将来のキャリアで役立つ充実した体験を学生に提供します。これは単なる「チェックボックス」を超えるものであるとFranzは主張します。

「留学生や教職員がいるだけでは十分ではありません。」

「学生の混合を慎重に考慮し(したがって、1つの地域、国籍、またはバックグラウンドが優勢になることはありません)、これを国際ビジネスに関連する教材及び経験と組み合わせます。これにより、学生がグローバルな考え方を育むのを助けます。」

 

ジェネラルマネジメントの再強調

しかし、米国の学校は、IESEでの教授法の前例と構造をまだ提供しています。つまり、ジェネラルマネジメントです。

これは、リーダーが特定の領域に特化したり焦点を当てたりするのではなく、様々な業界、機能、及び能力にまたがる一般的なスキルを持っているべきだという信念です。Franzは、これによって学生が耐久性のあるスキルを身に付けることができると信じています。

「問題は、特定のスキルがすぐに時代遅れになる可能性があることです。」

「ジェネラルマネジメントは、企業やセクターを職業上のキャリアで何度も切り替えなければならないかもしれない明日のリーダーたちがこの新しい状況で成長するのに役立つ必要な移転可能なスキルを身につけるのに役立ちます。」

これは、学校が生徒に最新の関連スキルを提供することに重点を置いていないという意味ではありません。たとえば、人工知能はそのような分野の1つであり、企業のビジネスのやり方を混乱させ、変えるものであり、将来のリーダーが理解する重要な分野です。

Franzは、この分野での理解を促進する学際的な研究センターとして、学校で最近開始されたAIイニシアチブを、それが教室でどのように教えられるものとなるかを開発していく計画に触れる形で指摘しています。

「これは、適切に管理されれば、社会に多大な利益をもたらす可能性があるものです。」

 

責任あるリーダーの育成

Franzが、学校が本当に際立っているものとして信じるのは、企業の社会的責任(CSR)の価値に対する取り組みです。

IESEは2020年にFinancial TimesのCSRランキングで1位となり、環境および社会的責任が学校の精神の重要な部分を形成しています。

「これは、人々の幸福と我々が住む全体的な環境を大切にすることです。我々には1つの惑星と1つの生命しかありません。」とFranzは言います。

学校が責任ある経営に向けた事業活動の最前線にいるとFranzは見ています。 「間違いなく、ますます多くのビジネスパーソンがこれを認識し、これを事業の管理方法に統合してきています。」

その大部分は、人間中心のアプローチにプログラムを集中させることです。給与や役職の高さが成功の尺度であるものではなく、影響力とコミュニティ志向であることは重要です。これは、学校の全てのレベルで実行される信念です。

「それは、少人数のグループでの作業に重点を置くことによるのか、教授陣が採るオープンドアポリシーによるのか、それともMBAによって育まれたコミュニティ意識によるのか。」

「いずれにせよ、学生にとって可能な限り最高の学習体験を提供したいと思っています。それは彼らが職業面だけでなく個人としても責任あるリーダーとして成長するのを助けるものです。」

不確実性、不安定性、危機の時代に世界に関わるビジネス教育を提供し、提供し続けるのはこれらの結果です。

「世界は激動の時代にあります。我々の課題は、学生が適切にそれらを管理する準備ができるように支援することです。特に、我々のミッションと一致する方法でです。すなわち、重要な決定や選択が検討される折に、最初に人間について考えるようにします。」