在校生の活躍:君島梨央さん(MBA Class of 2019)

CLEAR ADMITのReal Humans of the IESE MBA Class of 2019という特集欄(2018年3月公開)にて、MBA Class of 2019の君島梨央さんが紹介されています。主な紹介内容は以下の通りです。

  • グローバルハイテク企業にてアカウントマネージャーとして営業職及びアドミプロフェッショナルとして、リーダーシップチームを身近に感じつつ、東京を拠点に5.5年勤務のち、ロールモデルとして尊敬する当時の上司とメンター(共に女性MBAホルダー)に感化され、MBAを志す。
  • IESE入学の決め手:人(在校生、卒業生、職員、教授)とカルチャー、ビジネス上の決断力を磨く訓練としてのケースメソッド、人種のるつぼとも言える学生の多様性。
  • 卒業後の進路について主な関心は、組織と人の開発(成長)である一方、在学中にインターンシップ等を通じ様々な可能性を模索する中で、長期的な最適解を発見したい。
  • もしもう一度出願をするのであれば繰り返すべきと感じる内容は、友人や同僚と話をする中で自らについての理解をより深めること。自己の再認識は、エッセイとインタビューにおいて大いに役立った。
  • 入学して初めて気づいた大きな点としては、チームワークが学業・個人の生活双方において果たす役割の重要性。

詳細はこちらをご覧ください。

君島さんは、8月5日、東京にて開催のMBA Coffee Chat with Studentsにも、スピーカーとして参加しますので、もしご興味のある方はこちらより詳細を確認の上、ご参加ください。