Social Action Day 2019

ソーシャルアクションクラブの活動について、IESE MBA Class of 2019のEunice Deeptha Mudialbaが寄稿したところ、概要は以下の通りです。詳細はこちらの通りです。

 

私のソーシャルアクションクラブとの出会いは、典型的なMBAの学生が経験することとはほど遠い、非常に面白いものでした。私は、MBAに入る殆どの学生と同じように、学業、プロフェッショナルクラブ、そしてキャリア開発への関心に圧倒されて、自分のコミュニティに何を還元できるかについて盲目でした。

入学数か月後、ソーシャルアクションクラブは、子供たちに栄養価の高い食事を提供するパートナー組織であるMary’s Mealについての認知度を高める活動をしていました。テーブルを管理していた2年生の学生が緊急に電話をもらい、彼女は周りを見回して私とアイコンタクトを取り、「あなたにサポートしてもらう必要があるけれど、あなたが対応できることは知っているわ」と言いました。

続く30分間、私は、彼女のバックアップが到着するのを待っていたのですが、組織の目的を読み、それから私があまり知らなかった理由で資金を集める手助けをし続けました。

それがまさにソーシャルアクションクラブの活動内容でした。同クラブはプラットフォームを提供します。それは、学生自らが信じる理由のために踏み込んで、能力を最大限引き出すことができるプラットフォームです。その瞬間、多忙なMBAの真っ只中に、親切と思慮深さが世界をどのように変えることができるかを一時停止して考えることができる場所を見つけることができて、とても幸運でした。

この後、私はIESEで複数のイベントと活動のために資金を調達しました。そして、毎回、ためらうことなく参画してくれる学生とパートナーの献身と寛大さに圧倒されていました。

重要なイベントは、Social Action Dayです。これは、IESEコミュニティがバルセロナの様々な組織と提携して、時間、努力、及び資金を複数の活動に寄付する1週間の活動の集大成です。活動は次のとおりです。

  • 学生のパートナーが支援する手作り菓子の販売
  • Mary’s Mealと提携したFun Run
  • 地元のNGOとのソーシャルコンサルティングプロジェクト
  • Sonar Despiertoに所属する、恵まれない境遇にある子供たちとのTibidaboへの小旅行
  • Ravalのスープキッチンにおける食事配達のボランティア活動
  • Sant Joan de Deu病院でのボランティア活動

今年は、Mary’s Mealsを通じて100人以上の子供たちを支援し、60人の子供たちをTibidaboに連れて行き、2つの地元のNGOを評価することができました。

この毎年恒例のイベントとは別に、ソーシャルアクションクラブは、年間を通じて、会議中に私たちを宣伝してくれる他のプロフェッショナルクラブ、または寄付がチャリティーに寄付されるハッピーアワーによって支援されています。また、我々の活動の企画を助け一緒にボランティア活動をしてくれるカルチュラルクラブとも協力しています。

結局のところ、ソーシャルアクションクラブはプラットフォームにすぎません。真の推進力は常にIESEコミュニティです。そこでは、私たちが一層レベルアップするには、周囲のあらゆる人を巻き込むことが必要であることを常に思い出させてくれます。

今年の私のお気に入りの思い出は、寄付のためにテーブルに来たある学生のものです。1年間子供を養うためにどれだけの費用がかかると聞いて、彼は「誰がこのようなことのために寄付しないであろうか?」と宣言しました。2分後、彼はテーブルの後ろで私に加わり、私と一緒に募金活動を始めました。

私が考えることができたのは「IESE流のやり方へようこそ」ということだけでした。