教室の枠を超えた学び

 

MBA Class of 2019のBhavishya (BK) Kanjhanが、IESEの教室外での学びについて寄稿しました。原文(英語)はこちらをご覧ください。

 

IESE MBAでは、教室での学習に重点が置かれています。パンフレット、私たちの教授、そしてウェブサイトは、教室で使われる400以上のケースに基づいて構築された、学術的に厳しいプログラムを提供することに焦点を当てて広く説明しています。これは正当な理由によるものです。ケースメソッドはあなたを主人公の立場に置き、様々な部門や複数の業界で問題を解決する方法をあなたに教えます。

IESEでの時間の終わりに近づいていることもあり、私は今私たちが学んだすべての知識を適用することを可能にする、IESEでの教室外での複数の学習機会について振り返ることができます。

 


1. プロジェクトとシミュレーション

IESEでは、自身のパフォーマンスが(友好的な)競争的な方法で同級生のパフォーマンスに対して判断されるダイナミックな環境に自らを置く複数のプロジェクトとシミュレーションに参加することになります。 1つの例は、実社会の大企業が直面している戦略的課題の解決策を設計するためにチームが競い合う、1年目の終わりのCapstoneです。ここで私たちは教室の外や(文字通り)街中に行き、顧客調査を行い、会社の幹部と話をして、マーケティング、競争戦略、ビジネス分析、コミュニケーションなどのクラスで学んだことを適用しました。

もう1つの例でありMBAで私が好きなコースでもあるのは、Executive Simulation(EXSIM)です。このマネジメントシミュレーションでは、4〜5人のクラスメートからなるチームとして、それぞれがCレベルのポジションで製造会社を経営します。長時間、他のチームとの激しい競争、そして実際の取締役会や労働組合の代表との交渉から来る真のプレッシャーは、これを非常にやりがいのある経験にしています。これはシミュレーションであり、したがって現実のものではありませんが、それらの役割のために実社会の経営幹部を引き込むことの真正性は本当の圧力をもたらします。私は、決定が好ましくないものとなり、「これを自分の取締役会に説明するにはどうすればよいのだろうか」と心配することを文字通り夢見たことを覚えています。

 


2.  クラブでのリーダーシップ

我々がリーダーシップのケースについて議論したとき、その解決策は簡単で、痛いほど明白でさえありました。しかし、チーム内の衝突の状況を把握し、人々を「管理」しなければならないということで、そうすることの複雑さを本当に理解することとなりました。

例えば、私はIndia Clubのプレジデントとして、非常に人気のあるDiwali祭や、India Clubの会員のための毎月のミキサーのような新しいイニシアチブをまとめるために、素晴らしいヴァイスプレジデントから構成されるチームと協力しました。当然のことながら、これはいくつかの意見の相違なしには実現しませんでした。複雑になるのは、一連の仲間を「管理」する必要があるためです。ここでは、いつ合意を構築するか、いつ主張するかについて、後者の場合の責任の負担を考慮した上で、学ばなければなりませんでした。いつ委任するのか、いつ動機付けるのか、いつ強く押すのか、そしていつ引き戻してチームを信頼するのかを学びました。そうすることで、私は他人と働くことについて私がしたのと同じくらい私自身についても学びました。

 

 


3. キャリアトレックを主導する

ドバイにて1年目の学生を対象に大成功と言えるMBA採用関連活動をする年を過ごすことができたので、これはおそらく私がIESEの最も充実した課外活動でした。私は1年目に受けた全ての支援に報いるために、コンサルティングクラブで中東担当のヴァイスプレジデントに就任しました。

この役割の一環として、私はコンサルティングに特化した最初のDubai Trekを企画しました。この役割の中で、私は興奮を促し同意を取り、競合する利害関係者を管理する方法(全てのコンサルティングファームは木曜日の時間枠が必要でした)、及び、ホテルと輸送業者との間で交渉技能を実践する方法を学びました。また、正確には主たる学術的技能ではないながらも確実に最も重要な技能の1つである、自らがどのようにあるべきか、ということを学ぶことが、成功のためには重要でした。

その結果、約30人の学生が3日間で7つのコンサルティング会社を訪れたトレックと、最近の卒業生とのネットワーキングカクテルの実現に至りましたし、観光のための時間も得ることができました。

 

 


4. ケースを書く

ケース活用は教室内で最高潮に達するので、この経験は部分的に教室ベースです。しかし、学びはその外側から来ます。 2年目の最初の学期に、私は2人の素晴らしい教授、Gaizka Ormazabal教授とIgor Kadach教授と一緒に、私のファミリービジネスにおけるかつての実務経験で直面した問題に基づいて管理会計のケースを開発しました。

こうすることで、管理会計の特定の概念についての理解を深めることができただけでなく、これまでになかった観点から状況を評価することもできるようになりました。最後に、演習は教室で終わり、70人の生徒全員がこの問題について話し合い、それぞれの観点を与え、謙虚で感謝する気持ちにさせてくれました。

 

これらは、私がIESEの教室の外で学ぶことができたほんの一部の方法です。その他多数のシミュレーション、ケースコンペ、およびその他の実践的な学習経験等の例がIESE MBAにはあります。 私のクラスメートは国際会議を開催し、世界規模でのコンペティションに勝ち、そして中小企業/ NGOと協力して社会的インパクトを与えました。 19か月で、IESE MBAはそれを自身の経験にして、自身が最も価値ある学習を得るための時間を与えてくれます。 難しいのは、あなたが本当にノーと言いたくないいくつかのことにノーと言うだけのことです。