Web Summit 2020

 

Sónia Vaz (Tech ClubのPresident)、Michael Gross (Tech Clubの Vice President)が寄稿しました。原文(英語)はこちらをご覧ください。

 

2020年は全てがうまくいかなかった年のように思えました。 MBA生が学びとネットワーキングの両方の機会を探していた際、我々は少しの慰めとなるような要素を探していました。地球上で最大のテック関連の会議の1つを活用するよりも、状況を好転させるための良い方法はなかったように思います。

2019年、IESEの学生は、リスボンへの初めてのキャリアとネットワーキングの「トレック」を企画し、その中で、Web Summitに参加し、複数の地元企業を訪問しました。この素晴らしいイベントをもう一度利用したかったのです。

しかし、2020年には、いくつかの例外的な課題に直面する必要がありました。最も明白な課題は、もちろん新型コロナウィルスでした。 Web Summitほどの規模の会議に対面で参加することは不可能であることはわかっていました。 2019年、IESEは会議のスポンサーだったので、少数の無料チケットを取得できました。この規模の会議はかなり高額なチケットとなる可能性があり、安定した収入のない大学院生にとっては重大なハードルでした。それに加えて、会議の日付が11月から12月に変更されました。通常、Web Summitは、授業のない毎年恒例のトレック期間に通常発生しますが、この日付の変更により、学生は会議に参加するために通常の授業の日程を調整する必要がありました。

IESEの学生がいつもそうであるように、我々はこれらの課題に直面して、それらを克服することに決めました。昨年のWeb Summitの素晴らしさを知っていたので、それに匹敵するだけでなく、このような影響力のあるイベントでIESEの存在感を高めたいと考えました。

 


再度、実現

IESEの学生28人がWeb Summitに参加したことを非常に嬉しく思います。 Women in Business ClubとTech Club、及び、キャリアディベロップメントセンターから多大な支援を受けました。これらのクラブはテクノロジーに関心のある女性のために10枚のチケットを完全に後援し、キャリアディベロップメントセンターは更に15枚のチケットのチケット料金を部分的に助成しました。プロモーションの最中に、更に3人を説得して合計参加人数が28人となりました。 2019年には10人の学生が参加していましたので、参加者の180%の増加となりました。

 


印象的なイベント

160か国以上から104,000人以上の参加者、1日あたり1,100人以上の講演者、2,000人以上のスタートアップ、1,000人以上の投資家…これらの数字だけでも、このイベントの規模を説明しています。講演者は、Deepak Chopra、Ursula von der Leyen(欧州委員会委員長)、Gwyneth Paltrow(Goop)、Ryan Gellert (Patagonia CEO)、Malala Yousafzai,、Jane Goodall、その他数え切れ​​ないほどの人々に及びました。 Web Summitは、Samsungの戦略責任者がMobileyeのCEOにインタビューし、話を別のレベルに引き上げるのを見ることができる場所です。

「これほど多くの講演者や講演だとは思っていませんでした。全ての選択肢が与えられたため、最適な講演者を選ぶことができないほどでした。」 (Marga Salazar、MBA Class of 2022)

更に印象的だったのは、オンライン仕様でWeb Summitがいかに成功したかということでした。専門家レベルの講演やパネルを常にストリーミングしている5つの「ステージ」があり、追加の相互性の強い円卓会議やQ&Aセッションもありました。もちろん、講演者に直接会うことと同じではありませんが、完全にオンラインで行われた会議であることを踏まえると、Web Summitチームは彼らの成果を誇りに思うべきだと思います。

 

 

この会議は、IESEの学習体験を補完する重要なものです。 世界中の素晴らしいスピーカーの話に耳を傾け、彼らとつながる機会があるだけでなく、予期せぬ要素にも直面します。 この例としては、Deepak Chopraの人工知能バージョンによるガイド付き瞑想と、後に「人工知能で人間の可能性を解き放つ」ことに関わるパネルディスカッションでした。 このパネルで、Deepak ChopraとLars Buttler(AI Foundationの共同創設者兼CEO)は、「誰もがすぐに自分の人工知能担当を迎えることができる」と、そして、それが10年未満の期間についてであることを強調しました。

 

 

Chris Coraggio(MBA Class of 2021)は、「MicrosoftのAzureを使用して独自の人工知能プログラムを立ち上げる」ことに関するパネルで、「ビジネスで人工知能を使用することを考える手法が説明され、非常に実用的でしたし、いくつかの興味深い実例が紹介されました」と述べました。

「新しいテクノロジーに驚かされました。困難な時期を経験しているにもかかわらず、人類の困難な問題を解決する機会がたくさんあることに気づきました」(Tanya de Andres、MBA Class of 2021)

Web Summitでは、通常はIESEのキャンパスに来ない企業(Huawei、TikTok、HubSpot、Spotify、Zipline、Impossible Foods、Frog Design、Paypal、Waze等)とつながり、一層よく知っている会社(Samsung、Google、Amazon、LinkedIn、Microsoft)について知識を深めることもできます。

全体として、この会議のおかげで、既に堅牢なIESEネットワークは更に強力な力を得て、周りの様々なテクノロジーと、それらを一層の便益のためにどのように使用できるかをより認識することができます。

Web Summitは、「持続可能性とテクノロジーを組み合わせる方法についての洞察を与えてくれました。これまでこのように考えたことはありませんでした。しかし、それは私がやりたいことに非常に関連しています。それは、人々を犠牲にするのではなく、テクノロジーが人々のために使用される持続可能な未来の構築に貢献することです。(Patricia Royo、MBA Class of  2022)

 


楽しみ

Web Summitは、専門家の話を聞くだけでなく、他の人とつながる場でもあります。

オンライン会議のハイライトの1つは、「Mingle」でした。これは、1対1のネットワーキングセッションで、会議の別の参加者とアルゴリズムを使用してマッチングする機能です。各セッションは3分に制限されていたため、自動的に次の参加者とマッチングされます。これは非常に興奮する機能であり、いくつかの非常に興味深い会話につながりました。学生の1人であるMichael Grossは、Web SummitのCEOであるPaddy Cosgraveとマッチングし、MichaelがPaddyに仕事を提供しようとして終了した素敵な会話をしました。彼はまだその申し出を断っていません。

「Mingle機能は素晴らしかったです。世界中の人々と素晴らしいつながりを築く機会を得ました。」 (Mitali Gadekar、MBA Class of 2022)

 

 

会議が対面で行われていた時は、毎晩飲み物と一般的なネットワーキングのための集会がありました。 明らかに今年は違っていたので、バルセロナ版の「ナイトサミット」を作るのは楽しいだろうと思いました。グループで地元のバーに集まり、飲み物を数杯飲み、我々の考えについて話しました。  1、2杯飲んだ後、会話は会議自体から離れて、希望と夢に向かいました。これにより、真のMBAらしいやり方で、お互いに深いつながりを築くことができました。

 


結論

Web Summitに大きな期待を寄せていましたが、オンライン形式でどのように配信されるかについても確信が持てませんでした。 素晴らしい時間を過ごしただけでなく、今年参加した殆どの人がまた参加すると言ってくれたので、来年もまた実施する必要があるという安心感がありました。

2019年は「やるまで無理だった」、今回2020年は「また実現した」でした。 今後は、状況が改善されることを期待したいものです。何があっても、Webサミットはテクノロジー分野のキャリアを探しているIESE MBAの学生にとっての礎石であり続けるでしょう。