Tech Spirit Barcelona

原文(英語)はこちらをご覧ください。

 

企業はどのように革新でき、スタートアップはどのように成長できるでしょうか。

この質問は、起業家精神とイノベーションを中心としたバルセロナ市内の一連のイベントであるTech Spirit Barcelonaの一環として2月25日(火)に開催されたパネルディスカッションの中心に据えられたものでした。

世界最大のテクノロジーおよび通信会議の1つであるMobile World Congress(MWC)がコロナウィルスの蔓延への危惧ゆえに今月初めにキャンセルされたことは、バルセロナに予想外の打撃を与えました。 MWCと並んで、バルセロナは4YFN会議も開催してきました。これは特にスタートアップに焦点を当てているものです。

しかし、これらのキャンセルが発生した後、起業家のコミュニティは1週間のTech Spirit Barcelonaを創設するために集まりました。 IESEは、1週間を通じてパネルとネットワーキングイベントで、この取り組みをサポートしてきました。

それらの1つは、火曜日の企業のベンチャー化、または企業がスタートアップと関わる方法を議論するパネルで、IESEのEntrepreneurship and Innovation CenterのExecutive DirectorであるJosemaria Siotaが司会を務めました。彼らは、起業家精神と革新、そして利用可能な資金調達メカニズムを妨げている要因が何であるかについて議論しました。

Dammのデジタル変革の責任者であるLaura Gil氏にとって、各企業はイノベーションへの独自の道を設定する必要があります。 「企業は独自のイノベーションエコシステムを生成する必要があります。利害関係者(彼らも提供者である可能性があります)は、多くの貢献をすることができ、この関係を促進する必要があります。」

 

資金調達方法の長所と短所

スピーカーは、スタートアップに開かれた2つの資金調達手段、つまり企業投資とファンドを吟味しました。これらの投資ツールには相反する戦略があり、それに伴い、賛否両論があります。

ファンドによる投資はより戦術的かもしれない、とパネリストは同意しました。ただし、企業投資とは、企業がスタートアップに直接関与することを意味します。つまり、仲介者が少なくなり、より密接な連絡が取れるようになります。

「企業投資の大きな利点の1つは、業界に直接アクセスできることです。」と、Banco Sabadellの新しいデジタルベンチャー向けのハブであるInnoCellsのPaula Blazquez氏は述べています。 「私たちの場合、銀行として、フィンテックへの直接的なアクセスを提供しています。」

現在、企業投資への傾向が強くなっています。 Blazquez氏は、InnoCellsが今年利用可能な資金を昨年に比べて3倍にしたと報告しました。

最終的には、Telefónica VenturesのPablo Moro氏が指摘するように、スタートアップがいる特定の段階に最適な道が開ける可能性があります。Telefónica Venturesは、Telefónicaのグローバル戦略に沿った戦略的協力関係を構築するため、新興企業に直接投資するか、主要市場の大手ファンドのネットワークを通じて投資しています。

彼は次のように述べています。「初期段階で、民間資金が扉を開きます。成熟した段階で、堅実な製品を提供している場合、企業投資が最善の方法かもしれません。」

時々、企業投資家が総じて批判されるのは、動きが遅いということです。しかし、全てを同じように考えないでください、とMoro氏は警告しました。 「様々な企業がいます。ブランドの幅を一層広げるものもあれば、地理的独占性に優れている、または特定の市場を開拓するものもあります。」

企業は依然としてエンドユーザへ歩み寄る段階数を減らす方法を改良して一層効果的に進めるための過程に取り組む必要がある、と彼は言いました。

Global OmniumのオープンイノベーションハブであるGoHubのPatricia Pastorは、次のように付け加えています。「企業は遅いかもしれませんが、技術的なプロセスは本質的に遅いです。国際的な影響、支払能力、後援企業が提供するものとの間で均衡があります。」

 

ディープテックの魅力

遅い技術プロセスは、特にディープテクノロジーに固有のものです。パネリストは、高度に専門化された技術によって定義されるこのジャンルのスタートアップについて長々と話しました。世界中でディープテクノロジーファンドがブームになっていますが、ヨーロッパではその発見をマーケティングすることに苦労してきました。

これは、商業的な成功と長期にわたる研究開発を達成するために多額の投資を必要とすることが部分的な理由です。

しかし、Pastor氏はこれらは全て初期のトラブルと認識しており、同社はディープテックスタートアップがウォーターテック、インダストリー4.0、スマートシティのゲームチェンジャーになるのを支援しています。 「ディープテクノロジーはテクノロジーと市場を変革します。」と彼女は言いました。

 

IESEの主な同窓生としては、eCooltraのTimo Buetefisch(MBA ’04)、HolaluzのCarlota Pi(EMBA ’09)、PrivaliaのLucasCarné(MBA ’99)、NeuroelectricsのAna Maiques(AMP)等が、本イベントに参加しました。