Doing Good Doing Well 2020

 

原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

気候の緊急事態と世界的な不平等によって変化への呼びかけが新たに促されているため、企業と個人はビジネスを行うための新しい方法を見つけなければなりません。

これは、バルセロナキャンパスで今週開催された、MBAの学生(Responsible Business Club)が主催するIESEの第17回Doing Good Doing Wellの結論の1つでした。このイベントでは、B Lab Spain、World Economic Forum、Financial Timesにより基調講演が行われ、パネルディスカッションではプラスチック廃棄物の削減から循環経済の発展、新しい輸送ソリューションの発見まで議論されました。また、インパクト投資と持続可能なファイナンスに関するセッションも数多くありました。

全体を通して、スピーカーはビジネスとお金に対する態度の変化について意見を述べ、気候変動と現在の経済モデルの失敗が行動の新たな緊急性を生み出したことを強調しました。

World Economic ForumのExecutive CommitteeのメンバーであるSilvio Dulinskyは、基調講演で「傷ついた社会を癒すために、近年中に経済システムを構築しなければなりません。」と述べました。

 

再定義された富

Financial TimesのBilly Naumanは、環境、社会、及びガバナンス(ESG)の問題に焦点を当て、かつての技術がビジネスの世界にあったものと比較しました。 「80年代と90年代には、技術は一種の孤立状態にありました。今では技術が全てです。そして、持続可能性はそこに向かっています。気候と持続可能性について話すことなく、ビジネスについて話すことはできません。」

伝統的なビジネス観が富を道徳とは無関係のものとして受け入れた地点から、時代は変化してきています。Naumanは、株主の優位性に対する姿勢を放棄するという米国ビジネス円卓会議の決定を参照しました。 「彼らは株主の信念を捨てています。それは単なる利益以上のものです。企業は、利害関係者、つまり環境、社会などについて考える必要があります。富と投資の伝統的な見方は、今日のビジネスの世界ではもはや機能しません。」

Voxel Groupの会長であり、Conscious Capitalism FoundationのマネージングディレクターであるXavi Ginestaは、ビジネスに対する必要性はますます重要になっているが最終目的ではないとして、富に対する態度の変化についてもコメントしています。 「本質的にコンシャスキャピタリズムは、ビジネスに意識を注入することに関係しています。」と彼は言いました。 「その方法は、目的を注入することです。ビジネスをより高い目的を持つものと考えると、突然全てが変化します。」

「この新しいコンパスは目的です」と、B Lab Spain Foundationの社長であるRaimon Puigjaner氏は同意しました。 「目的は利益を超えて私たちを押し進めています。」

 

善いことをすることへの圧力

Bamboo Capital PartnersのファンドマネージャーであるEnrique Alvaradoは、このビジネスの考え方の変化において人口統計が果たした役割を強調しました。 「ミレニアル世代の考え方は異なります。彼らは人生を異なる見方で見ています。団塊の世代は富を作り、成長することに焦点を合わせていました。ミレニアル世代は、彼らが今どのように生きているのかにも目線を向けています。そして、これは人々の投資方法を変えています。富への投資から善への投資へと向かっています。」

18歳から34歳までの全消費者の約50%が、環境に対して責任を果たしていない会社であることに気づいた後、その会社の食品または飲料製品の購入を積極的にやめたと述べたチャートを引用して、Naumanは人口統計の変化の影響を拡大しました。「企業は目を覚ます必要があります。 ESGから利益を分離することはできなくなりました。利益を増やしたいなら、それは明示的に環境への責任に依存しています。」

消費者からの間接的な圧力に加えて、抗議者は現在、資産運用会社と投資ファンドにも責任を負わせています。 「例えば、パイプラインを運営する企業を追いかけているだけではありません。彼らはパイプラインの資金を調達した企業を追いかけています。」とNaumanは断言した。 ESGには機会がありますが、同時にこのような追加の圧力もあります。

Greenward Partnersの共同設立者であり、マネージングパートナーであるFernando de Rodaは、投資家がこの変化を推進する主要な力であるという意見でした。企業はそれぞれの役割を果たしており、その一部が主導権を握っています。例えば、Amazonは2040年までにカーボンニュートラルになることを約束しました。「これほど大きな会社ができるなら、他の会社がなぜできないのでしょうか。投資家は会社の目標と、これらのことを達成するために毎年どのような具体的な行動が取られているかを知りたいと思っています。」

 

個々の行動の重要性

しかし、資産運用会社と投資ファンドの世界を超えて、「Doing Good Doing Well」を実行するためにできることはあるのでしょうか。SI Capitalの共同設立者およびマネージングパートナーであるSebastian Waldburgは、個人が銀行のマネージャーまたは年金マネージャーにメッセージを送信することを奨励しました。 「彼らに言ってください、『これはあなたが投資すべきものです』、と。 個々の発言をするのは私たち全員です。 たとえわずかな富しかなくとも、そのメッセージを彼らに伝えることは重要です。」

Alvaradoは、投資に関して影響を与えることは、お金を払うことを意味するだけではないことに同意しました。 「私たち全員が投資のリスクを取る必要があります、貯蓄が不十分であってもです。投資は単なる豊かさではありません。 時間、つながり、エネルギーといった側面も重要です。」

IESEのMBA生として以前Responsible Business Clubを共同設立したRandall Krantzは、仕事関連の活動は株主、従業員、職業によって多様なレベルで行われる可能性があると述べました。 それを超えて、各個人は、自分の生き方の中で選択をし、変化の可能性について楽観的でありながら、行動を起こすことができます。

「時間のゆとりがある時だけでなく、活動家になりましょう。 職場やそれ以外の場所で、積極的に活動家になって、これをあなたが本当に本当に深く信じているものとして受け止めてください」と彼は言いました。